重機とは、建設や農業など様々な場面で人の力では難しい作業をこなしてくれる機械のことです。車のように操縦できるタイプのものが多く、とてもパワフルな作業を軽々と行う頼もしさで人々の生活を支えてくれています。そんな重機にはいろんな種類が存在します。

このページでは私たちの身近な工事現場や建設現場などで活躍する重機の中でショベルカーとクレーンをご紹介します。

ユンボ・油圧ショベル・バックホーと呼ばれるショベルカー

最もポピュラーな重機がショベルカーです。タイヤの部分がキャタピラ状になっており、操縦席の横から延びる長いアームの先に様々な形状のアタッチメントと呼ばれるパーツを取り付けて作業します。

ショベルカーのアタッチメントについての参考記事

ショベルカーの先端に着く色々なアタッチメント

ショベルカーの画像ショベルカーは他にもユンボ・油圧ショベル・バックホーなどといった呼び方があり、親しまれています。製造販売メーカーからは、油圧ショベルという名称で紹介しているケースが多く見かけられます。

日本国内に限らず、世界中で活躍している重機ですが、アームの先に付けられたアタッチメントで一般的なのがバケットです。スコップの先を深くしたような形をしており、土や砂利などをすくって中に詰めたまま、機体やアームを動かして別の場所へ置く・入れる作業を行うのが得意です。

地面から地面だけでなく、ダンプやトラックの積荷部分に直接入れることもできる、細かな動きも可能です。土や砂利などをすくう作業の他、バケットの先端部分でひっかくようにして壁や崖を崩すといった作業もできます。

ハサミ状のアタッチメントを取り付けることで、すくう以外にも挟んだり捻じ曲げたり、吊り上げたりといった作業が可能です。珍しいものでは磁石のアタッチメントをつけたショベルカーも存在します。

解体現場で作業するショベルカーの画像スクラップ工場や解体作業の必要な現場などで、磁石にくっつく性質を持つ金属片などを一気にまとめて運ぶことができるすぐれものです。

ショベルカーには大型のものから狭い敷地でも動かせる小型のものまで存在し、器用な動きができることから一般的な仕事で使われるだけでなく、土砂災害や建物が崩壊するなどして生き埋めになった人を助ける際に使われることもよくあります。

ショベルカーの国内シェアを見るとトップがコマツ、続いて日立、コベルコなどのメーカーが人気です。

様々なステージで活躍するクレーン

クローラークレーンの画像クレーン車は高い場所で作業する際に便利な重機です。大きな機体で縦方向へも長く延ばせるクレーンを支えます。比較的大きな重機ですが、やや大きめのトラックの操縦席と積荷部分の間付近にクレーンがついたコンパクトな重機も存在します。

トラッククレーンとも呼ばれます。ホイールクレーンは操縦席の横にクレーンがついたタイプのもので、クレーン部分が伸び縮みするのを利用してコンパクトに収納できます。工事現場で見かけることが多いタイプのクレーン車です。

クローラークレーンはタイヤ部分がキャタピラ状になっているものです。通常のタイヤでは走行が難しい、不安定な場所でも作業できるのがメリットです。

クレーンが活躍する場面は、ビルやマンションなどの高い建物の建設現場、橋の工事や船から積荷を移動させるときなどです。鉄筋や木材などに丈夫なワイヤーを取り付けて、クレーンで吊り上げたり吊り下げたりします。クレーンの根元付近が360度回転するものも存在し、いろんな方向へ運べるのが便利です。

重機の中でも比較的単調な作業が多く耐久性の高い種類とされています。人気のメーカーとしてKATOや日立、コベルコ、住友重機などの名がよくあがります。