自動車排出ガス規制について

排ガス規制は、自動車排ガス規制、自動車排気ガス規制と呼ばれることもありますが、正式な法律用語では「自動車排出ガス規制」のことです。

自動車のエンジンから排出される一酸化炭素、窒素酸化物、炭化水素類、黒煙など、大気汚染につながる物質の排出量の上限を定めた規制です。

日本だけではなく、アメリカやEUなど世界各国が独自の排ガス規制を行っています。
排ガス規制の方法は、大きく3種類に分かれます。

単体規制

まず、基準を満たしていない車の新車登録をさせないという「単体規制」です。新車登録の際に規制されるため、既に登録済みの中古車や使用中の車は適用外となりますが、基準を満たさない車両は製造・輸入・販売ができなくなります。

つまり、排ガス規制の基準が変わると、生産できなくなる車が出てきたり、新車の企画を変更しなければならなくなるので、自動車産業に大きな影響を与える規制でもあるのです。

車種規制

次に、基準を満たしていない車の新規登録・移転登録・継続登録をさせないという「車種規制」です。中古車や使用中の車も対象となるため、単体規制よりも厳しく、基準を満たした新車への移行が促されることになります。

運行規制

三つ目が、沿道の大気汚染を防止する目的で、排ガス性能が低い車の運行を規制する「運行規制」です。

首都圏など各地方自治体が定めているディーゼル車規制条例や、尾瀬・乗鞍岳・上高地などで自然保護のために行われるマイカー規制は運行規制にあたります。

日本の排ガス規制の概要

日本での排ガス規制は、1970年代からスタートしましたが、大気汚染防止や環境保護の意識が高まるにつれ、排ガス量の基準も何度か改正されてきました。2016年10月から新しい基準が適用され、国際基準を意識した規制となっています。

適用対象となっているディーゼル重量車は、「軽油を燃料とする車両総重量が3.5トンを超える普通自動車および小型自動車(乗車定員が10人以下のものは対象外)」です。

また、小型バイク・原動機付自転車等(二輪車)も対象となっています。

ディーゼル車規制条例を実施している自治体は、首都圏(埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県)、大阪府・兵庫県・愛知県などの大都市圏ですが、富山県でも立山においてバスの排出ガスの規制を定めています。

特定の地域に適用される「マイカー規制」は車種に関係なく、全ての車両が対象となります。

マイカー規制を行っている地域は、北海道の知床、栃木県の奥日光、長野県の上高地・木曽駒ヶ岳、長野県・岐阜県にまたがる乗鞍スカイラインなどがよく知られています。また、観光シーズンのみマイカー規制を行っている地域もあるので、車で出かける際は事前に調べておきたいものです。

2018年1月31日 自動車排出ガス規制について はコメントを受け付けていません。 自動車 豆知識