大阪でトラック・重機・バスなどの商業車両の買取を検討中の方に知っておいてほしいことは、トラックなどの商業車両は買取相場が曖昧で買取する業者ごとに買取価格に大きく差が出るということです。

大阪でトラック・重機・バスを高く売るには、複数のトラック買取業者に査定依頼することが非常におすすめで買取業者同士で競合させて買取価格を限界まで上げることができます。

大阪の方におすすめ!厳選4社 優良トラック買取業者!

大阪市都島区、大阪市福島区、大阪市此花区、大阪市西区、大阪市港区、大阪市大正区、大阪市天王寺区、大阪市浪速区、大阪市西淀川区、大阪市東淀川区、大阪市東成区、大阪市生野区、大阪市旭区、大阪市城東区、大阪市阿倍野区、大阪市住吉区、大阪市東住吉区、大阪市西成区、大阪市淀川区、大阪市鶴見区、大阪市住之江区、大阪市平野区、大阪市北区、大阪市中央区、堺市、岸和田市、豊中市、池田市、吹田市、泉大津市、高槻市、貝塚市、守口市、枚方市、茨木市、八尾市、泉佐野市、富田林市、寝屋川市、河内長野市、松原市、大東市、和泉市、箕面市、柏原市、羽曳野市、門真市、摂津市、高石市、藤井寺市、東大阪市、泉南市、四條畷市、交野市、大阪狭山市、阪南市、三島郡、豊能郡、泉北郡、泉南郡、南河内郡

このページでは、大阪府内の上記地域で利用できトラック・重機・バスの高価買取が期待できる優良なトラック買取業者・重機買取業者・バス買取業者をそれぞれ4社ご紹介します。トラックや重機などの商用車を「少しでも高値で売却したい!」という方は、これからご紹介する買取業者で無料査定をしてみましょう。

