香川県のトラック買取・重機買取・バス買取の対応地域

香川県
人口 969,173人(推計人口、2017年5月1日)
面積   1,876.73km²(境界未定部分あり)
人口密度 516人/km²
県庁所在地 〒760-8570 香川県高松市番町四丁目1番10号

香川県のトラック・重機買取について

香川県でトラック買取・重機買取・バス買取をご検討中の方で、「トラック・重機・バスを少しでも高く売りたい!」とお考えの方は、お近くのディーラーや販売店・地元買取店に相談する前に全国展開している買取専門業者に無料査定をしてあなたのトラック・重機・バスの査定額を確認してみてはいかがでしょうか?

このページの後半に香川県内のトラック・重機買取店もご紹介しますが普通車の買取店と違ってそれほど多くの買取店があるわけではないので買取店を選ぶのも大変です。その点、大手の買取店はインターネット経由の査定依頼ができるので非常に便利です。買取実績に優れた買取店を4社ご紹介しますので高く売りたい方は利用してみてはいかがでしょうか?

トラックファイブ

創業15年のトラックファイブ満足度・買取実績ともに文句なしのトラック・重機の買取専門業者です。自社独自の幅広い再販ルートを保有しているので新しい高年式の車両から古い低年式の車両まで高価買取が期待できます。

買取対応エリア 日本全国すべての地域
支店 日本全国8カ所に直営支店
出張査定・買取 無料
即日現金買取 対応可能
買取対応形状 トラック・重機・バス・フォークリフトなど
買取実績・その他
  • 年間買取台数10000台以上
  • 累計買取金額500億円オーバー
  • 買取成約率95%

トラック王国


トラック王国も非常に満足度の高いトラック・重機の買取専門業者です。またトラック王国は買取と販売の両方を行っているトラック買取業者で買取したトラックや重機の一部を自社で販売しています。さらにトラック王国は海外の100を超える地域に再販ルートを保有しており世界相場を基準にあなたのトラック・重機・バスを査定してくれますので、かなりの高価買取が期待できます。

買取対応エリア 日本全国すべての地域
支店 日本全国に5カ所に自社販売展示場
出張査定・買取 無料
即日現金買取 対応可能
買取対応形状 トラック・重機・バス・フォークリフトなど
買取実績・その他 利用者満足度90.3%

トラック買取.com

トラック買取.comもダンプを高価買取してくれる可能性が非常に高いトラック・重機の買取業者です。公式ページにて「利用者様が安心して利用できるようにしつこい営業は一切いたしません!」と宣言している優良な業者です。

買取対応エリア 日本全国すべての地域
出張査定・買取 無料
即日現金買取 対応可能
買取対応形状 トラック・重機・バス・フォークリフトなど

関東トラック販売

関東トラック販売
関東トラック販売はトラック王国同様に買取と販売の両方を行っているトラック・重機の買取業者です。査定の対応も早く自社で販売も行っているので国内相場に左右されず安定した高価買取が期待できます。

買取対応エリア 日本全国すべての地域
出張査定・買取 無料
即日現金買取 対応可能
買取対応形状 トラック・重機・バス・フォークリフトなど

香川県内の買取対応エリア

ご紹介したトラック買取業者は香川県内の以下の地域が買取の対応可能な地域です。お住まいの地域が以下の地域に含まれていない場合でも買取り可能な場合がありますのでお問い合わせください。

香川県内の買取対応エリア
高松市・丸亀市・坂出市・善通寺市・観音寺市・さぬき市・東かがわ市・三豊市・小豆郡・木田郡・香川郡・綾歌郡・仲多度郡

香川県内のトラック・重機買取店

香川県内にある地元トラック・重機買取店を調べてみた結果、以下の買取店が見つかりました。地元買取店を利用される場合は参考にしてください。

有限会社 向陽自販
香川県のトラック買取 有限会社向陽自販香川県高松市三名町385(本店)
TEL:087-888-3333
FAX:087-889-1331昭和58年設立の有限会社 向陽自販は香川県高松市にある会社で、新車・中古車の販売、中古トラックの販売・買取・輸出、自動車修理、板金などを行っている会社です。公式ホームページ:http://www.koyojihan.com/
向陽自販 トラックスジャパン店
トラック買取 向陽自販 トラックスジャパン高松市鬼無町鬼無1044-1
TEL:087-875-0333
FAX:087-875-0377有限会社 向陽自販のトラックスジャパン店は中古トラック・建機・重機の専門店で買取・販売を行っています。公式ホームページ:http://www.koyojihan.com/

香川県内における主要な産業について

香川県内においての主要な産業について触れる前に、ここでは現在の同県内においての、産業割合の実態について触れていきます。
香川県の場合、同県組織の調査によると、漁業の養殖業が約20.4%、畜産業全般が約14.5%、漁獲業が約11.2%、鉄鋼製造業が約9.0%、医療・福祉分野が約8.5%、食品生産業が約7.3%、その他約37.4%という、各種産業割合比率になっています。

今の話した産業割合に関してのデータ自体は2011年度のものになりますが、農林水産省や経済産業省、その他各種民間調査会社によるデータなどの内容も近い割合内容ですので、ほぼ、正確性があるものと言えます。
ただし、現在は2018年度の6月であり、割合の順位が変更されている可能性も確かにありますが、養殖業が首位である点は現在でも同じとの事ですので、この点を踏まえながら次の段落での内容を、具体的に記述していくようにします。

香川県で特に盛んな産業について

先程の1.の段落内でも話したように、首位が漁業関連の養殖業20.4%になっていますが、これ自体は現在の2018年度でも同じという現状です。
この養殖業がやはり、現在の香川県内の主要産業である事には間違いがありません。

そして意外にも、こうしたうどんの産地でもある香川県にも関わらず、農業分野での穀物生産業の割合が、約12%程度しかないところという実態がありました。
これにはやはり、香川県こと讃岐地方一帯が、元々大きな河川や湖沼が非常に少なく、中々農業には適さないといった土壌の実態が古代の頃からありました。
そうした事情から、江戸時代以降以来の魚貝類を中心とした養殖業が盛んになってきた歴史的な経緯があります。

このような古代以来の、養殖業を中心とした主要産業としてのあり方自体はまさに、そこの地域に住む人々が生きていく上で、編み出された生活としての知恵がデータとしての形で現れたものである事が分かります。
この海洋養殖業が主要産業であるといった首位である地位はこれからも変わらない傾向がありますが、その代わり、食品生産業が農業関連の産業を抜いて6位になってきている様相になっています。

事実、名古屋市などと並ぶうどんの産地としてのブランドの高さもあり、讃岐うどんなどはもはや、香川のトレードマークと言われているところもありますので、今後もこれを中心にした食品製造業の割合比率は引き続き上がっていくものと考えられます。

まとめ

以上の内容が「香川県内における主要な産業について」の一部始終になります。もう今年で2018年の6月中旬といった時期になりますが、やはり、瀬戸内海に面した香川県という土地環境のあり方がありますので、古来からある魚貝類の養殖業といった主要産業のあり方は、これからも首位としての地位にあるものと思われる傾向があります。
そして、農業関連の割合を抜いた、食品生産業の分野も決して無視出来るものではありませんので、これから同県内で、どんどんその産業割合の比率が高くなっていくものと考えられる余地は、十分にあります。