北海道のトラック・重機買取

北海道でトラック買取・重機買取・バス買取をご希望される方で、「トラック・重機・バスを少しでも高く売りたい!」とお考えの方は、お近くのディーラーや販売店・地元買取店に相談する前に全国展開している買取専門業者に無料査定をしてあなたのトラック・重機・バスの本当の価値を確認しましょう

全国展開している有名トラック・重機・バスの買取店での無料査定をうまく利用してあなたが売却しようと考えている車両の買取価格の相場を確認しておくことで損をすることなく売却することが出来ますよ!

北海道の方におすすめ!優良トラック買取業者4選!

このページの後半で、ご紹介する北海道内のトラック買取店同様に北海道内で利用できるトラック買取業者で全国展開している高価買取で有名なトラック買取業者を厳選して4社ご紹介します。

「少しでも高く売りたい!」と考えている方は、2社以上のトラック買取業者で無料のネット査定を試してみるといいでしょう。

トラック買取業者 北海道内の買取対応エリア

当サイトでご紹介しているトラック買取業者は以下の地域が買取の対応可能な地域です。お住まいの地域が以下の地域に含まれていない場合でも買取り可能な場合がありますのでお問い合わせください。

札幌市
札幌市中央区・札幌市北区・札幌市東区・札幌市白石区・札幌市豊平区・札幌市南区・札幌市西区・札幌市厚別区・札幌市手稲区・札幌市清田区
札幌市以外の地域
函館市・小樽市・旭川市・室蘭市・釧路市・帯広市・北見市・夕張市・岩見沢市・網走市・留萌市・苫小牧市・稚内市・美唄市・芦別市・江別市・赤平市・紋別市・士別市・名寄市・三笠市・根室市・千歳市・滝川市・砂川市・歌志内市・深川市・富良野市・登別市・恵庭市・伊達市・北広島市・石狩市・北斗市・石狩郡・松前郡・上磯郡・亀田郡・茅部郡・二海郡・山越郡・檜山郡・爾志郡・奥尻郡・瀬棚郡・久遠郡・島牧郡・寿都郡・磯谷郡・虻田郡・岩内郡・古宇郡・積丹郡・古平郡・余市郡・空知郡・夕張郡・樺戸郡・雨竜郡・上川郡・勇払郡・中川郡・増毛郡・留萌郡・苫前郡・天塩郡・宗谷郡・枝幸郡・礼文郡・利尻郡・網走郡・斜里郡・常呂郡・紋別郡・有珠郡・白老郡・沙流郡・新冠郡・浦河郡・様似郡・幌泉郡・日高郡・河東郡・河西郡・広尾郡・足寄郡・十勝郡・釧路郡・厚岸郡・川上郡・阿寒郡・白糠郡・野付郡・標津郡・目梨郡

北海道内の買取業者一覧

インターネットを利用して調べてみたところ北海道内には以下の13軒のトラック買取店が見つかりました。

以下のお店がお近くにある方は利用してみるのもいいかと思いますが、利用前に先程ご紹介した全国展開のトラック買取業者で無料査定を受けて買取価格の相場を調べておきましょう。

