京都府でトラック・重機・バスなどの商用車を確実に高額で売却するなら、高価買取のトラック買取専門店を選ぶ事が重要です。買取してもらうお店選びに失敗してしまうと買取価格は非常に低くなってしまいます。

高価買取出来るトラック買取業者と、高価買取りできない業者では買取価格に30万円以上も差が出ることも珍しくないんです。確実に高価買取してくれる買取店を選びましょう。

京都の方におすすめ!厳選4社優良トラック買取業者

京都市北区・京都市上京区・京都市左京区・京都市中京区・京都市東山区・京都市下京区・京都市南区・京都市右京区・京都市伏見区・京都市山科区・京都市西京区・福知山市・舞鶴市・綾部市・宇治市・宮津市・亀岡市・城陽市・向日市・長岡京市・八幡市・京田辺市・京丹後市・南丹市・木津川市・乙訓郡・久世郡・綴喜郡・相楽郡・船井郡・与謝郡

当サイトでは京都府内の上記地域でトラック・重機・バスなどを「少しでも高額で売却したい」という方のために全国的に高価買取で有名な優良トラック買取業者・重機買取業者・バス買取業者を厳選してそれぞれ4社ご紹介します。

 高く売るコツは1社だけでなく複数社で無料のネット査定を試してみることです。各社の査定額を比較して一番高い査定額を提示した業者を選びましょう。

京都府内のトラック買取店

インターネットを利用して京都府内の地元トラック買取店を調べてみたところ、以下のお店が見つかりました。お近くの方は利用してみてもいいでしょう。

グランドトラックセンター
住所 〒621-0833京都府亀岡市東つつじヶ丘曙台4-6-14
電話番号 0120-007-220
 グランドトラックセンター は京都府亀岡市で中古トラック・中古建設機械・中古バス・特殊車両の販売・買取や、自社整備工場で車検・修理・架装などを行っている会社です。
共立自動車株式会社
住所 〒601-8114 京都府京都市南区上鳥羽南鉾立町36-1
電話番号 075-661-1233
 共立自動車株式会社は京都府京都市で中古トラック販売・買取・修理・架装などを行っている会社です。
森川自動車商事 
住所 〒612-0822京都府京都市伏見区深草鞍ヶ谷45-1
電話番号 075-643-1311
 森川自動車商事は京都府京都市で中古トラックを専門に買取・販売している会社です。
株式会社 仁平 HOLIC2172WORKS 
住所 京都府京都市上京区下石橋南半町50
電話番号 0120-928-671
 株式会社 仁平 HOLIC2172WORKS は京都府京都市で軽トラ・軽バンを専門に取り扱っている車屋です。
株式会社オートモービル・センショウ
住所 京都市南区吉祥院内河原町11番地
電話番号 (075)315-7453
 株式会社オートモービル・センショウは京都市南区で自動車販売・買取・修理・板金塗装・輸出などを行っている会社です。また株式会社オートモービル・センショウは中古トラックの買取にも対応してくれます。
シーワイ貿易株式会社 
住所 京都市伏見区横大路下三栖城ノ前町16番地-10
電話番号 075(621)8688
 シーワイ貿易株式会社は京都市伏見区で中古トラック(小型・中型・大型)・中古エンジン・中古部品・フォークリフト・発電機・建設機械・農作業機械の買取を行い、主としてフィリピンへの輸出を行っている京都本社の海外法人です。
北山自動車株式会社 
住所 京都市北区小山元町14-3
電話番号 (075)492-2517
 北山自動車株式会社は京都市北区で新車・中古車の販売・買取や自動車修理・板金塗装などを行っている会社です。
志摩機械トラックセンター
住所
〒624-0823京都府舞鶴市京田660-1( 西舞鶴トラックセンター)
電話番号 0773-75-3267 ( 西舞鶴トラックセンター)
住所 〒625-0057 京都府舞鶴市南浜町14-5(舞鶴自動車整備株式会社)
電話番号 0773-62-0753
 志摩機械トラックセンターは、京都府舞鶴市で中古トラック買取・販売、不可動車の買取、廃車手続・整備・板金塗装などをおこなっています。また志摩機械トラックセンターでは建設機械や農業機械の買取も行っています。
ドンヤ貿易
住所 〒614-8132京都府八幡市下奈良榊2-1
電話番号 075-972-0372
 ドンヤ貿易は京都府八幡市で中古車の販売・買取、重機買取、自動車輸出などを行っている会社です。

