広島県のトラック買取・重機買取・バス買取の対応地域

宮島・原爆ドーム・カープなどで有名な広島県でトラック買取・重機買取・バス買取のことでお悩みの方で「トラック・重機・バスを少しでも高く売りたい!」とお考えの方は、お近くのディーラーや販売店・地元買取店に相談する前に全国展開している買取専門業者に無料査定をしてあなたのトラック・重機・バスの査定額を確認してみてはいかがでしょうか?

以前ですと、トラック・重機の売却はほとんどの方がディーラーや販売店で下取りしてもらっていたと思いますが、最近ではインターネットの普及で多くの方がネットを通じてトラック買取重機買取を受けて売却しています。無料で利用できることや下取りに比べてはるかに高額で売却できることから多くの方に利用されていますよ!

広島県の方におすすめ!厳選4社 優良トラック買取業者

トラック・重機・バスといった商用車は、普通乗用車にくらべて買取相場が確立されていません。そのため買取相場が曖昧で買い取りしてもらう買取店ごとに査定額に差が出てしまいます。もしあなたが、「少しでも高値で売却したい!」と考えるのなら買取店選びは非常に重要です。

当サイトでは広島県内で利用できる買取専門店の中から、高価買取が期待でき、安心して利用できるお客様満足度の高い優良買取店を4社ご紹介します。

高く売るコツは、1社だけでなく複数の買取店で無料査定を試してみましょう!そうすることで一番高く買取してくれるお店がすぐに見つかります!

トラックファイブ

創業15年のトラックファイブ満足度・買取実績ともに文句なしのトラック・重機の買取専門業者です。自社独自の幅広い再販ルートを保有しているので新しい高年式の車両から古い低年式の車両まで高価買取が期待できます。

買取対応エリア 日本全国すべての地域
支店 日本全国8カ所に直営支店
出張査定・買取 無料
即日現金買取 対応可能
買取対応形状 トラック・重機・バス・フォークリフトなど
買取実績・その他
  • 年間買取台数10000台以上
  • 累計買取金額500億円オーバー
  • 買取成約率95%

トラック王国


トラック王国も非常に満足度の高いトラック・重機の買取専門業者です。またトラック王国は買取と販売の両方を行っているトラック買取業者で買取したトラックや重機の一部を自社で販売しています。さらにトラック王国は海外の100を超える地域に再販ルートを保有しており世界相場を基準にあなたのトラック・重機・バスを査定してくれますので、かなりの高価買取が期待できます。

買取対応エリア 日本全国すべての地域
支店 日本全国に5カ所に自社販売展示場
出張査定・買取 無料
即日現金買取 対応可能
買取対応形状 トラック・重機・バス・フォークリフトなど
買取実績・その他 利用者満足度90.3%

トラック買取.com

トラック買取.comもダンプを高価買取してくれる可能性が非常に高いトラック・重機の買取業者です。公式ページにて「利用者様が安心して利用できるようにしつこい営業は一切いたしません!」と宣言している優良な業者です。

買取対応エリア 日本全国すべての地域
出張査定・買取 無料
即日現金買取 対応可能
買取対応形状 トラック・重機・バス・フォークリフトなど

関東トラック販売

関東トラック販売
関東トラック販売はトラック王国同様に買取と販売の両方を行っているトラック・重機の買取業者です。査定の対応も早く自社で販売も行っているので国内相場に左右されず安定した高価買取が期待できます。

買取対応エリア 日本全国すべての地域
出張査定・買取 無料
即日現金買取 対応可能
買取対応形状 トラック・重機・バス・フォークリフトなど

広島県内の買取対応エリア

このページでご紹介したトラックファイブ・トラック王国・トラック買取.com・関東トラック販売の4社は広島県内全域の以下の地域が買取の対応可能な地域です。お住まいの地域が以下の地域に含まれていない場合でも買取り可能な場合がありますのでお問い合わせください。

広島県内の買取対応エリア
広島市中区・広島市東区・広島市南区・広島市西区・広島市安佐南区・広島市安佐北区・広島市安芸区・広島市佐伯区・呉市・竹原市・三原市・尾道市・福山市・府中市・三次市・庄原市・大竹市・東広島市・廿日市市・安芸高田市・江田島市・安芸郡・山県郡・豊田郡・世羅郡・神石郡 ※その他、広島県内すべての地域

広島県内のトラック買取店

広島県内にある地元トラック買取店を調べてみたところ、以下の買取店が見つかりました。お近くの方は利用してみてもいいでしょう。

WORLD TRADE株式会社 東広島市西条町御薗宇8595-1
株式会社J’sヒロシマ 広島県東広島市八本松南7-16-10
株式会社MSK 〒731-5102 広島県広島市佐伯区五日市町石内6447-1
有限会社 西部自動車部品 〒739-0302 広島県広島市安芸区上瀬野町807-1
平松自動車株式会社 〒722-0311   広島県尾道市御調町66番地1

利用する場合の注意点として、1社だけでなく何社かで査定を受けてみるのがいいでしょう。時間の都合で1社しか回れない方は、このページでご紹介しているような全国展開している買取店の無料のネット査定を併用するのがおすすめです。

▶▶▶ランキングに戻る!

