もしかして、あなたはトラック・重機・バス・フォークリフト・クレーンなどの売却に関して以下のようなことでお悩みではないですか?

  • ディーラーの下取価格にガッカリ
  • 出来るだけ高値で売却したい
  • 現金が必要なので急いで売却したい
  • どこで売ればいいか悩んでいる
  • 忙しくて時間がない
  • 自宅・会社にある不要なトラックや重機などの処分に困っている

あなたが、このようなことでお悩みのようでしたらトラック買取業者を利用することで悩みは解決できる可能性が非常に高いです。

トラック買取業者をおすすめする理由

トラック買取業者はトラック・重機・バス・フォークリフト・クレーンといった商用車全般を専門に買取している業者です。近年、海外の発展途上国で日本の中古トラックや中古重機が非常に人気なこともあって日本国内には多くのトラック買取業者があります。

トラック買取業者をおすすめする理由は以下の通りです。(※当サイトが紹介しているトラック買取業者)

  • 豊富な販売ルートでどんな状態の車両でも高価買取
  • 急いでいる方も安心!即日現金買取りは当たり前
  • 自宅に居ながらパソコンやスマートフォンで簡単に査定依頼ができる!
  • 売却時に面倒な書類の手続きも無料で代行
  • 売却した車両の引取料・陸送費などは完全無料
  • ディーラーでは敬遠される低年式車・過走行車・事故車・不動車・故障車などどんな状態でも買取対応してくれる

このようにトラック買取業者を利用するメリットは非常に大きく、あなたの悩みもきっと解決することができるでしょう。

石川の方におすすめ!優良トラック買取業者4選

トラック買取業者がおすすめな理由はお分かりいただけた思いますが、トラック買取業者ならドコでもいいというわけではありません。中にはしつこく営業電話をかけてくる悪質な業者もありますので注意が必要です。

そこで当サイトでは、石川県内の以下の地域で利用できトラック・重機・バスなどの高価買取が期待でき、さらに安心して利用できる優良なトラック買取業者・重機買取業者・バス買取業者をそれぞれ厳選して4社ご紹介します。

金沢市・七尾市・小松市・輪島市・珠洲市・加賀市・羽咋市・かほく市・白山市・能美市・野々市市・能美郡・河北郡・羽咋郡・鹿島郡・鳳珠郡
あなたがこれから売却する車両を少しでも高値で売却するコツは1社だけでなく2~4社のトラック買取業者で無料査定を受けてみることです。各社の査定額を比較することで一番高値で買取してくれる業者がすぐに見つかります!※無料査定は自宅に居ながらパソコン・スマートフォン・タブレットで利用でき1社あたり1~2分程度で査定依頼ができる無料のサービスです。

石川県の地元トラック買取店

インターネットを利用して石川県内にあるトラック買取店を調べてみたところ、以下のお店が見つかりました。トラック・重機・バスを少しでも高値で売却するコツは複数店で査定を受けてみることです。

以下のお店を一軒ずつ回るのは大変ですが、お近くの方は利用してみて査定額を確認してみるのもいいでしょう。

株式会社バイセル
住所 石川県金沢市間明町ホ71
電話番号 076-240-4050
 株式会社バイセルは石川県金沢市で自動車販売・カーリース・整備・車検・車椅子昇降装置販売などを行っている会社です。
⇒株式会社バイセル 公式ページ
マックス トラックセンターTUBOTA
住所 〒922-0406 石川県加賀市伊切町ヲ6-1
電話番号 0066-9703-2270
 マックス トラックセンターTUBOTAは石川県加賀市で中古トラックの販売・買取を行っている会社です。
株式会社 エー・エム・アイ
住所 〒923-0003 石川県小松市安宅町ヨ77番地
電話番号 0761-46-6277
 株式会社 エー・エム・アイは石川県小松市で中古建設機械・中古特殊車両の買取・販売・整備・レンタルを行っている会社です。
⇒株式会社 エー・エム・アイ 公式ページ
株式会社ヤマモト
住所 〒924-0011 石川県白山市横江町1138-1
電話番号 076-276-3922
 株式会社ヤマモトは石川県白山氏で中古車販売・買取や事故車買取、自動車部品の海外輸出、重機・建設機械・農機具の買取などを行っている会社です。
⇒株式会社ヤマモト 公式ページ
有限会社 京造自動車
住所 〒920-3122 石川県金沢市福久町ト43−3
電話番号 076-257-3849
 有限会社 京造自動車は石川県金沢市で大型車の販売や普通車販売、また中古車販売・買取を行っている会社です。

石川県の産業と観光産業の今後について

石川県の主な産業といえば、製造業があげられます。歴史ある石川県では多くの伝統工芸をはぐくんできたことを背景に、今日でも繊維・機械・食品など多岐にわたり製造業が盛んです。特にニッチなジャンルでの製造業の健闘が目立ち、それら製品の日本一のシェアを誇る企業が県内に50社以上あるということです。近年では発展するIT社会に呼応するかのように専門性の高い精密機械なども、多くの企業が製造に取り組んでいます。
製造業と並び、石川県の基幹産業として挙げられるのが、サービス産業です。加賀百万石で知られるように、石川県は古くから歴史ある土地として、観光客が世界中から訪れており、サービス業がおのずと発展していきました。
製造業、サービス業に次いで産業別構成比の割合が高いのが、不動産業、小売り・卸売業です。小売業の県内でのトップに君臨しているのが、石川県のほか中部地方にチェーン展開するドラッグストア、クスリのアオキです。売上高は1350億円にも上ります。
その他、農業、林業、水産業などの一次産業は全体の3.2%程度です。

石川県で今後も発展をすると見込まれているのが観光産業です。これに大きく貢献しているのが、2015年に金沢まで開通した北陸新幹線です。東京金沢間を約2時間30分で結ぶこの新幹線がもたらすものは小さくないと期待されており、実際に首都圏からも多くの観光客が訪れています。石川県の中核都市・金沢市には全国的にみても注目される観光スポットが複数あり、観光都市としても存在感を放っています。金沢という魅力ある観光都市があることで、石川県への来県動機を高め、結果的に石川県の観光客増に寄与していることでしょう。

また、観光産業として発展を目指すならば、インバウンドにも目を向けなければなりません。多くの外国人観光客は、成田空港や羽田空港など、石川県外の空港を利用して入国するのがほとんどです。それらの観光客が北陸地方に足を運ぶとなると、それ相応の観光地としての魅力が必要となりますが、石川県には外国人受けする多くの伝統工芸が各地域にあり、また、金沢市の歴史ある街並みも、外国人にとって日本を感じることのできる魅力ある観光地と言えます。

観光地として、石川県だけではなく富山・福井両県と北陸地方全体で盛り上げることが出来れば、より多くの観光客を見込めると思われます。また、最近では北陸・中部地方の観光ルートを龍に見立てた「昇龍道」という広域の観光周遊ルートがあり、これは特に外国人観光客をターゲットにした観光モデルのプロジェクトです。観光ルートを龍が昇っていく姿に例えたもので、石川県の能登半島が龍の頭の位置になります。このように他県との連携もあり、国内外へ観光地としての魅力を存分にアピールしています。

2020年には東京オリンピックを控えており、多くの外国人観光客が今後も日本を訪れることだと思います。新幹線が開通し、石川県は首都圏から気軽に行ける観光地になりました。今後もより多くの観光客が石川県に訪れることが期待され、それにともない観光産業の発展が見込まれます。石川県を支える産業は数多くありますが、その中でも観光産業を基幹とするサービス業がより存在感を高めていくことだと思われます。