急いでトラックを現金化したい方は、一番高い査定額を提示してくれた買取業者に売却してください。4社とも現金支払いに対応してくれますのでご安心ください。

急いでトラックを現金化するには売却するトラック・必要な書類・印鑑が必要ですので、事前に準備しておくことをお勧めします。参考記事→トラック売却時に必要な書類

大阪の地元トラック買取業者

大阪にある地元トラック買取業者の一覧をご紹介します。

トラックファイブ関西支店
住所 〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通 3-2-5 IN東洋ビル403
電話番号 0120-395-216
 トラックファイブ関西支店は大阪のお隣の兵庫県に営業所のあるトラック買取業者です。年間1万台を超える買取実績を誇る同社は他社圧倒の高価買取で人気のトラック買取業者です。大阪で中古トラックの買取を検討中の方はトラックファイブがおすすめです。
⇒詳しくはコチラ
株式会社トラックトレード
住所 〒595-0804 大阪府泉北郡忠岡町馬瀬2丁目10-3
電話番号 0725-32-6897
 株式会社トラックトレードは大阪府泉北郡で中古トラック・中古建設機械の販売・買取・輸出を行っています。
株式会社 トラックコム
住所 〒572-0824 大阪府寝屋川市萱島東3-1-13
電話番号 072-819-4509
 株式会社 トラックコムは大阪府寝屋川市で新車・中古トラックの販売・買取、自動車部品の販売を行っています。
株式会社 関西トラックス
住所 〒550-0012大阪市西区立売堀1丁目4番12号 リーガル立売堀ビル5階
電話番号 0120‐391‐619
 株式会社 関西トラックスは、大阪市西区で中古トラック・中古建設機械・中古重機・中古バスの買取・販売を行っています。
株式会社鳥居商店
住所 〒555-0041 大阪市西淀川区中島2丁目12-21
電話番号 06-6473-4092
 株式会社鳥居商店は大阪市西淀川区で中古トラック・中古建設機械の買取・販売、中古トラックパーツ販売、トラックの解体などを行っています。
光陽商事株式会社
住所  〒531-0064 大阪市北区国分寺1丁目4番11号
電話番号  0120-86-5139
 光陽商事株式会社は大阪市北区で中古トラック・特殊車両・中古タイヤの買取・販売・輸出を行っています。
株式会社 近畿自販
住所 〒593-8312 大阪府堺市西区草部440番地
電話番号 072‐273-1881
 株式会社 近畿自販は大阪府堺市西区でトラックの新車販売・中古車販売、中古トラック買取、トラックの架装・修理・板金塗装・整備などを行っています。
株式会社 有藤商店
住所 〒559-0025 大阪市住之江区平林南1丁目3番71号
電話番号 06-6681-4422
 株式会社 有藤商店は大阪市住之江区で中古トラックの買取・販売を行っています。
有限会社 山水商会 
住所 〒554-0052 大阪府大阪市此花区常吉2-9-31 (常吉営業所)
電話番号 06-6464-8830 (常吉営業所)
住所 〒555-0041 大阪府大阪市西淀川区中島2丁目12-96 (中島営業所)
電話番号 06-6471-3129 (中島営業所)
 有限会社 山水商会は大阪府大阪市で新車トラック・中古トラックの販売、中古トラックの買取、トラックリサイクルパーツの販売、一般整備・板金塗装などを行っています。
株式会社 トラックの丸義
住所 大阪市西区西本町1丁目8-19 ヤマノ本町ビル 6F
電話番号 06-4390-4500
 株式会社 トラックの丸義は大阪市西区で中古トラック・中古建設機械・中古バスなどの商用車の買取を行っています。
株式会社 伊藤商店
住所 〒555-0041大阪府大阪市西淀川区中島2丁目12-21
電話番号 06-6475-2588
 株式会社 伊藤商店は大阪市西淀川区で中古トラック(小型・中型・大型)の販売・買取、トラックの中古エンジンなどのリサイクルパーツ販売を行っている会社です。
株式会社アース 
住所 〒596-0012大阪府岸和田市新港町19-9
電話番号 072-430-1000
 株式会社アースは大阪府岸和田市で中古トラックの販売・買取・レンタルなどを行っています。即日現金買取りにも対応してくれます。
越村商店
住所 〒550-0021 大阪市西区川口4丁目33先
電話番号 06-6581-3637
越村商店は大阪市西区で中古トラックの販売・買取・輸出を行っています。中古トラックの買取に関してはトラックの状態が不動・故障・車検切れであっても買取対応してくれます。
CROSSOVER JAPAN株式会社 
住所 〒540-0023 大阪市中央区北新町2-8 TDビル6F
電話番号 06-6948-5200
 CROSSOVER JAPAN株式会社は大阪市中央区で中古車・中古トラック・中古重機・中古バスの販売・買取を行っています。
株式会社大隅自動車商会 
住所 〒555-0041 大阪府大阪市西淀川区中島2丁目12-3
電話番号 06-6473-4139
 株式会社大隅自動車商会は大阪府大阪市で中古トラック・中古トラックパーツの販売・買取を行っています。
有限会社トラックアズマ
住所 大阪府八尾市東町5丁目12-4
電話番号 072-923-8955
 有限会社トラックアズマは大阪府八尾市で新車トラック・中古トラックの販売・買取・レンタルなどを行っています。
株式会社 大阪ティーオーコーポレーション
住所 〒572-0072 大阪府寝屋川市太間東町4-6号
電話番号 072-826-5244(代表)
 株式会社 大阪ティーオーコーポレーションは大阪府寝屋川市で運搬機械・土木建設機械・トラックの買取・レンタルを行っています。
株式会社コフジワークス
住所 〒573-0136 大阪府枚方市春日西町3-45-1
電話番号 072-859-4737
株式会社コフジワークスは大阪府枚方市で中古トラック・中古建設機械・中古バスの買取を行っています。海外独自ルートに再販を行ているので低年式・過走行車でも買取り可能、また即日現金買取りにも対応してくれます。
(有)桜めいほう 
住所 〒571-0003 大阪府門真市四宮4丁目5番32号
電話番号 0120-390-559
 (有)桜めいほうは大阪府門真市で中古トラックの買取、中古トラックパーツの販売を行っています。中古トラックの買取に関しては状態の悪い事故車・不動車も買取してくれます。
アクト 株式会社
住所 〒567-0864 大阪府茨木市沢良宜浜2-8-10
電話番号 072-634-6030
 アクト 株式会社は大阪府茨木市で中古トラックの買取・販売、自動車中古部品のネット販売などを行っている会社です。

 

