トラックを省エネ運転するコツとは?

トラックを運転している運転手の方は、省エネ運転をしたいと考えている方も多いと思います。省エネ運転をすることで、燃費などを浮かすことが出来て、ガソリン代などを節約することに繋がります。

また、単に燃料費の節約だけでなく地球環境にもやさしいので省エネ運転を心掛けてみませんか?

省エネ運転にはいくつかのコツがありますので、ご紹介していきます。

10秒以上はアイドリングストップ!1時間で10%もの燃料を節約!

まずは、アイドリングストップを心がけることが必要となります。最近では、アイドリングストップが義務づけられているということもありますが、10秒以上アイドリングストップをすることで、燃費をかなり節約することが出来ます。

たとえば、1時間アイドリングをすることで、燃料の約10%を使ってしまうことになります。普段からアイドリングを心がけるようにしましょう。

発進時の加速はゆっくり!アクセルの踏み方で燃費は変わる!

発進や加速などはゆっくりと行うことを心がけるようにしましょう。大型のトラックの場合には8割程度、中型なら5割ぐらいで考えて見ると良いでしょう。

アクセルの踏み加減などを気持ち緩めにするというだけでもかなり省エネ運転をすることに繋がります。急発進をしているという方は一度見直してみることが必要です。

走行中はなるべく一定の速度で走行することも重要!

トラックを運転するときは、一定の速度で走るということが省エネ運転のコツとなります。アクセルを踏んだり、戻したりするといったような波状運転はとても危険となります。燃料が悪化してしまう原因となりますので、注意をするようにしましょう。

また、スピードを抑えるということもとても大切となります。スピードをアップするとそれだけ燃費も悪化してしまいます。同時に危険となってしまいますので、注意をするようにしましょう。

さらに、トラックを運転するときには、休憩施設などを頻繁に利用をして、運行計画を立てるということが省エネをするためのコツとなります。休憩を随時取るようにすることによって、省エネになります。

省エネ運転を学びたい方は省エネ運転研修 年間20万円もの節約も夢じゃない!

トラックを省エネ運転するために、そういった運転方法を知りたいという方もいらっしゃると思います。その場合には、「省エネ運転研修」というものがあります。

こちらの研修では、このようにトラックを運転するためのコツなどを実際に研修で学ぶことが出来るようになっています。

実際に市内などを省エネ運転で運転をしてみたり、さらには説明を受けてみたり、といった流れになります。大体は1~2日間かけて行われることになります。

こちらの省エネ運転を実践することによって、車種にもよりますが、約20万円近くの節約が年間でも期待できると言われているのです。