岐阜県
人口 2,013,742人(推計人口、2017年4月1日)
面積 10,621.29km²(境界未定部分あり)
人口密度 190人/km²
県庁所在地 〒500-8570 岐阜県岐阜市藪田南二丁目1番1号

もしかして、あなたはトラック・重機・バスのいずれかの売却に関して以下のようなことでお悩みではないですか?

  • 下取り価格に満足できない
  • 少しでも高値で売却したい
  • 急いで売却して現金を手にしたい
  • どこで売ればいいか悩んでいる
  • 高く売って新車の購入資金に充当したい
  • 自宅・会社の片隅に不要なトラック・重機・バスがあり処分に困っている
  • 経営者の方でまとめて複数台のトラック・重機・バスを売却したい

このようなことでお悩みでしたら、当サイトはあなたのお役に立てます!

高く売るなら売却先選びが重要!

トラック・重機・バスなどの商用車を売却する場合、売却先の選択肢はディーラー・地元買取店・ネットオークション・近所の整備工場・トラック買取業者などイロイロありますが、この売却先選びで買取価格は大きく変わるといっても過言ではありません。

高くることを一番に考えるなら、トラック買取業者を利用するべきです。このあとご紹介するトラック買取業者なら高価買取り以外にも以下のようなおすすめポイントがあります。

  • 豊富な販売ルートで高価買取
  • 日本全国どこでも査定は無料
  • 即日現金買取り可能
  • 面倒な書類手続きも無料で代行
  • 売却した車両は無料で引き取り
  • 売却する車両を査定に持って行かなくても無料で出張査定・買取

このようにトラック買取業者を利用することはあなたにとってたくさんのメリットがあります。「少しでも高く売りたい!」と考えている方だけでなく時間がなく忙しい方にも本当におすすめできます。

岐阜県の方におすすめ!厳選4社 優良トラック買取業者

岐阜県内でトラック・重機・バスの売却でお悩みの方に当サイトが日本全国から高価買取が期待できることはもちろん、安心して利用できる優良なトラック買取業者を厳選して4社ご紹介します。

少しでも高く売るコツは1社だけでなく、2~3社で無料査定を利用してみて各社の査定額を比較してみることです。そうすることであなたの売却する車両を1番高く買取してくれる業者が見つかりますよ!

トラックファイブ

創業15年のトラックファイブ満足度・買取実績ともに文句なしのトラック・重機の買取専門業者です。自社独自の幅広い再販ルートを保有しているので新しい高年式の車両から古い低年式の車両まで高価買取が期待できます。

買取対応エリア 日本全国すべての地域
支店 日本全国8カ所に直営支店
出張査定・買取 無料
即日現金買取 対応可能
買取対応形状 トラック・重機・バス・フォークリフトなど
買取実績・その他
  • 年間買取台数10000台以上
  • 累計買取金額500億円オーバー
  • 買取成約率95%

トラック王国


トラック王国も非常に満足度の高いトラック・重機の買取専門業者です。またトラック王国は買取と販売の両方を行っているトラック買取業者で買取したトラックや重機の一部を自社で販売しています。さらにトラック王国は海外の100を超える地域に再販ルートを保有しており世界相場を基準にあなたのトラック・重機・バスを査定してくれますので、かなりの高価買取が期待できます。

買取対応エリア 日本全国すべての地域
支店 日本全国に5カ所に自社販売展示場
出張査定・買取 無料
即日現金買取 対応可能
買取対応形状 トラック・重機・バス・フォークリフトなど
買取実績・その他 利用者満足度90.3%

トラック買取.com

トラック買取.comもダンプを高価買取してくれる可能性が非常に高いトラック・重機の買取業者です。公式ページにて「利用者様が安心して利用できるようにしつこい営業は一切いたしません!」と宣言している優良な業者です。

買取対応エリア 日本全国すべての地域
出張査定・買取 無料
即日現金買取 対応可能
買取対応形状 トラック・重機・バス・フォークリフトなど

関東トラック販売

関東トラック販売
関東トラック販売はトラック王国同様に買取と販売の両方を行っているトラック・重機の買取業者です。査定の対応も早く自社で販売も行っているので国内相場に左右されず安定した高価買取が期待できます。

買取対応エリア 日本全国すべての地域
出張査定・買取 無料
即日現金買取 対応可能
買取対応形状 トラック・重機・バス・フォークリフトなど

岐阜県内の買取対応エリア一覧

このページでご紹介しているトラック買取業者の4社は岐阜県内全域、以下の地域にお住まいの方、もしく以下の地域に会社のある方が無料の出張査定・買取をご利用いただけます。

岐阜県内の買取対応エリア
岐阜市・大垣市・高山市・多治見市・関市・中津川市・美濃市・瑞浪市・羽島市・恵那市・美濃加茂市・土岐市・各務原市・可児市・山県市・瑞穂市・飛騨市・本巣市・郡上市・下呂市・海津市・羽島郡・養老郡・不破郡・安八郡・揖斐郡・本巣郡・加茂郡・可児郡・大野郡

まずは、無料のネット査定をお試しいただいて各社の査定額を確認してみてはいかがでしょうか?