大阪の主な産業と有名観光スポット

道頓堀の画像京の着倒れ、大坂の食い倒れ」といわれるように、食文化の発展している街として、大坂はつとに有名です。古くは天下の台所とも呼ばれていた土地柄ですが、産業と観光の2つの視点から、現在の大阪府の様子を探ってみましょう。
元来、大阪府は、和泉、堺を中心とした地域と、隣県にあたる神戸を中心とした兵庫県の臨海工業地域とを合わせて、阪神工業地帯と称する、京浜工業地帯や中京工業地帯と並んで、日本三大工業地帯を創り上げる役割の一端を担っています。かつては、北九州を含めて、日本四大工業地帯と呼んでいた、いわゆる太平洋ベルト地帯を形成する一員でもあるわけです。現在も、大阪、堺を中心に、重化学工業がさかんであり、南側に隣接する工業地帯あたりでは、繊維工業が盛んです。また、淀川流域には、電気機器や医薬品に関する産業が発展を続けています。家庭電気器具の最大手であるパナソニックをはじめとして、シャープやダイキン工業などの大手が、本社を構え、さらには京セラやオンキョー、ヤンマー、クボタといった一流企業も大阪を拠点として、経営規模を拡大しています。近年は、堺、和泉地域を中心とした、堺・泉北臨海工業地帯の他に、テクノステージ和泉という新たな分野での工業地帯が伸びてきているなど、工業の分野も発展の一途をたどっています。
しかし、船場という地名に代表されるように、大坂といえば、あきんど、商人の街としての存在が、深く感じられる都市でもあります。俗に大阪弁といわれる特徴のある言い回しも、もともとは河内弁や泉州弁を基盤としていたものですが、江戸から戦前にかけて、船場地区で使われていた船場言葉という言い回しが、模範となる標準的な大阪弁として推奨され、現在の大阪弁の形を創り上げてきたともいわれています。そのリズミカルな大阪弁を駆使して品物を取り引きする、小売業や小売りに品物を卸していく卸売業こそが、大阪の産業の中心であり、大阪府の産業の特徴でもあります。日本の商社としては、代名詞的存在である伊藤忠商事が、本社を構えていることからも分かるように、大阪府の産業従事者の実に60%を越える人々が、小売業や卸売業に関わっています。全国的に見ても、東京に次ぐ第2位の売上高を誇っています。「もうかりまっかあ」「ぼちぼちでんなあ」が、日常のあいさつ言葉という大阪の街の雰囲気からして、販売に関わる産業が盛んだという現状も納得できる事実だと思います。
そんな大阪の観光スポットと言えば、いろんなジャンルに渡って、いろいろとありますので、見る・遊ぶ・食べるなどの視点から見ていきましょう。
大阪に行って、まず目に入るのが、大阪城です。1931年に、鉄筋コンクリートで復元されたもので、1995年から1997年にかけて大改修を行うなど、大阪府のシンボル的な存在でもあります。実際には、音楽会の会場となる大阪城ホールや大企業のビルが並ぶ大阪ビジネスパークができるなど、城跡を中心に、大阪城公園として、マラソンのコースとして使用するなど、多目的に利用されています。
しかし、大阪の見る観光スポットと言えば、まずは、なんばグランド花月でしょう。この劇場では、こてこての大阪弁、気質、人情、文化など、真の大阪を、笑いと共に体感できます。大阪人ののりのよさや独特の価値観、人間観といったものに触れられる場所です。
同じ見るでも、自然の不思議や雄大さを感じるなら、ジンベエザメがゆったりと泳ぐ、文字通りの「海遊館」がお勧めです。海に生きる生物の生態が、よく見えるように展示方法が工夫され、見ていて飽きません。違う視点では、梅田スカイビルからの眺めや空中庭園の眺めは、一見の価値ありです。また、高さでは、あべのハルカス近鉄本店も見逃せません。
でも、昨今は、大阪といえばユニバーサル・スタジオ・ジャパンでしょう。全国から修学旅行の目的地としても設定され、中学生や高校生を中心に、連日、修学旅行生で賑わっています。スクリーンで見た世界に、自分が入っていけるアトラクションは、他に類を見ない当テーマパークの売りです。同じ遊園地では、ひらかたパークが変わらず昔からの支持を受けています。
しかし、何と言っても、大阪らしさや大阪独自の文化、大阪人の人情や気質に触れるなら、道頓堀や新世界に足を運ぶことです。新世界は、大阪というとよく見る風景です。通天閣が奥に見え、ジャンジャン横町に、巨大なふぐ提灯が下がった、ごちゃごちゃと食べ物のお店が並ぶ、昼と夜とでは、全く違う顔を見せてくれる通りです。新梅田食堂街や鶴橋のコリアタウン、焼き肉など、二度づけ禁止の串揚げに代表される、お好み焼きの粉文化をも持ち合わせる大阪の食文化にも触れたいものです。

今後も役立つサイト作成を心掛け頑張っていきます。
↓応援クリックをお願いします↓

中古車・買取 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村