福井県トラック買取重機買取バス買取のことでお悩みの方は、売却先をしっかり選ぶ事で悩みは解決できます。

例えば「安心な業者に任せたい!」と考えるのなら迷わずディーラーを選ぶべきでしょう。しかし、もしあなたが「少しでも高値で売却したい!」と考えるのなら、ディーラーではなくトラック買取業者を利用するべきです。

福井県の方におすすめ!優良トラック買取業者4選

福井市・敦賀市・小浜市・大野市・勝山市・鯖江市・あわら市・越前市・坂井市・吉田郡・今立郡・南条郡・丹生郡・三方郡・大飯郡・三方上中郡

当サイトでは、福井県の上記地域にお住まいの方でトラック・重機・バスの売却でお悩みの方に、福井県で利用できトラック・重機・バスを高価買取してくれるだけでなく安心して利用できる優良なトラック買取業者を厳選して4社ご紹介します。

出来るだけ高値で売却するコツは、1社だけでなく何社かで査定を受けてみて査定額を比較することです。業者ごとに買取を得意とする形状は異なりますので、複数の業者で無料査定を試してみましょう!

福井県の地元トラック買取店

インターネットを利用して、福井県内にある地元トラック買取店を探してみたところ以下のお店が見つかりました。

先程も触れましたが、あなたのトラック・重機・バスを少しでも高額で売る秘訣は複数店で査定を受けてみることです。お近くに以下のお店がある方は査定を依頼してみてはいかがでしょうか?

株式会社坪田自工
住所 〒910-0373 福井県坂井市丸岡町高柳13-18-2
電話番号 0776-67-3468
 株式会社坪田自工は福井県坂井市で中古トラック・特殊車両の買取・販売・整備・車検・板金塗装などを行っています。また中古農機具の買取・販売も行っています。
⇒株式会社坪田自工 公式ページ
株式会社フクイ解体
住所 〒915-0044 福井県越前市平林町2-4-1
電話番号 0776-58-3600
 株式会社フクイ解体は中古トラック・中古重機・中古建設機械の買取・販売を行っている会社です。
株式会社トラック陸送福井
住所 〒915-0044 福井県越前市平林町2-4-1
電話番号 0778-42-1771
 株式会社トラック陸送福井は、福井県越前市でトラックの買取、車内クリーニング、車輌陸送などを行っている会社です。
⇒株式会社トラック陸送福井 公式ページ
 北陸ワールド貿易株式会社
住所 福井県福井市田原1丁目11番12号 BWビル3階
電話番号 0776-43-1095
  北陸ワールド貿易株式会社は福井県福井市で中古トラック・中古重機・中古建設機械の買取・販売・輸出入を行っている会社です。車両の状態が悪い低年式車両・バッテリー上がりなど、どんなトラック・重機でも買取対応してくれます。
⇒北陸ワールド貿易株式会社 公式ページ
福井モータース
住所 〒910-0813 福井県福井市中新田町9-8
電話番号 0776-54-1860
  福井モータースは福井県福井市で普通車・トラック・建設機械の買取・販売・修理などを行っている会社です。
⇒福井モータース 公式ページ

福井県の産業と鯖江のメガネの歴史

北陸・福井県の基幹産業として筆頭に挙げられるものに、古くから盛んな繊維業があります。福井の繊維業の歴史は2~3世紀の古代期までさかのぼると言われています。大陸から渡来してきた人々がこの地で絹織物を織るようになり、文化が定着、その後脈々と織物文化が成熟し受け継がれ、明治期には羽二重製造の黄金期を迎えます。今日に至るまで技術革新を経ながら、また近年ではコストが低い海外生産のものと競合しながらも、高い品質の製品を世に送り出す福井県の繊維業は確固たる地位を築いています。

その他、第一次産業も盛んです。日本海の豊富な資源を背景にした水産業はここ近年、殖漁業の技術発展に力を注いでいるようです。県内の土地75%を占める山林を活かした林業、コシヒカリをはじめとした農業など福井県の特徴を活かした第一次産業も福井県の基幹産業の一つと言えるでしょう。

また、機械産業も発展しております。繊維業を支える繊維機械、自動車関係機器、電子部品や半導体などの精密機械、幅広いジャンルの機器類の製造を行っており、福井県の産業を支えています。

昨今なにかと注目される機会が多い原子力発電所、福井県は15基も設置されており、賛否は別にして、長年福井県の財政を支える一翼を担ってきたのは確かでしょう。

このように福井県を支える産業は多種多様ありますが、国内で圧倒的なシェアを誇る産業が福井県にはあります。それはメガネ産業です。福井県の国内におけるメガネフレーム製造のシェア率はなんと90%を超えます。国内製のメガネ10本のうち9本が福井県産ということになります。なぜここまで独占的といえるシェア率があるのでしょうか。

福井県の鯖江市というところがメガネ製造のメッカと言われていますが、この地でメガネ産業が隆盛することになったはじまりは、明治時代にさかのぼります。農業が盛んであった鯖江市ですが、冬はどうしてもこれといった収入となる産業が無く、不作の年などは農家は困窮するばかりでした。何とか状況を打開したいと思った地元の議員が、冬でも室内で制作できると注目したのが、当時国内で徐々に広まりつつあったメガネです。全国各地から職人を呼び寄せ、メガネ産業に力を入れた結果、昭和初期にはすでに全国一位のシェアを誇るようになりました。

その後、メガネの生産地として鯖江市は国内では今日までシェア率1位に君臨し続けていますが、近年では海外製の格安メガネフレームの流通に脅かされている現状があります。また、国内の格安メガネ販売店の台頭もあり、低価格化についていけない製造所は閉鎖に追い込まれているのも現実です。この状況を打破するために、鯖江市と事業者は、鯖江市のメガネのブランディングに取り組みました。製造だけではなくプロモーションを手掛けることにより、高品質の鯖江産メガネを全国的に再び知らしめることに成功しました。時代の流れにうまく合わせて変化を遂げた柔軟性で鯖江のメガネは生き残り、再評価されています。

福井県には一次産業から原発まで多くの産業があり、時代の変化によって盛衰を余儀なくされていますが、鯖江のメガネの歴史の通り、外的環境の変化にタイムリーに呼応していくことで、さらに産業として発展を遂げることができるということが言えると思います。