ユンボの画像ショベルカーやブルドーザーなどにはそれぞれ免許があり自走可能な重機にはそれぞれ免許が必要になります。

重機における自走とは自らその現場まで移動する動力を有している重機の事を指し動力にはエンジンやバッテリーなどを利用して車などのように別途運転技術が必要になる物を自走式重機と呼びます。

この場合、ショベルカーやブルドーザーなどがそれに当たります。ショベルカーやブルドーザーが公道を走っていない理由ですが、ショベルカーやブルドーザーなどは建設現場用の重機ですので行動を走ることに関しては法律で許されていないため、現場まで移動する際、トラックなどに載せて移動をさせます。

では非自走式重機の場合はどうかと言いますと、まず非自走式重機の説明からしましょう。

非自走式重機の定義ですがまず、自らが現場まで移動する能力を持たないことが前提になります。この場合、エンジンなどの他に車輪など動力となる物がない点と動力を伝える物が無い点などが非自走式重機であるという前提になります。

代表的な重機ですと、作業用のクレーンなどで自走が出来ない物は非自走式重機となり固定されているものはすべて非自走式扱いになります。ですが、クレーンの中には車両とドッキングして自走可能なクレーンなどがありそういったものは自走式の重機となり扱い方が変わるため免許も変わります。

ややこしい非自走式免許

非自走式の免許ですがかなりややこしい部分があり、先ほどクレーンで自走不可のクレーンについて言いますとあれはクレーン技術者の免許となり、非自走式基礎工事用建設機械運転者の免許では動かすことが出来ません。

非自走式重機の免許ですが色々ありますが基礎的な工事をするものが一般的で工事用の杭打ち機などがその代表的な重機になり、こちらは自走できない上に工事の基礎を作ることのみしか出来ないため非自走式基礎工事用建設機械運転者の免許で動作させることができる重機となります。

クレーンの場合は吊り上げる物体の重さに対しての責任を問われるため別途免許制度を設けているためクレーンに関しては移動式ではないものでもクレーンの免許を所得する必要があります。

非自走式基礎工事用建設機械運転者の資格はあくまで工事の基礎の作業を執り行えるだけで他の重機に対してはそれぞれ免許が必要になるので注意が必要です。しかし、重機の中には丸のこのように切断だけするといった具合に扱うだけでは免許は必要ではない重機などもあり免許についてはかなりややこしくなっています。