買取価格を調べておくことで安く売ってしまうことはないでしょう。

トラックファイブ 北海道支店
住所 〒060-0031北海道札幌市中央区北一条東2-5-2札幌泉第一ビル2F
電話番号  0120-471-262
 トラックファイブは日本全国8カ所に直営の支店を展開しているトラック・重機・バスの買取専門店です。年間10000台の買取実績を誇り満足度も非常に高い買取業者です。国内・海外に豊富な販売網を持ち、高年式の新しい車両から低年式の古い車両まで高価買取が期待できます。北海道でトラック・重機・バスを高額売却したい方はトラックファイブでまずは無料査定を試してみましょう。
⇒詳しくはコチラ
カネタグループ (株)金田自動車 
住所  〒071-8121 北海道旭川市末広東1条12丁目1-3
電話番号 0166-57-9911
 (株)金田自動車は北海道旭川市で新車販売・中古車・中古トラックの販売・買取から、中古トラック部品の販売、ロードサービス、車のドレスアップなどを行っています。
有限会社エヌ・トランス
住所 〒059-0011 北海道登別市常盤町3丁目2-1
電話番号 0143-84-6688
 有限会社エヌ・トランスは北海道登別市で新車・中古車の販売・買取、自動車整備・板金塗装、国産車から輸入車まで、販売・買取に対応可能
株式会社マシン・プロフェッショナル 
住所 〒062-0051 北海道札幌市豊平区月寒東1条19丁目2-72
電話番号 011-374-4468
 株式会社マシン・プロフェッショナルは北海道札幌市豊平区で建設機械の販売・買取・レンタルを中心とした業務を行っています。中古トラックの買取・販売にも対応可能。
 有限会社会田車輌
住所 〒061-1264 北海道北広島市輪厚706
電話番号 011-377-4832
 有限会社会田車輌は北海道北広島市で主に事故車・廃車の買取、リサイクルパーツの販売を行っています。乗用車・トラック・バス・重機の廃車・不動車・事故車・故障車の買取に対応
株式会社協栄車輌本社札幌工場
住所  〒003-0849 北海道札幌市白石区北郷2405-25
電話番号 011-875-7977
 株式会社協栄車輌本社札幌工場 札幌市白石区 自動車の解体業・中古車の販売・買取、中古自動車部品の販売、廃車・事故車の買取、レンタカー、ロードサービスなどを行っています。
株式会社オートプラウディア
住所 〒004-0812 北海道札幌市清田区美しが丘2条9丁目1-4
電話番号 011-375-8914
 株式会社オートプラウディア 北海道札幌市青田区 新車販売・中古車販売・中古トラックの買取・車検・自動車整備・除雪作業・運送事業を行っています。
株式会社RV&4WD四輪館 
住所  〒007-0828 北海道札幌市東区東雁来8条2丁目1-8
電話番号 011-792-2444
 株式会社RV&4WD四輪館 北海道札幌市東区 中古車の販売・買取を行っています。販売している中古車に関しては全台、日本自動車鑑定協会の鑑定書が付いており、高い満足度が期待できます。
建設機械マーケット
住所 〒061-1374 北海道恵庭市恵み野北3丁目1-1-E214
電話番号 0123-36-4000
 建設機械マーケットは北海道恵庭市で建設機械・フォークリフト・各種クレーン・トラックの買取を行っています。エンジンなどの部品のみでも買取り可能。
有限会社北日本アクティブ
住所 〒007-0827 北海道札幌市東区東雁来7条2丁目13-13
電話番号 011-789-8666
 有限会社北日本アクティブは北海道札幌市でバッテリーの販売・買取・メンテナンスを中心に、中古フォークリフトの販売も行っています。トラック・重機の買取については要問合せ。
株式会社ワールドピーストレーディング 
住所 〒078-8253 北海道旭川市東旭川北3条5丁目3-39
電話番号 0166-74-4224
 株式会社ワールドピーストレーディングは北海道旭川市でトラックなどの買取、不要になった事故車・不動車・故障車なども買取可能で自走不能の車両でも無料で引き取り買取してくれます。基本的にエンジン付きの機械は何でも買取可能。
車買取専門ウルナビ
住所  〒007-0827 北海道札幌市東区東雁来7条2丁目13-13
電話番号  0120-422-000
 車買取専門ウルナビは北海道札幌市東区で普通車からトラック・重機などの商用車全般の買取に対応。その他、自動車に関連する業務全般を行っています。
株式会社オートショップさくら 
住所 〒049-0111 北海道北斗市七重浜5丁目16-3
電話番号 0138-76-3616
 株式会社オートショップさくら 北海道北斗市 中古車・中古トラックの買取・販売・リサイクル等を行っています。
株式会社 林車輌 
住所 北海道石狩市緑苑台東3条3丁目253番地
電話番号  0120-727-704
 株式会社林車輌は北海道石狩市で中古トラック・バスなどの買取を行っています。カーリースなども行っています。重機の買取に関しては要問合せ。
道北大雪販売センター 
住所 〒070-8071 北海道旭川市台場1条1丁目159-1
電話番号 0166-63-2008
 道北大雪販売センターは北海道旭川市で中古トラック・中古建設機械・中古重機の買取・販売を行っている会社です。農機具・除雪機などの買取にも対応してくれます。
北海道トラック販売株式会社
住所  〒061-3241 北海道石狩市新港西3丁目
電話番号 0133-72-1009
 北海道トラック販売株式会社は北海道石狩市で自動車の販売・買取や修理、産業車両のリース・レンタルなどを行っている会社です。
有限会社オートワタナベ商会
住所 〒003-0859 北海道札幌市白石区川北2293-21
電話番号 011-871-2609
 有限会社オートワタナベ商会は札幌市で自動車の中古パーツの販売、廃車・故障車・不動車の買取、中古トラック買取・中古重機買取、自動車解体業を行っている会社です。
 株式会社アジアディーゼル
住所 〒060-0031 北海道札幌市中央区北1条東8丁目1-3片岡商事ビル2F
電話番号 0120−828−109
 株式会社アジアディーゼルは北海道札幌市中央区で中古トラック・中古重機・農機具の買取・販売を行っています。

