岩手県は青森県・秋田県・宮城県と隣接しており面積15,275.01㎢で人口は約130万人です。2006年の農林水産統計によりますと、岩手県の農業産出額は2544億円で、職業自給率106%で自給率100%を超える数少ない県です。

岩手県と言えばわんこそば・リアス式海岸・中尊寺(金色堂)・北上川などが思い浮かびますよね。

そんな岩手県でトラック買取・重機買取・バス買取をご希望される方で、「トラック・重機・バスを少しでも高く売りたい!」とお考えの方は、お近くのディーラーや販売店・地元買取店に相談する前に全国展開している買取専門業者に無料査定をしてあなたのトラック・重機・バスの査定額を確認してみてはいかがでしょうか?

全国展開しているトラック・重機・バスの買取業者の無料査定をうまく利用して、あなたが売却する車両の買取価格を調べておくと、損をすることなく売却することが出来ます。

ディーラーや地元買取店で査定を受けると断りづらくなって、安く売却してしまう方が非常に多いようです!事前にトラック買取業者の無料査定であなたが売却する車両の買取価格を確認しておきましょう!

岩手県の方におすすめしたい 優良トラック買取業者4選!

盛岡市・宮古市・大船渡市・花巻市・北上市・久慈市・遠野市・一関市・陸前高田市・釜石市・二戸市・八幡平市・奥州市・滝沢市・岩手郡・紫波郡・和賀郡・胆沢郡・西磐井郡・気仙郡・上閉伊郡・下閉伊郡・九戸郡・二戸郡

岩手県内の上記地域でトラック・重機・バスといった商用車を高値で売却したい方のために、日本中に数あるトラック買取業者の中から岩手県内で利用でき高価買取が期待できる優良なトラック・重機・バスの買取業者を厳選してそれぞれ4社ご紹介します。

これからご紹介する買取業者は全国的にも有名でお客様満足度の高い優良なトラック買取業者です。岩手県内でトラック・重機・バスの売却でお悩みの方、まずは無料査定を試してみましょう。

岩手県内のトラック買取店

岩手県内でトラック買取に対応してくれるお店が7軒見つかりました。他の都道府県に比べると岩手県はトラックの買取店が非常に少ないです。

以下の店舗がお近くにある方は利用してもいいでしょう。しかし、一社査定はリスクが大きいので事前にこのページでご紹介しているようなトラック買取業者で無料査定を利用して買取価格を確認しておくことを強くおすすめします。

株式会社アルティメットプランニング
住所 〒027-0024 岩手県宮古市磯鶏1丁目1−28
電話番号 0193-77-3421
岩手県宮古市にあるアルティメットプランニングは中古車全般の販売・買取に対応してくれるお店です。重機の買取についてはお問い合わせください。
株式会社昇和自動車釜石営業所
住所 〒026-0055 岩手県釜石市甲子町第8地割300
電話番号 0193-55-4082
岩手県釜石市甲子町にある昇和自動車はトラックの販売・買取・レンタル・コンプリートなどを行っているお店です。またトラックの整備・修理・ボディー架装なども行っています。
株式会社リトラス東北支店
住所 〒028-3101 岩手県花巻市石鳥谷町好地第2地割546−1
電話番号 0198-29-4631
岩手県花巻市石鳥谷町にある株式会社リトラスは中古トラックの販売・買取や中古トラックのリニューアル、トラックパーツのリサイクル、エンジン・トランスミッションのリビルト事業などを行っている会社です。重機の買取に関してはお問い合わせください。
CarリフレッシュIwa
住所 〒027-0024 岩手県宮古市磯鶏1丁目1−28
電話番号 0193-77-3421
三陸パーツセンター
住所 〒028-1361 岩手県下閉伊郡山田町織笠第15地割21−1
電話番号 0193-81-1155
有限会社サンセレクトイーストジャパン
住所 〒029-4205 岩手県奥州市前沢区照井舘1−2
電話番号 0197-56-5680
丸奥自動車工業株式会社
住所 岩手県下閉伊郡田野畑村菅窪6番地
電話番号 0194-37-3000

岩手県の産業の概要

岩手県は御存知のように本州の都府県では最大の面積を誇りますが、沿岸地域はリアス海岸を呈しているし、内陸は山間地ということで、かつては、経済や産業に関しては殆んど無いようなことを自認していたようです。

しかし、歴史的には北上川界隈の1次産業のみであったが、近代においては東北新幹線や東北自動車道などの整備や開通に伴って、大手の各企業が進出してきて経済活動も盛んになり、これまでにトヨタ系の自動車会社・生産工場、更には東芝系企業のIT産業の工場や富士通などの誘致にも成功しているようです。

岩手県の第一次産業

先ず、農業では広大な農地面積を有していて農業資源にも恵まれていて、古来より各地域の特性を生かした多彩な農業の展開や各種の農産品が生産されていて、本州では有力な食料供給基地としての役割を担っています。
又、林業では全国一の広大な面積を活かし、其の中でも森林面積や林業経営の育成や整備を進めています。

岩手県の第二次産業

第2次産業は、一般には鉱工業の生産や製造業の製品出荷高、其れに建設業関連のことをいいますが、近年では其れにIT産業の分野も小産業に属するでしょう。
其の岩手県の産業といえばやはり歴史的にも製鉄産業があげられるでしょう。 釜石の製鉄はわが国の近代鉄産業発祥の地とのされていて、過去のラグビーでも名を馳せた「釜石製鉄所」は日本の製鉄鉄鋼産業の先駆けとも言われています。

岩手県の第三次産業

第3次産業といえばサービス産業を主体とした情報や金融、小売業、其れに観光産業のことになるでしょう。 其の岩手県内の観光産業と言えばやはり歴史遺産に代表される「世界遺産」ということになるでしょう。 其の世界遺産は「平泉―仏国土を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」ということで、平安期の藤原時代の面影を残しながら、平泉を中心とした中尊寺、毛越寺、観自在王院跡、無量光院跡などなど毎年、多くの観光客が訪れてきます。

まとめ

岩手県沿岸は先の東北大震災で大きな被害を出しているが、三陸鉄道に見られるように急激に回復の足音が聞こえてきます。岩手県は、また歴史的のも平安期からの藤原時代の遺産群が残る地域でも有り、多くの観光拠点として今後も多くの観光客を呼び込むでしょう。

岩手県は国内の都道府県としては北海道に次いで2番目に広く。県人口は凡そ130万人で、内陸部の北上盆地に集中しているところです。 県内の地理的特性は盆地と海岸部以外は山地や丘陵地が多く、緑豊かな県である。

江戸時代は、地域的には伊達藩北部と南部藩南東部で構成されていたが、実は此の呼称としての「南部」は地理的な方角の意味でなくて、南部氏という歴史的な人名から来ているのです。