世界にはすごいトラックがたくさんあります。もちろん日本国内にもその地域の気候や用途に応じて改良された様々なトラックが存在しています。

このページでは、普段は見ることがない凄いトラックや変わったトラックをご紹介します。

車輪が戦車みたいな宅急便のトラック

雪国の宅急便トラックの画像

規格外のトラックというタイトルから「えっ?」と思った方もいらっしゃると思いますが、最初は日本国内の変わったトラックをご紹介します。

まずご紹介するのは宅急便のトラックです。

宅急便のトラックというのは、街中で多くの人が見かけるものだと思います。特に最近はインターネット通販での買い物が急増していますので、ネット通販で購入されたものの多くは、宅急便のトラックを使って各地に配送されます。

しかし、雪国と言われるような地域では、宅急便のトラックはどうなっているのでしょうか?

宅急便のトラックに限らず、大雪が降ると多くの車はタイヤにチェーンを巻いたり、雪対策仕様にして道を走行します。ですが、冬の雪国の豪雪地帯では、タイヤを雪対策仕様にした車でも走行が難しそうです。とは言え、宅急便となると豪雪地帯であっても、走行して荷物を届けなくてはいけないでしょう。

そう考えていたら、なんと車輪が戦車のようになっている宅急便のトラックがあるようです。ごつい車輪で豪雪地帯を走行しているようです。宅急便のトラックとは違う重機かなと思いましたが、画像ではしっかり例の黒猫マークがついているトラックであり、車輪が戦車みたいになっています。

スキー場のような場所を登ったりするのは、普通の車ではできませんから、そのような場所で使われるのでしょうか?しかしかなりの豪雪地帯でも、こうした車両があればしっかり走行できますね。

画像引用:NEVERまとめ

ダカール・ラリーを走るトラック

日野チームスガワラの画像車のレース競技では、ダカール・ラリーと呼ばれる有名なものがあります。世界一厳しいと言わているモーターレースです。ダカール・ラリーは一見、普通自動車タイプだけが参加できるように思えますが、実はバイクも参加できますし、さらにはトラックも参加できます。

トラックが参加できる部門は1980年に創設されたそうで、3500kg以上の車両が参加できるとされています。歴代の優勝車では、ロシアのカマーズという会社のトラックが何度も優勝していますが、歴代優勝車の中には日本のトラックもあります。

それは日野自動車のトラックで、1997年に優勝しています。現在は「HINO TEAM SUGAWARA(日野チームスガワラ)」というチーム名で、ダカール・ラリーに参戦しているようです。1997年に優勝したときは、オーストリアのドライバーが日野自動車のトラックを運転していたので、今後は日本人ドライバーでの優勝に期待したいところですね。

画像出典:日野自動車公式サイトURL:https://www.hino.co.jp/corp/dakar/team_sugawara.html

世界一大きいトラック コマツ930E

コマツ930Eの画像トラックに多少興味がある人は、世界一大きいトラックが何か気になるかもしれません。調査によると、何と日本の小松製作所、通称コマツのトラックが世界最大クラスだという話です。930Eというトラックなのですが、高さが7メートル以上あります。運転手はハシゴを登って運転席に座るようです。

そして、930Eの重量は、200トン以上となっています。ダンプカーと言われるトラックが20台集まっても、この重量は超えられないそうです。コマツのトラックが世界一のようです。

しかし海外に目を向けると、まだ上があるようです。ベラルーシのトラックで「Belaz 75710」というものがあります。高さが8メートル以上あり、重量は360トンとなっています。

このベラルーシのトラックを見てみると、なんだかトラックというよりは重機のような気がします。タイヤの大きさだけでも人の身長をはるかに超えています。当然ではありますが、ハシゴを登って運転席に向かいます。

画像出典:こまつの杜URL:https://www.komatsunomori.jp/

合わせて読みたいおすすめ記事

世界一速いトラック Shockwave

世界一大きいトラックと来ると、今度は世界一速いトラックが気になります。ダカール・ラリーに出ているトラックにはメルセデス・ベンツのものもあるようで、その辺りが速そうですが、舞台はドラッグレースが行われるアメリカに移ります。

ドラッグレースは直線だけ走って世界一速い車を競うレースですが、そこにはトラックも参戦しています。そしてドラッグレースで世界最速のトラックになったのは、「Shockwave」というそうです。アメリカ軍の戦闘機のエンジンを積んだとのことですが、レース中の最高速度は時速600キロ以上になったのだとか。

映像を見るとトラックというより、大きな火炎と煙を吹いているロケットに見えます。見た目自体は一応トラックではあります。

以下の動画をご覧になってみてください。マジで凄いです!