愛媛県のトラック買取・重機買取・バス買取の買取対応地域

愛媛県
人口 1,366,772人(推計人口、2017年5月1日)
面積  5,676.19km²
人口密度 241人/km²
県庁所在地 〒790-8570 愛媛県松山市一番町四丁目4番地2

愛媛県内で利用できる全国展開のトラック買取業者

愛媛県内の以下の地域にお住まいの方は、トラック・重機の高価買取で有名な全国展開しているトラック買取業者を利用してみてはいかがでしょうか?

松山市・今治市・宇和島市・八幡浜市・新居浜市・西条市・大洲市・伊予市・四国中央市・西予市・東温市・越智郡・上浮穴郡・伊予郡・喜多郡・西宇和郡・北宇和郡・南宇和郡

愛媛県内のトラック買取店

愛媛県内でトラックの買取に対応してくれるお店が4件見つかりました。地元買取店を利用したい方は参考にしてください。

アップル新居浜店 〒792-0864 愛媛県新居浜市東雲町1丁目1-79
有限会社近松自動車商会/中古車展示場 〒799-3113 愛媛県伊予市米湊1200-1
有限会社近松自動車商会/トラック買取専用 〒799-3113 愛媛県伊予市米湊1200-1
トヨタカーサービス 〒791-1123 愛媛県松山市東方町2068-15

愛媛県の産業構造と主要産業について

愛媛県の産業構造を平成20年度と8年度を対比して、第1次、第2次、第3次産業の構成比推移により県内の産業構造の変化を見ると、第1次産業は4.3%から1.5%へ、第2次産業は36.3%から27.1%に減少し、第3次産業は59.4%から71.4%へと増加しています。
これは日本全体と同傾向で、産業構造が第3次産業を中心とする構造にシフトし、その中でもサービス業が16.0%から22.1%へと、大きく増加している事を示しています。
しかしながら、平成26年度の愛媛県内総生産は4兆7,565億円で、これは国内総生産514兆2,963億円の約1%に相当と経済規模はそれほど大きくありません。しかもこの比率は20年以上も余り変化していないのです。
そんな愛媛県の総生産を高めるには、第2次産業の中で23.5%から19.4%と減少している製造業の付加価値向上と、産業構造における製造業の比率を高める事が必要と思われます。
こうした課題認識をベースに、次項では愛媛県の製造業について詳しく見たいと思います。

愛媛県の製造業の特徴

愛媛県は、一般的に今治市・西条市・新居浜市・四国中央市等の東予地区、松山市・伊予市・東温市等の中予地区、八幡浜市・大洲市・西予市・宇和島市等の南予地区の3つに分けられます。
この地域別に製造業の比率を見ると、東予では38.0%であるのに対し、中予地区では3次産業の比率が82.2%を占め製造業は16.5%、また南予地区は1次産業の比率が高く製造業の構成比は14.9%と低く、愛媛県の製造業は東予地区に集積している事が分かります。
さらに製造業が集積している東予地域の製造業を詳細に見ると、四国中央市とその周辺では、製紙業を中心として紙を原材料とする衛生用品や封筒製造等の紙加工業が盛んで、それらの生産設備・機械製造等が数多く立地しています。
新居浜市や西条市およびその周辺では、非鉄金属業や、化学や、一般機械関連の企業等が集積しています。
今治市とその周辺では、タオルやアパレルを中心とした衣服・繊維関連や海運や造船関連、電気機械などの企業が数多く立地しています。
この様に愛媛県の製造業を見ると、造船、製紙、繊維、機械、電機と言った日本の産業を支えて来た産業が数多く立地していますが、いずれも産業のライフサイクルとしてはピークを過ぎてしまった製造業が中心である事が分かります。
各時代を支えたものづくり技術のベースはあるものの、将来日本を支えるであろう高度な製造業の光ものが見えないと言えるのです。
バイオ・創薬、AI等の新たな知識集約的な製造業の誘致・育成を図る事が課題と言えるでしょう。

まとめ

愛媛県は東予地区は製造業、中予地区は3次産業、南予地域は農水産業等の1次産業が盛んで、県トータルでは日本の平均と同様の産業構造となっており、ある意味では産業構造として理想的と言えるかも知れません。
しかし残念ながら、製造業の業種としては、各時代を支えた業種がバランス良く存在するものの、日本の総生産の1%経済と言われ続けている愛媛県の現状を打破するには、付加価値の高い製造業を誘致・育成する事が重要で、この点が見えないのが愛媛県の産業の課題と言えるのです。