7a525afc5cc0a8344664558406834500_m

街を車で走っていると、数多くのトラックを見かけますが、ナンバープレートの
色に緑と白があります。

「緑色のナンバープレートと白色のナンバープレート 何が違うの?」なんて思ったことありませんか?

緑ナンバーのトラックはお客様の荷物を運賃をもらって運ぶ営業用のトラックで、白ナンバーのトラックは自分の会社の荷物を運ぶ自家用のトラックで荷物を運ぶことで運賃をもらうことは禁止されています。

大型のトラックでも、白ナンバーのトラックを見かけますが、その場合荷物を運ぶことによって運賃をもらっているのではなく、運送先で荷物を販売して商品代金を受け取り、利益を出しているそうです。

ナンバープレート

緑ナンバーと白ナンバーの割合 

日本では、約757万台のトラックが活躍しているそうです。(平成24年データ)そのうち、緑ナンバーのトラックは約18%で、残りの約82%が白ナンバーのトラックです。

白ナンバーのトラックの方が圧倒的に多いのですが、輸送量(トン数)の割合は緑ナンバーのトラックが約69%で、白ナンバーのトラックが約31%と緑ナンバーの方が多いんです。

緑ナンバーのトラックの輸送効率

また、緑ナンバーのトラック(営業用)は、白ナンバーのトラック(自家用)に比べて、輸送効率が10倍も高く、少ないトラックの台数でたくさんの荷物を効率よく運ぶことが出来ることから、環境への悪影響も少なく、消費する燃料も少なくなります。

分かりやすく言うと、緑ナンバーのトラックは荷物を載せていない状態ではあまり走らないようにしているんです。「荷物を持って行った先で、新たに荷物を載せて帰って来る」というように無駄に走って燃料を消費するようなことをなるべくしないようにすることで、燃料を節約し、さらには環境にも配慮しているんですね。

このように、営業用のトラックは無駄なく、常に荷物を載せて走っているんです。

 

最後までご覧いただいてありがとうございました。
今後も役立つサイト作成を心掛け頑張っていきます。
↓応援クリックをお願いします↓

中古車・買取 ブログランキングへ