ぐっトラックshima

ぐっトラックshima(北海道事業所)
住所 〒059-1303 北海道苫小牧市拓勇東町8丁目7-26
電話番号 0144-56-5591
FAX 0144-56-5593
本社所在地 福島県南相馬市原町区雫字権現下73-2

福井県に本社があるシマ商会の、ぐっトラックshima 北海道事業所は北海道苫小牧市でトラック・バス・建設機械の買取を行っている会社です。

ぐっトラックshimaは、トラック・バス・建設機械の高価買取で有名ですが、その高価買取の秘訣はいったい何なのでしょうか?

ぐっトラックshima 高価買取の秘訣とは?

自社のリサイクル工場を持つシマ商会は、トラック・バス・建設機械などを扱うプロ集団で、どんな状態のトラック・バス・建設機械であろうといいところを見つけその価値を最大限に評価してくれるそうです。

そんなシマ商会のぐっトラックshima(北海道事業所)の高価買取の秘訣を見ていきましょう。

ぐっトラックshima高価買取の秘訣「強力な販売力」

トラック買取業者は買取したトラック・バス・建設機械を再販して利益を出します。そのままで再販できないような車両の場合、解体し部品を販売します。

ぐっトラックshimaには、買取したお客様のトラック・バス・建設機械を中間業者を挟むことなく直接エンドユーザーに販売する強力な販売力があります。

そのため、買取を希望されるお客様の車両を最大限評価して高価買取してくれるのです。

ぐっトラックshima高価買取の秘訣「中古部品販売も強力」

ぐっトラックshimaでは、3万点にも及ぶトラックなどの中古部品を取り扱っており、需要のある部品や価値のある部品を知り尽くしています。

また、走行距離の少ない程度のいいエンジンやリビルとエンジンなども取り扱っており、走行できる状態のいいトラックだけでなく状態は悪いが部分的に部品の価値が残っている車両に関しても買取りできます。

ぐっトラックshima高価買取の秘訣「豊富な再販ルート」

ぐっトラックshimaは、世界60カ国、約160の地域に再販ルートを保有しています。海外の国々では日本の中古トラック・中古バス・中古建設機械は非常に人気が高く需要が高いのです。

そういった国々では、日本では再販できないような古い車両でも需要が高く、輸出することで高価買取が可能になるのです。

ぐっトラックshima 買取実績

トラック・バス・建設機械の高価買取で有名なぐっトラックshimaの買取実績の一部をご紹介します。

平成23年式 UDトラックス クオン ダンプ 51.7万㎞ 433万円
平成8年式 日産 ビッグサム ダンプ 114万㎞ 86.4万円
平成17年式 日産 クオン トラクター 57.8万㎞ 114.8万円
平成24年式 トヨタ ダイナ クレーン付き平ボディ 8.9万㎞ 300万円
平成16年式 いすゞ ギガ セルフクレーン 69万㎞ 314万円
平成10年式 日野 プロフィア クレーン付きセルフ 64.3万㎞ 249万円

このように、ぐっトラックshimaは走行距離が多い車両でも非常に高価買取をしてくれるトラック買取業者です。北海道苫小牧市近郊にお住まいの方でトラック・バス・建設機械の売却でお困りの方は相談してみてはいかがでしょうか?

北海道で利用できる有名トラック買取業者

当サイトでは北海道全域で利用でき、トラック・バス・建設機械の高価買取が期待できるトラック買取業者・バス買取業者・建設機械の買取業者をそれぞれ厳選して4社ご紹介しています。

北海道にお住まいの方で、トラック・バス・建設機械の売却でお困りの方は、ぐっトラックshima同様にコチラの買取業者もひじょうにおすすめです。

あなたが迷っている間にも売却する車両の
価値はどんどん下がっていきます!
まずはネットの無料査定!