チェックリストの画像車の名義変更に必要な書類ってなんだろう?

また、名義変更を車屋に頼んでする人が多いようですが、すごく簡単にできるってご存知ですか?

旧所有者と新所有者の必要な書類さえあれば、あっという間に終わります。

車の名義変更 車屋に代行してもらうと意外と高額な手数料を請求される!

先程少し触れましたが、車の名義変更って意外と簡単なんです。

私の母は専業主婦だったこともあり、時間に余裕があったため、家族が車の買い替えなどで名義変更が必要な時はすべて自分で陸運支局に出向き、自分で名義変更をやっていました。

そんな母の口癖が「あんな簡単な手続きにお金払うのもったいないね!」と陸運支局から帰って来る度にそう言ってました(笑)
その名義変更ですが、簡単に出来るにもかかわらず、名義変更を車屋などに代行してもらうと10,000円~30,000円もかかるそうです。
実際に、自分でやってみると「こんな簡単な作業に10,000円以上も代行料を取るのか!」と腹が立つほど簡単にできます。

必要な書類さえそろっていれば、陸運支局の受付の方が「次はこの書類を○番のカウンターに持って行ってください。」と次にすることを丁寧に案内してくれるので初めての方でも安心して名義変更をすることが出来ます。

必要な書類は、最寄の陸運支局に行けば丁寧に教えてくれますが、陸運支局は郵便局のようにどこにでもあるわけではありませんので、行くことが出来ない方もいらっしゃると思いますので、私の住んでいる町の陸運支局で確認した名義変更に必要な書類を詳しくご説明しておきますね。

ちなみに、陸運支局の方に確認したところ普通車も大型車も必要な書類は、同じということでしたのでトラックの名義変更などにも参考にしていただければと思います。
※私の住んでいる町の陸運支局で確認したことで、全国共通かどうかは分かりませんのでご了承ください。

車の名義変更に必要な書類

※車検の有効期限が切れている場合は申請出来ませんのでご注意ください
まず自動車検査証の所有者欄を確認してみてください。

自動車検査証に記載されている所有者の必要な書類等

  1. 自動車検査証
  2. 譲渡証明書(実印を押印したもの)
  3. 印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
  4. 実印(所有者本人が来られる場合)
    ※所有者本人が名義変更に来られない場合は実印を押印した委任状が必要です。

※自動車検査証に記載されている住所・氏名等が転居・婚姻等によって変わっている場合は、
現在の住所・氏名等とのつながりの分かる下記のいずれかの書類が必要です。

  • 住民票
  • 住民票(除票)
  • 戸籍謄(抄)本
  • 戸籍の附票
  • 住居表示変更通知書
  • 登記簿謄(抄)本

新しく所有者になる人の必要な書類等

  1. 印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
  2. 実印(本人が来られる場合)
    ※本人が来られない場合は実印を押印した委任状が必要です。
  3. 車庫証明
    (証明後40日以内のもの。所有者と使用者が異なる場合は使用者のもの)

所有者と使用者が異なる場合に使用者の必要書類

  • 使用者の住民票(発行後3か月以内のもの)
  • 使用者の委任状(使用者本人が来られない場合)

申請書等 他に申請書(OCRシート)・手数料納付書・印紙が必要
※陸運支局・検査登録事務所の近くで販売していますのでご確認ください。

自分で車の名義変更をした際にかかる費用

自分で車の名義変更をした場合、車屋さんに代行して発生する手数料などは一切かかりません。かかる費用はナンバープレートの変更をする場合としない場合で異なります。

  • ナンバープレートを変更しない場合  約 700円
  • ナンバープレートを変更する場合   約2300円

車の名義変更  その他

  • 他県等のナンバープレートが付いている場合は、ナンバープレートが変わりますので
    自動車の持ち込みが必要です。
  • これ以外にも相続・所有者が未成年の場合等、別に書類が必要な場合もあります。

以上が、名義変更に必要な書類と注意点です。

驚くほど簡単にできますので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

最後までご覧いただいてありがとうございました。
今後も役立つサイト作成を心掛け頑張っていきます。
↓応援クリックをお願いします↓

中古車・買取 ブログランキングへ