岐阜県内の地元トラック買取店

インターネットを利用して、岐阜県内にあるトラック買取店を調べてみたところ以下の8軒のお店が見つかりました。お近くに以下の買取店がある方は選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

サン・ジャパン岐阜店 〒501-6122岐阜県岐阜市柳津町高桑4丁目1
株式会社
ヒロエンタープライズ
〒507-0072 岐阜県多治見市明和町3-1-1
株式会社 リバーアップ 〒506-0035 岐阜県高山市新宮町 788-3
浅野商会 〒503-0856 岐阜県大垣市新田町4丁目42番地
中日トラック販売株式会社 岐阜県 岐阜市 柳津町上佐波2丁目7
株式会社 リアル 〒501-6013 岐阜県羽島郡岐南町平成2-80
モリ商会 岐阜県加茂郡富加町羽生1449-13
マルアイ商事株式会社 岐阜県大垣市神明3丁目5番地

▶▶▶ランキングに戻る!

岐阜県の産業の概要

岐阜県の産業構造を、付加価値や就労人口の点から全国平均と比較して分析すると、以下の様な点がポイントとして上げられます。岐阜県の産業を付加価値構成比でみると、製造業が34%、卸売り・小売業が18%、医療福祉が10%、建設業が7%、金融・保険業が6%、その他が25%となっており、全国平均では製造業が20%の構成比である事と比べて製造業が突出している事が分かります。
また従事者数の構成比から見ても、岐阜県では製造業が27%で、全国平均の18%に比較してウエートが極めて高い事が分かります。またその他の産業の中に、農林水産業が含まれていますが、地域外への供給比率は少なく、全国平均から見て活発な状況とは言えません。

岐阜県の製造業の特徴

岐阜県の製造業としては、繊維工業、家具・装備品、窯業・土石製品、金属製品製造業の産業集積が高くなっており、産業集積率はそれほど高くはないものの生産性から見ると、電子部品・デバイス・電子回路製造業が非常に高いと言えます。
元々岐阜県の地場産業として、繊維工業や陶磁器と言った窯業・土石業が盛んでしたが、近年では一般機械、電気・電子部品と機器、輸送用機械が大きく増加し、金属機械工業へとシフトが進んで来ました。
また製造業を企業の従業員数別で見ると、従業員100人以上の企業が全体の5%を占め、その5%の企業により全製造業の生産金額の60%を稼ぎ出すと言う構造になっています。
またお隣の愛知県にはトヨタ関連企業が集積しており、製造業においてもこの自動車向けの部品等の構成比が高くなっています。
また個別企業としては、自動車関連の岐阜車体工業、パジェロ製造、太平洋工業が、事務機器のリコーエレメックス、電子・電気機器関連ではソニーEMS、三菱電機、富士通テン、航空機関連の川崎重工、電子・電気部品のイビデン、医薬品のエイザイ等が有名で、岐阜県の製造業の地場産業からの脱皮を果してきました。
こうした企業を見ると、大企業の事業場の一部を誘致して来たものである事が分かります。従って、日本全体の製造業の構造転換により、進出企業のその事業が衰退すると、一気に地盤沈下する危険性をはらんでおり、常に工業の進展に合わせた先端で付加価値の高い製造品目を生産する事業場の誘致を継続する事の必要性が分かります。

岐阜県の有名観光スポット

岐阜県は、先に記載した様に工業も盛んな地域でもありますが、観光資源も豊富な県と言えます。人気スポットとしては、飛騨高山、郡上八幡、岐阜長良川温泉、下呂温泉、中津川、白川郷・荘川、奥飛騨等が挙げられます。
こうしたスポットは、いずれも自然が豊かで、昔ながらの日本人の郷愁を誘う建造物群や文化が現在に残っている地域と言えます。
こうした観光スポットは、外国人観光客も大いに関心を示す構成要素を有しており、今後とも人気が高まる事が予測されます。
そんな中でも、世界遺産に指定されている白川郷は、岐阜県が誇る最大の観光資源であり、スポットとも言えます。

おすすめの観光スポット 世界遺産白川郷

白川郷全景の画像白川郷荻町合掌集落は、1995年(平成7年)にユネスコの世界文化遺産に登録されました。この白川郷には、里山に114棟の合掌造りの家屋が現在も残っており、茅葺き屋根等が日本の原風景として多くの人の郷愁を誘い、人気の高い観光スポットともなっています。
新緑、紅葉そして冬の雪と季節ごとに異なる表情を見せ、白い雪化粧の白川郷のライトアップされた様子は、まさにメルヘンの世界とも言える程です。
この白川郷の合掌造り住居には、今でも普通に生活が営まれているのが特徴で、集落を散策して、内部を公開している民家等を見学し、そうした生活の一端に触れるのも、観光の楽しみと言えます。
また1階で食事処やカフェや土産物屋や民宿を営んでいる民家も多く、お茶や食事をしながら、そうした合掌造りでの生活の雰囲気を味わう事も出来ます。
集落を散策して合掌造りの構造、生活、文化に触れると共に、絶対に外せないのが、白川郷の全体の素晴らしい眺望を見る事です。
この絶景を眺める事が出来るのが、荻町城跡展望台です。ここは荻町を見下ろす高台にあり、約400年前に室町幕府の8代将軍足利義政の命により、信州松代から白川郷へ進出した、山下氏勝の居城があった場所です。
現在では、そうした城跡である面影は全くありませんが、この城跡の高台にある展望台が、新緑、紅葉、雪景色の合掌集落を一望できるポイントとなっており、ぜひ足を延ばして欲しいスポットと言えます。

▶▶▶ランキングに戻る!