このページは三重県内の以下の地域でトラック買取・重機買取・バス買取を検討中の方で「出来るだけ高値で売却したい!」と考えている方に役立つ内容です。

津市・四日市市・伊勢市・松阪市・桑名市・鈴鹿市・名張市・尾鷲市・亀山市・鳥羽市・熊野市・いなべ市・志摩市・伊賀市・桑名郡・員弁郡・三重郡・多気郡・度会郡・北牟婁・南牟婁

トラック・重機・バスなどの商用車買取りについて

トラック・重機・バスなどの商用車は普通乗用車と違って買取相場というモノが確立されていません。そのため買取店ごとに査定額に大きく差が出てしまうことも珍しくなく、時には30万円以上も差が出ることもあります。

重要なことは売却先選びで、あなたが売却しようとしている車両を満足できる価格で買取りしてくれる買取業者を選びましょう。

買取した車両を再販する再販ルートを多く保有している業者を利用することで高価買取してもらえる可能性が高いです。

三重県の方におすすめ!厳選4社優良トラック買取業者

高く売るなら売却先選びが重要であることは先程ご説明しましたが「じゃあドコの業者を利用すればいいの?」と思う方もいらっしゃるでしょう。

そこで当サイトでは、三重県内で利用できるトラック買取業者の中から、トラック・重機・バスの高価買取が期待でき、さらに安心して利用できる満足度の高い優良なトラック買取業者・重機買取業者・バス買取業者を厳選してそれぞれ4社ご紹介します。

少しでも高値で売却するコツ

少しでも高値で売却したい方は1社だけでなく2~3社で無料査定をりようしてみましょう。各社の査定額には必ず差が出ます。その中から一番高額な査定額を選びましょう!※無料査定はパソコンやスマホなどで利用でき1社あたりわずか1~2分程度で査定依頼が完了します

三重県の地元トラック買取店

「地元のトラック買取店を利用したい!」という方のために、インターネットを利用して三重県内にあるトラック買取店を探してみました。

その結果、以下のお店が見つかりました。お近くの方は利用してみてはいかがでしょうか?しかしその場合の注意点として1社のみでなく複数店で査定を受けてみましょう。時間がない方は、このページでご紹介しているトラック買取業者の無料のネット査定を併用して一番高価買取してくれる業者を探してみるのもいい方法です。

トラック王国 中部展示場
住所 〒510-0868 三重県四日市市馳出1037-1
電話番号 0120-390-612
 トラック王国は日本全国5カ所に展示場を展開しているトラック・バス・重機・建設機械・フォークリフト・産業用機械などの買取・販売を行っている会社です。海外100を超える地域に再販ルートを保有している同社はかなりの高価買取が期待できる買取業者です。
⇒詳しくはコチラ
大成オート
住所 三重県松阪市小野江898-5
電話番号 0598-56-3153
 大成オートは三重県松阪市で中古トラックを専門に販売・買取・修理などを行っている会社です。
紀州屋
住所 〒514-0304 三重県津市雲出本郷1725-2
電話番号 0120-898-595
 紀州屋は三重県津市で中古車・中古トラック・事故車の買取を行っている会社です。
株式会社中部パーツサービス 
住所 〒512-1304三重県四日市市中野町2060-1
電話番号 059-339-8383
 株式会社中部パーツサービス は三重県四日市市で自動車ロードサービス、中古車買取・販売、事故車買取、中古トラック販売・買取を行っている会社です。
高野自販
住所 〒519-0313 三重県鈴鹿市追分町1708
電話番号 059-371-1086
 高野自販は三重県鈴鹿市で中古トラックの販売・買取を行っている会社です。
水谷商店
住所 〒510-0311三重県津市河芸町三行2563-2
電話番号 059-245-3700
 水谷商店は三重県津市で中古トラック・中古重機の買取を行っている会社です。
株式会社金山商会 
住所 〒510-0886三重県四日市市日永東1丁目2番5号
電話番号 059-345-2624
 株式会社金山商会は三重県四日市市で中古トラックの販売・買取、中古パーツの販売・輸出、自動車解体などをおおなっている会社です。

製造業や水産業、観光産業が盛んな三重県

三重県は紀伊半島の東側に位置しており、海や山など豊かな自然に囲まれています。水産業や農業、畜産業といった産業が盛んで、高級食材として知られる伊勢海老や松阪牛の生産地としても有名です。

また、三重県内にある四日市市には石油化学コンビナートが形成されており、工業都市として発展してきた歴史があります。四日市コンビナートはかつて高度経済成長期に四日市ぜんそくといった公害を引き起こしました。
そのため良くないイメージが定着してしまいましたが、現在では環境対策が進み東海地方の経済を支える地域になっています。

それから三重県では昔から伊勢神宮を中心とする観光業も盛んに行われています。江戸時代には「お伊勢参り」と呼ばれる伊勢神宮への参拝が大流行しました。その他にも三重県にはユネスコの世界遺産に登録されている熊野古道やF1日本グランプリが開催される鈴鹿サーキット、レジャースポットとして知られるナガシマリゾート、志摩スペイン村などもあります。

三重県の主要産業として挙げられるのは製造業です。製造業の製品出荷額は全国でも上位にあります。大手自動車メーカーが拠点とする愛知県に近いことから自動車関連の製品が高い割合を占めています。石油化学コンビナートによる化学工業も発達しています。昔に比べると様々な製品の高度化が進んでおり、先端産業をリードするようになりました。

三重県では観光産業も盛んに行われています。三重県伊勢市にある伊勢神宮は日本にある神社の最も上に位置する神社とされており、天照大御神と豊受大御神が祀られています。伊勢志摩地域に点在する大小様々な社によって形成されていて、長年受け継がれてきた建築技術や歴史、日本文化を垣間見ることができます。

日本経済のバブル崩壊後には観光産業が低迷した時期もありましたが、現在では伊勢神宮がパワースポットやヒーリングスポットとして注目されるようになり徐々に回復してきています。2016年には伊勢志摩地方で、先進国首脳会議(伊勢志摩サミット)も開催されました。

志摩半島には美しい砂浜が広がっており、海水浴やシーカヤックといったマリンレジャーなども楽しめます。三重県は水産業が盛んな地域としても知られています。南北に長い海岸線を有しており、木曽川が流れ込む伊勢湾や複雑なリアス式海岸の入り江が続く伊勢志摩、紀伊半島の東に広がる熊野灘など豊かな漁場が沢山あります。漁業の生産量や生産額は全国でも上位に入っており、養殖業なども行われています。マグロやカツオ、イワシといった魚の漁獲量が多く、伊勢海老の漁獲量も全国2位を誇っています。海苔やマダイ、ヒラメ、真珠などの養殖も行われています。

三重県は工業や観光業、水産業、畜産業など様々な産業が幅広く行われている地域です。その中でも製造業の割合が高く、技術の高度化も進んでいます。先端産業の分野も大きく伸びてきています。また、海や山に囲まれた地域で、豊かな漁場が沢山あります。そのため水産業も盛んで、高級食材として有名な伊勢海老の生産地としても知られています。伊勢神宮を中心とする観光業も盛んで、現在はパワースポットとしても注目されています。