世界のトラック事情

日本で走っている「トラック」ですが、世界のトラック事情は日本とはまた大きく異なっています。世界各国のトラック事情はどのようなものになっているのでしょうか。

東南アジアのトラック事情

まず、東南アジアなどの新興国などは、現在においては、経済的に発展し始めています。このため、非常に日本のトラックのニーズが高くなっています。

新車などはもちろんですが、中古車などのトラックでも大変需要が高くなっていますので、日本のトラックは買取などでこちらの諸国へと輸出されることが多くなっています。

たとえば、日本では走ることが難しい、低年式のものだったり、走行距離が多いボロボロのトラックでも高い金額で販売することが出来る事が多くなっています。

アジアなどの場合、日本と比較しても、道路などの設備が未発達となっているため、日本の小型のトラック、中型のトラックはニーズが高くなっています。

アメリカのトラック事情

また、アジア諸国などの発展途上国ではこのように、日本の小型や中型トラックの需要がとても多いですが、アメリカなどの国においては、またトラック事情が日本とは大きく異なっています。

アメリカには、アメリカならではの規制がありますので、日本のトラックよりも遥かに大きかったり、長かったりしています。

アメリカの道路を走る際の寸法制限ですが、実は日本の寸法制限よりも遥かに甘くなっています。このため、それだけ遥かに大きいサイズのトラックが走ることが出来ているのです。

幅や高さなどはそれほど制限が変わりませんが、アメリカのトラックの方が長さなどは大きいのが特徴となっています。

アメリカと日本のトラックの違いとして、その形に違いがあります。日本にはこのように長さなどにも制限がありますので、平たい形の「キャブオーバー型」と呼ばれる形のトラックが多くなります。

それに対し、アメリカのトラックは、前にボンネットが突き出している形となっている、ボンネット型が大きくなっています。

また、アメリカは国土が大きいので、中で運転手が眠れるような形になっていて、キャンピングカーのように設備が整っているトラックがとても多くなっています。これが「スリーパーキャブ」といいます。

日本や欧州などでは圧倒的にキャブオーバー型が主流となっていますが、アメリカでは未だにこういったボンネット型が多く走っています。国土が広大で道路がとても広くなっているアメリカでは、規制が緩いということでもこういった形が好まれています。