トラック・重機・バスを売る場合、普通車と違って商用車専門の買取店はそれほど多くありません。さらに熊本県内には他の都道府県と比べると地元トラック買取店が少ないようです。

そのため、ディーラーを利用している方が多く満足できる価格で売却でき来ている方は非常に少ないと思われます。

当サイトでは熊本県内の以下の地域でトラックなどの商用車の売却でお悩みの方に熊本県内で利用できる高価買取で有名なトラック買取業者・重機買取業者・バス買取業者を厳選してそれぞれ4社ご紹介します。これから、ご紹介する4社のトラック買取店は高価買取で有名なだけでなくお客様満足度の高い優良な買取店ばかりです!安心して利用することができますよ

熊本県内の買取対象エリア
熊本市・八代市・人吉市・荒尾市・水俣市・玉名市・山鹿市・菊池市・宇土市・上天草市・宇城市・阿蘇市・天草市・合志市・下益城郡・玉名郡・菊池郡・阿蘇郡・上益城郡・八代郡・葦北郡・球磨郡・天草郡

あなたが迷っている間にも売却する車両の
価値はどんどん下がっていきます!
まずはネットの無料査定!


熊本県内のトラック買取店

熊本県内のトラック買取店を調べてみたところ以下の買取店が見つかりました。地元買取店を利用する方は参考にしてください。

  トラックファイブ九州支店
住所 〒812-0011福岡県福岡市博多区博多駅前1-7-22第14岡部ビル2F
電話番号  0120-471-262
 熊本県の地元トラック買取店ではありませんが、お隣の福岡県福岡市にあるトラックファイブでは熊本県全域を買取対象エリアにしています。トラックファイブは全国8カ所に直営支店を展開する大手トラック買取業者で利用者満足度も高く、さらにトラック・重機・バスの高価買取で有名なトラック買取業者です。熊本県内でトラックなどを少しでも高く売りたいと考えている方に一番おすすめの買取業者です。まずは無料のネット査定をお試しください。
⇒トラックファイブ公式サイト
有限会社田島自動車商会
住所 熊本県熊本市北区梶尾町1557-1
電話番号 0120-247-960
熊本県熊本市にある「有限会社田島自動車商会」ではリサイクルパーツ販売・中古車販売買取(普通車・トラック・フォークリフト)・輸出などを行っています。
株式会社ビッグモーター熊本飛田店
住所 〒860-0084 熊本県熊本市北区山室5丁目6-20
電話番号 0120-344660
 熊本県熊本市にある「株式会社ビッグモーター熊本飛田店 」では中古車の販売・買取を行っています。
株式会社 パーツランド東部
住所 〒861-1115 熊本県合志市豊岡2000-158
電話番号 096-248-2333
熊本県合志市にある「株式会社 パーツランド東部」は軽・普通車から商用車・バン・2t・4t・大型トラック・特殊車両の買取を行っています。
株式会社南陽重車輌
住所 熊本県熊本市南区富合町志々水58-2
電話番号  096-357-2341
 熊本県熊本市にある「株式会社南陽重車輌」では新・中古トラックの販売買取、板金塗装・整備・修理・レンタカー業務などを行っています。
ARホシヤマ
住所 〒861-8002 熊本県熊本市北区龍田町弓削710
電話番号 096-337-8139
 熊本県熊本市にある「ARホシヤマ」では普通車・トラックの買取、中古自動車部品の販売などを行っています。
株式会社 コーゾーリレーションズ
住所 〒861-4113 熊本県熊本市八幡2丁目1058番地
電話番号 096-320-0575
 熊本県熊本市にある「株式会社 コーゾーリレーションズ」では乗用車・トラック・クレーン車・建設機械などの買取を行っています。
株式会社リトラス
住所 熊本県熊本市北区植木町鐙田1061-5
電話番号 096-273-1115
 熊本県熊本市にある「株式会社リトラス  熊本支店」では中古トラックの買取・販売、自動車・トラックパーツのリサイクル、大型エンジン・トランスミッションのリビルト事業などを行っています。

熊本県について

まず、熊本県といえば九州でも其の中西部に位置していて、その隣県としては北に福岡県、東に大分県、宮崎県、そして南には鹿児島県など佐賀県を除いてはすべの県に面しています。 特に海上では長崎県の島原や有明海や不知火海、そして東シナ海に面しています。 

地理的に有名なのが我が国でも最大級の阿蘇カルデラや其の中央部には今でも火を吹く活火山の中岳を持つ阿蘇山で、古代から其の阿蘇の象徴として「火の国」とも呼ばれ、転じて「肥の国」、肥後国とも呼ばれています。

この「肥の国」とも言われるように、今も熊本の産業を支える農産業も盛んで、熊本そのものを「肥沃で広大な土地」と「阿蘇周辺から湧き出す豊かな水」という温暖地ならではの特色を活かしているのです。