北海道の産業について

北海道は言わずと知れた日本を構成する4つの主要な島の一つであり、その中でも本州に次ぐ面積と最も低い人口密度を誇っています。事実人口530万と聞けば多いように感じるかもしれませんが、あれだけの面積に兵庫県以下の人しか住んでいないのです。

そして北海道は山が多い日本においては異例な程に、広大な平地を持っています。日本の農業はどうしても面積の関係で限界があるものですが、北海道においてはその限りではありません。北海道の広大な平地は、破格なまでに農業に有効活用できるのです。

それゆえ北海道は日本最大の穀倉地帯であると言えるのです。農業産出額や食料自給率を見ればそれは顕著でしょう。農業産出額においては2位位以下の都道府県に対して倍以上の差をつけていますし、食料自給率も200パーセントを超えています。北海道は現状の生産量だけで1000万人を超す人口を軽く養うことができるのです。

もしも日本が海外からの食料輸入がなくなったとしても、北海道だけならば容易くやっていけます。
と、このように農業が強い北海道ですが、産業の構造を見ていくと、意外な結果が現れます。

農業などを示す第一次産業は僅か4%にも満たないのです。しかし、これは日本の平均の倍以上の割合です。しかし、その僅か4%で1000万人の人口を養えるだけの食料を生み出しているのです。さらにこれらの農業は、北海道道東や道北という北海道の中でも田舎とされる地域がささえています。

工業などの第二次産業は15%程度と全国平均より10%ほど低いです。これは北海道が日本の国の一部となったこと自体が遅く、歴史的に工業地帯としては開発がなされてきていなかった事に由縁します。

また、昭和時代以前に栄えた鉱山もその大半が締まっており、第二次産業の根幹を欠いている状態にあるのです。これらの産業は函館を中心とした道南エリア、北海道の中でも比較的に古くから日本とつながりのある場所が中心となっています。

そして第三次産業、いわゆるサービス業などですが、これが80%以上と圧倒的に高く、全国の平均をゆうに上回っています。最も大きいのは人口200万人近くを占める札幌市の存在でしょうか。

しかし、経済に占める割合が第三次、第二次、第一次の順に小さくなっていくのは、日本全国の特徴と合致します。

穀倉地帯のイメージが強い北海道ですが、結局のところその経済の構造そのものは日本全国のそれと同じなのです。むしろ第三次産業が盛んなことに驚く人も多いのではないでしょうか。

しかし、それでも4%という数字は日本においては破格であり、その4%こそが北海道最大の強みであると言えます。北海道の4%から生み出される農業産出額は日本全国の12%を占めているのです。

北海道は偉大な都道府県だと言わざるをえないでしょう。