トラックの買取価格は売却先で大きく差が出る!
トラック・重機・バスなどは普通車と違って元々の価格が高額なため購入する時も売却する時も高額になります。新車で購入する場合,どこで購入しても車両価格はそれほど差はないですが、売却する時は売却先で価格が大きく変わってしまいます。つまり売却先選びが重要だということです。

福島県内で利用できる高価買取が期待できるトラック買取業者4選

当サイトが福島県内で利用できる優良トラック買取業者を厳選して5社ご紹介します。トラック・重機・バスなどを高額で売りたい方は以下のトラック買取業者で無料査定を受けていくらで買取りしてくれるのか確認してみましょう。

おすすめ第1位 トラックファイブ

福島県内でトラック・重機・バスを高額で売却したい方に一番おすすめのトラック買取業者がトラックファイブです。
トラックファイブは年間買取台数10000台以上、累計買取金額500億円オーバー、成約率95%以上と文句なしの実績です。

買取対応 トラック・重機・バス・フォークリフト
無料査定対応地域  日本全国(離島・山奥OK)
査定方法   オンライン・FAX・電話

おすすめ第2位 トラック王国

トラック王国は日本全国4カ所に直営の展示場を展開しており、販売と買取の両方を行っているトラック買取業者です。特徴は幅広い販売ルートを保有していることで高年式の新しい車両から低年式過走行の車両まで高価買取が期待できます。

買取対応 トラック・重機・バス・フォークリフト
無料査定対応地域  日本全国(離島・山奥OK)
査定方法   オンライン・FAX・電話

おすすめ第3位 トラック買取.com

トラック買取.comはトラック・重機を高価買取してくれる業者ですが、特徴は買取価格に自信があるため、「しつこい営業は一切いたしません!」と公式ページで紹介しています。トラック・重機・バスを高く売るなら外せない一社です。

買取対応 トラック・重機・バス・フォークリフト
無料査定対応地域  日本全国(離島・山奥OK)
査定方法   オンライン・FAX・電話

おすすめ4位 関東トラック販売

関東トラック販売は2位のトラック王国同様に自社展示場を展開しており、中古トラック・中古重機などの販売と買取を行っているトラック買取業者です。
買取したトラックや重機を自社展示場で直接エンドユーザーに販売できる点が強みです。

買取対応 トラック・重機・バス・フォークリフト
無料査定対応地域  日本全国(離島・山奥OK)
査定方法   オンライン・FAX・電話

ご紹介したトラック買取業者の無料査定・出張買取は福島県内全域の以下の地域でご利用いただけます。

トラック・重機・バスを少しでも高額で売却したい方はディーラーの下取りではなく、トラック買取の専門業者を利用してみましょう。

福島県内の利用可能エリア
福島市・会津若松市・郡山市・いわき市・白河市・須賀川市・喜多方市・相馬市・二本松市・田村市・南相馬市・伊達市・本宮市・伊達郡・安達郡・岩瀬郡・南会津郡・耶麻郡・河沼郡・大沼郡・西白河郡・東白川郡・石川郡・田村郡・双葉郡・相馬郡

福島県内のトラック買取店

福島県内にあるトラック買取店を調べてみたところ、以下のお店が見つかりました。地元買取店を利用される方は参考にしてください。

株式会社
ケーアイプロジェクト
〒969-1301 福島県安達郡大玉村大山字岩ケ作43-1
有限会社司馬解体 〒971-8125 福島県いわき市小名浜島字渡地20-1
株式会社カーメン 〒960-8252 福島県福島市御山字清水尻1-7
株式会社フジショウ 〒963-8844 福島県郡山市字賀庄34-2
株式会社ビィ・フォアード 〒964-0812 福島県二本松市関1-1

 

福島県の産業とトラック事情について

福島県は御存知のように国内の本州での都府県では岩手や長野に次ぐ面積を有しますが、その特徴は浜通り、中通、それに会津地方の三つのエリアに分かれて気候や風土も異なってそれぞれの特徴があります。

沿岸地域は比較的温暖な気候であり、会津は雪の多い盆地特有の寒暖差の激しい土地柄になりますが、郡山や福島市などはその中間に位置するのが特徴でしょう。歴史的にも奥州街道や陸前浜街道、それに会津街道と都や江戸には早くから流通経路が開けていました。 

こうしたことから一次産業の生産品や二次産業の製造品の出荷高、それに金融や流通も早くから伸びを示し、東北6県だけで見ると福島県は首都圏や東京に近いこともあって東北では有利な地位にあったようです。

福島県の第一次産業の傾向

まず、第一次産業の代表的農業では広大な農地面積を有していて極めて農業資源には恵まれています。 そして昔から各地域の特性を生かした農産物の生産や加工品の製造も盛んで、本州では首都圏の有力な食料供給基地としての役割を担っています。

又、水産業は沿岸地方の小名浜を中心に穏やかな海域の海の幸や養殖などの水産物の生育にも適した地域にも恵まれています。それに、林業では会津地方の山域を中心に全国でも広大な面積を活かし、製材品質や性能の確かな木材製品の生産促進を勧めています。 特にキノコの生産が盛んな県です。

福島県の第二次産業の傾向

二次産業は、鉱工業を中心としたの生産や製造業のことで、それに建設業関連のことをいいますが、近年ではそれにIT分野の産業も属します。

特に、建設業は先の大震災を受けて機械類や作業員の人員が足りないほどの繁盛を得ています。

県内には、様々な製品をつくる企業や工場が建っていて、特に、福島県の「ヘソ」といわれる郡山市それに福島市、会津やいわき市にあるハイテク関連では、県内の工場がより良い製品が作られ、進んだ機器や設備を整えて、工業技術の研究や出荷量も多い地域になっています。

福島県の第三次産業

さて、3次産業といえばサービス産業が中心となる商業、金融、小売業、それに観光産業など、最近では情報産業になります。 福島県は海や山、湖などの美しい自然に恵まていて、国立や国定公園も多くあり、又、歴史的名所や温泉にも恵めれています。

その為、四季折々の風情を楽しめる全国でも屈指の観光県であり、多くの観光客が訪れてくる地域です。 特に、猪苗代や裏磐梯の観光地、其れに冬のスキーの会津地方などは有名地で人気エリアにもlなっています

福島県の産業「まとめ」

島県の流通に関しては、沿岸地方の常磐道、中通りは東北自動車を中心に会津地方は磐越道が走っていて、夫々に流通経路も発達していました。

従って、農産物から工業生産品のトラック流通は非常に盛んな地域になっています。

此のように、近代の交通網の発達で、県内でも相当の流通量を誇っていますが其の中心と成るのが郡山や福島に成るでしょう。