即ち、肥沃で広大な土地を有効活用した農作物では水稲の稲作をはじめ、各種の路地野菜や工芸作物といわれるい草(藺草;畳の材料)や葉たばこ(殆どがJTとの契約栽培)、それに果物類をはじめスイカやメロン、トマトのほか熊本みかんなど全国有数の生産量を誇り、東南アジア方面への輸出も盛んです。

熊本の主な産業

この様に第一次産業としての農産物をはじめ、其の他にも有明海や天草沿岸の海に面しているところでは海産物も多く、中でも車海老をはじめ真珠や海苔などの養殖も盛んに行われております。 熊本は畜産県でもあり阿蘇のカルデラの丘陵地を生かした肉用牛や乳用牛、養豚業など、そのほかにも小国地方や人吉球磨地方のスギやヒノキの林業など、農業以外の第一次産業も幅広く行われていて、これれは同時に自然や景観というのは観光資源にもなっているのです。

熊本の第 二次産業の特徴としては、著名な工業地帯というのは少なく小規模では有るが、半導体や其の関連機器等のハイテク産業や輸送用機械を中心に企業誘致を積極的進めてきた事も有って、企業の集積化がみられ効率的な生産量を誇っています。特に県内の製造品関係の出荷も電気機械、輸送用機械や汎用機械等の 3 業種の総出荷額全国の県平均を上回っているようです。

又、第 三 次産業の特徴は商業活動や金融、サービス、それに観光産業等があげられますが、近世においては当県が九州における行政の拠点として発展してきた歴史的経緯もあって、概ね全国平均を上回っていることも知られています。 特に、県内における総生産に占めるサービス産業のウエイトは、全国的な平均よりもかなり上回っているし、其の中には政府主導のサービスや観光産業のウエイトも含まれているようです。 しかし、卸売り業や小売業のウエイトは残念ながら全国平均を下回っているとされています。

熊本の代表的な見所である熊本城

熊本城の画像さて其の熊本の第三次産業の目玉とされる観光産業といえば、熊本市や其の周辺各地になりますが、訪れる観光客は年間を通じると平均的にも6000万人(先般の大地震により一時的に激減したとも)を超えるともされています。

其の熊本の観光の象徴である「熊本城」は、大天守や小天守の二つの天守閣があり、其の石垣は「武者返し」といわれる広大な城壁に囲まれているのが特徴であり、近年では本丸御殿の完成で一層人気を集めて観光客も押し寄せています。

ところが先般において大きな地震に見回れて、其の熊本城も大被害を被りましたが、お城や其の城下は現在復興が進んでいます。 特に、人気の熊本城は市民を上げて急ピッチで回復が進んでいるようです。

ところで、この熊本城は日本一堅固なお城としても知られ、不敗のお城とも言われて人気が有るのです。 現在は(2018年度)NHKの大河テレビ「西郷どん」が放送されています。 明治維新時の西南戦争(熊本城の戦い)において熊本城のたてこもる官軍に向かって、其の西郷隆盛が指揮いる薩摩軍がいくら攻撃をかけても遂に落とさなかったとされ、其のときに西郷は「ワシは加藤の清正公に負けた」と嘆いたといわれています。

この熊本城は「加藤清正」(幼名が虎之助)が築いたことは周知ですが、戦国期に豊臣秀吉が九州地方を制覇した後に、秀吉の第一の家臣であったといわれた加藤清正に肥後一国を分け与えたことから、このお城を築きながら同時に熊本城下である今の熊本の礎を築いたともされているのです。

熊本の代表的な観光地・阿蘇の連山

阿蘇山の画像先ず初めに、熊本の第一の観光地である阿蘇連山を、先代の昭和天皇が訪れたとき、侍従の者が、「 陛下、あれが有名な熊本の阿蘇ですよ 」と説明したところ、陛下が「あっそ」と答えたというエピソードがあります。 この昭和天皇のユニークでユーモラスな返事に地元の新聞にも載ったともいわれています。

さて、其の熊本は又「火の国」ともいわれていますが、あの有名な女性の演歌歌手の坂元冬美さんが、「火の国の女」でも歌っていますよね。 其の「火の国」といわれる最も象徴的なところが、「阿蘇山」でしょう。 

阿蘇は日本一の大カルデラでも超有名なところですが、其の中心にある阿蘇連山や其の中心の一つでもある「中岳」では今も火を吹いていて所謂、「火の山」でもあるのです。 此れはまさしく「火の国」の熊本に相応しいところでもあるのです。

熊本の観光産業としての「まとめ」

やはり、熊本城の大天守閣から見る其の熊本城下と、遠方に望める阿蘇の連山は熊本の観光、そして産業を支える代表的な景観といってもいいでしょう。

熊本市、その他の周辺地域には水前寺公園(成趣園)など沢山の見所や観光名所もあり、又、天然温泉も阿蘇山系の麓には女性に人気の黒川温泉や、その他の温泉施設も数多くあります。