広島県の主要産業と人気の観光スポットについて

広島県
人口 2,832,035人(推計人口、2017年5月1日)
面積  8,479.47km²
人口密度 334人/km²
県庁所在地 〒730-8511 広島県広島市中区基町10番52号

広島県は面積が8,479㎢と全国11位ですが、山間部が多く、面積の72%を森林が占めています。人口は284万人で、その中で120万人が広島市に集中し、主要都市としては福山市46万人、呉市23万人、東広島市19万人が続いています。
広島県の県内総生産は中国地方では最大の11.2兆円で全国におけるシェアは2.2%で12位となっています。
この広島県の産業は事業場数から見れば卸売業・小売業が26%、宿泊業・飲食サービス業が12%と高くなっていますが、従事している従業員数で見ると卸売業・小売業の22%に対して製造業が18%と、製造業の構成比が高くなっています。
こうした産業構造を見ると、全国平均と対比して広島県の主要産業は製造業と言えると思います。
次項で広島県について、主要産業と言える製造業について少し詳しく記載したいと思います。

広島県の製造業の詳細と特徴

広島県の2014年の製造品出荷額2014は、9兆5,685億円であり、全国におけるシェアは3.1%で全国で10位となっています。
製造業の業種構成の詳細は、自動車クラスターや造船業を中心とする輸送用機械のウェイトが最も高く、次いで鉄鋼、機械工業となっており、全国対比で見ても、この3業種のウェイトは高くなっています。
こうした製造業で出荷額が高い業種は、地場産業ではなく、大企業の立地によるもので、その為に製造業の業種のウエートは、各都市で異なっているのが特徴的と言えます。
広島市においては、輸送用機械が、福山市では鉄鋼のウェイトが突出して高くなっており、瀬戸内海に面する呉市や尾道市では造船会社が多く立地しているため、輸送用機械のウェイトが高くなっています。さらに東広島では、大手電機メーカーや半導体メーカーの工場誘致により、情報通信や電子部品・デバイスのウェイトが高く、各都市と主要製造業種の結びつきが明確だと言う特徴が見られます。
一方で、地場産業的な製造業としては、広島市とその周辺や府中市や福山市に集中している木製家具があります。広島市では1593年の文禄年間から始めり、府中たんすとして知られる府中市では290年前の元禄年間に木製家具の生産が始まったとされており、まさに地場産業であり伝統産業と言えるものです。
さらに江戸時代初期に綿花の栽培が奨励され、備後縞と呼ばれる綿織物の生産が行われた事に始まり、福山市では縫製業が盛んです。綿から合成繊維へと姿を変え、またズボンやシャツからスポーツウエア等、主要製品を変えつつ地場産業として受け継がれています。
しかし、最近では工場は中国・タイ・ベトナム・インドネシアに移転され、国内での縫製は減少しています。

広島県の有名観光スポット

広島県には世界遺産が2つあり、観光スポットとしては外す事が出来ません。その1つが海の上にある世界遺産の厳島神社で、もう1つが平和と人権の尊さを訴える世界遺産の原爆ドームです。
その他の観光スポットとしては広島市なら三瀧寺、千光寺公園を始めとする尾道市の観光スポット、福山市の鞆の浦、呉市の海上自衛隊呉資料館、野生のウサギで有名となった竹原市の大久野島、また最近では尾道市から今治市を結ぶしまなみ海道のサイクリング人気が高まり、その起点の尾道観光と合わせて人気が高まっています。

広島県のお勧めの観光スポット「厳島神社」

宮島 厳島神社の画像広島県には先に紹介した通り、2つの世界遺産があり、最もお勧めの観光スポットとして、どちらを紹介すべきか迷います。
しかし歴史の古さと、水上に造られた独特な歴史遺産として、ここでは厳島神社を紹介したいと思います。
宮島、厳島観光にも多くのスポットがありますが、半日で効率良くスポットを巡るコースに沿って紹介したいと思います。
まずフェリーで宮島に着くと、乗り場を出たすぐの所に平清盛の銅像があり、それを見た後スタートすると良いでしょう。
海岸沿いを歩いて、海に建てられた厳島神社の大鳥居を目指します。鹿の姿も見られます。大鳥居を過ぎると厳島神社の回廊入り口があり、そこから豊臣秀吉の命で建築されたものの、秀吉の死で未完成になっている千畳閣を目指します。
千畳閣の近くに五重塔があり、その2つを見た後、少し戻っていよいよ昇殿料を払って厳島神社に参拝します。水に浮かぶ独特な朱色の鮮やかな神殿をゆっくりと散策しましょう。
厳島神社を出ると、そのまま帰路に着かずに勝海舟と桂小五郎が会談した部屋がある事で有名な大願寺を拝観したいものです。そこから歴史民俗資料館、みやじマリン、大聖院に立ち寄るのがお勧めです。
健脚の方なら、厳島神社に参拝した後、ロープウエーで獅子岩展望台、弥山本堂や三鬼堂に立ち寄られるのもお勧めのコースです。

▶▶▶ランキングに戻る!