京都府の産業 種類別の特性について

京都の産業と聞くと、まず思い浮かぶのは観光業でしょう。古くからの寺社をはじめ、その周辺の自然も含め世界遺産も沢山あります。しかし、それ以外の産業はどうでしょうか。見ていきたいと思います。

京都府の製造業

京都府内では、昔から続く伝統産業が真っ先に思い浮かべられると思います。これらは製造業に入ります。

西陣織に始まり、京友禅、扇子やうちわ、京つげぐし、花かんざしから清酒、最近では帆布製カバンといった新しい物も人気があります。また、宮中に納める「御地赤」は、京都の職人にしか出せない赤だと言います。

このような伝統産業は、日本人の生活に根付いているもので、戦禍や都が東京に移ってからも職人さん達が高い技術を保ってきたものです。

京都府の農林水産業

京都府は北から南へと細長い地形をしています。そして、北は日本海、中部には産地、南は平野部が広がっているので、海、山、田それぞれで豊かな農林水産業が営まれています。

農業では宇治茶、京野菜、北山丸太等、京都の地域性を活かした産業が盛んです。
京都は農地の80%が水田なので稲作が中心です。しかし、現在は稲作の合理化が進み、その分京野菜や茶の生産に力を入れて収益を得ています。現在では米よりも野菜の方が産出額が多くなっています。

茶の生産量は毎年3,000トン弱で、これを加熱処理、仕上げをして煎茶や玉露、抹茶等になります。

乳用牛や鶏等の畜産は農業全体の21%程で、野菜、米に次いで多くなっています。

・京都府の森林は府内総面積の74%を占めます。京都市の北部から南丹地域は府内でも有数の林業地帯です。麿丸太といった木材生産は林業全体の60%超を占めます。その他に、栽培キノコ類が38%程、後は丹波まつたけ、丹波栗といった林産物も質の高いものが生産されています。

・海では対馬暖流に乗って日本近海を回遊するブリ、サワラ、イワシ、マグロ、ズワイガニ、カレイなどが取れます。
最近ではトリガイ、アワビ、イワガキの養殖業に取り組んでいます。

京都府の工業

地域で生産する物が違い、以下が京都府の主要な出荷物です。

丹後 鉄鋼・繊維
中丹 窯業・土石・ガラスやコンクリート、研磨剤、陶器
南丹 自動車・フォークリフト等の本体や部品・食料品
京都市内 飲料たばこ、飼料
山城 情報記録物・模型・自動車・フォークリフト

京都府の観光業

京都には、平成27年10月までに国が指定した国宝が50件、重要文化財が2,162件あります。

国宝・・・東寺(金堂・五重塔・大師堂・蓮華門)、上賀茂神社(本殿・権殿)、下賀茂神社(東本殿・西本殿)、二条城、清水寺(本堂)、仁和寺(金堂)等々です。

重要文化財・・・本願寺(鐘楼)、清水寺(田村堂・朝倉堂)、大徳寺(仏殿・法堂)、聖護院(書院)等々です。

これらの中には世界遺産に指定された物も多く、また、京都は昔から外国人の観光客も多いので観光業は賑わっています。
因みに平成27年の観光入込客数は8,748万人で過去最高を記録しています。

旅館業、お土産屋さん、観光タクシー、飲食業の他、舞妓さんの着物を着つけてくれるお店等観光客のニーズに合わせた職種が増えています。

まとめ

京都府と言えば、古くからの都で日本人の心の故郷とも言えますね。しかし、観光業だけでなく、製造業、農業、林業、漁業、工業なども全国的に見て決して劣ってはいません。特に輸送用機械である自動車やフォークリフトの製造が盛んであることにはちょっと驚きますね。
古き良きものを大切に守ると共に、新しいことへの挑戦も欠かさないのが京都府の産業ではないでしょうか。