トラック買取 宮城県

  • ディーラーの下取り価格が安すぎてガッカリしている。
  • トラック・重機を買い替えるため、少しでも高く売却して新しく購入する車両の購入資金に充当したい!
  • 資金繰り・支払いに困っていて現金が急いで必要だ!
  • どこで売れば高く売れるか知らない!

もし、あなたが以上のようなことでお悩みでしたら当サイトはあなたのお役にたてますよ!

トラックや重機を高く売るならディーラーではダメ!トラック専門の買取業者一択です!

ディーラーの場合、売るのが専門なので買取りは苦手です。そのため自社が損をしない最低ラインの査定額しか提示してくれません。

地元トラック買取店の場合は、お店によっては高価買取してくれる可能性があるものの、一社のみの査定になり提示された査定額が高いのか安いのか分からないので、もしかしたら大きく損をしている可能性もあります。

どこで売れば満足できるのでしょうか?

それは専門の買取業者です。

当サイトがトラック専門の買取業者をおすすめする理由は以下の通りです。

  • 豊富な販売ルートでトラック・重機・バスなどの商用車を高価買取してくれる!
  • 金額に上限なく即日現金買取りに対応してくれるため、急いで現金が必要な方にはうれしい!
  • 無料で利用できるネット査定は簡単に利用できるため何社かで無料査定を受けて査定額の比較ができる
  • 海外輸出を行っている業者は古い低年式のボロボロのトラックや重機でも買取してくれる。
  • 出張査定・書類手続き・引取りのすべてを無料で代行してくれるので余分なコストが掛からない。

※当サイトがご紹介している買取業者に限る

以上のようにトラック買取専門業者を利用するメリットは非常に大きいです。

もしあなたがディーラーや地元買取店を利用しようと考えているなら、事前にご紹介する優良トラック買取業者で無料のネット査定を受け買取価格を確認しておきましょう。

宮城県の方におすすめはココ!厳選4社 優良トラック買取業者

石巻市・塩竈市・気仙沼市・白石市・名取市・角田市・多賀城市・岩沼市・登米市・栗原市・東松島市・大崎市・刈田郡・柴田郡・伊具郡・亘理郡・宮城郡・黒川郡・加美郡・遠田郡・牡鹿郡・本吉郡

宮城県内の上記地域ででトラック・重機・バスの売却でお悩みの方に、宮城県内で利用でき高価買取が期待できる優良なトラック買取業者・重機買取業者・バス買取業者をそれぞれ厳選して4社ご紹介します。

  トラックや重機・バスなどの商用車の買取は一社だけでなく何社かで買取査定を受けることが高額売却の秘訣です。少しでも高値で売却したい方は、2~3社で無料査定を利用してみて各社の査定額を比較してみましょう。そうすることで一番高額で買取してくれる業者が簡単に見つかりますよ!

宮城県内のトラック買取店一覧

宮城県内でトラックの買取に対応してくれるお店を調べた結果、以下の買取店が見つかりました。もし地元買取店を利用される場合は参考にしてください。

 トラックファイブ 東北支店
住所 〒980-0014宮城県仙台市青葉区一番町1-17-26仙台TMビル 3F
電話番号 0120-471-262
 トラックファイブは日本全国対応のトラック買取業者です。年間10000台の買取実績・累計買取金額500億円オーバーと文句なしの実績を誇るトラック買取業者です。宮城県内でトラック・重機・バスの売却でお困りの方はトラックファイブがおすすめです。
⇒詳しくはコチラ
 いすゞ自動車東北株式会社宮城支社中古車センター
住所 宮城県岩沼市下野郷字新拓183
電話番号 022-786-6311
 トラック販売ディーラーいすゞの中古車センターです。新車から中古トラックまでトラックに関すること全般に対応してくれます。定期的に中古車フェアーを行っているようです。
株式会社ムラセ 
住所 宮城県加美郡加美町雁原230-1
電話番号  0229-87-4033
 株式会社ムラセは普通車・トラック・輸入車の買取販売を行っている会社です。また自動車整備・ボディーコーティング・カーフィルム施工なども行っています。
クルマ買取&販売BELLYCARS・仙台店 
住所 宮城県仙台市太白区茂庭字合ノ沢南39-1 -1F
電話番号
 クルマ買取&販売BELLYCARS・仙台店は、国産車・輸入車など幅広い車種の買取・販売を行っている会社です。また車検・点検・整備・修理なども行っており販売した車のアフターフォローも万全です。
310トレーディング
住所 宮城県登米市南方町西山成前79-1
電話番号
 10トレーディングは中古トラック・重機・農機具・産業機械の買取・販売を行っている会社です。また事故車・不動車などの訳ありの車両の買取も行っているようです。その他、車検・板金・トラック架装・カスタムトラック制作・24時間レッカー対応
 トラックスーパー 
住所 宮城県白石市福岡深谷字三本松118-3
電話番号 0224-29-3408
 トラックスーパーは自社展示場での中古トラック・重機・特殊車両の販売を中心に行っている会社です。また、商用車全般の買取も行っています。
ベルトラックス 
住所 宮城県仙台市青葉区本町1丁目9-2 銀杏坂ビル3階
電話番号 022-722-7344
 ベルトラックスは宮城県仙台市でトラック・重機・建機の買取販売、レンタル・リースを行っている会社です。
株式会社アシスト・プロ
住所 〒985−0843 宮城県多賀城市明月1丁目1番29号
電話番号 0120-154-588
 株式会社アシスト・プロは宮城県多賀城市で中古車の買取を行っている会社です。事故車・過走行車・低年式車・ローンの残債のある車両でも買取を行っています。
ザ・ヴィークル 
住所 〒987-0445 宮城県登米市南方町上平貝136
電話番号 0220-58-2901
 ザ・ヴィークルは宮城県登米市で軽自動車から大型トラック、特殊車両の幅広い車両の買取を行っている会社です。また、交通事故や急な故障でお困りの場合レッカー移動も受け付けているようです。
 トラックランド東北
住所 〒986-0021 宮城県石巻市緑町1丁目3-3
電話番号 0225-98-5716
 トラックランド東北は宮城県石巻市で中古トラック・中古建設機械・コンテナの販売買取、トラックレンタル、新車トラック短期リースなどを行っている会社です。
株式会社国際ビジネス 
住所 〒981-0204 宮城県宮城郡松島町初原字樋渡29-2
電話番号 022-355-0126
 株式会社国際ビジネスは宮城県宮城郡で中古トラック・重機の買取・引取り・解体や自動車部品・自動車付属品の販売及び輸出を行っている会社です。
トラック・商用・乗用車買取専門DEP 
住所 宮城県仙台市泉区上谷刈羽黒山16-9
電話番号  022-393-5440
 トラック・商用・乗用車買取専門DEPは宮城県仙台市で、大型トラックなどの商用車、乗用車などの買取を行っている会社です。
CKKオート
住所 宮城県東松島市赤井字七反谷地288-1
電話番号
 CKKオートは中古車の買取・販売や中古トラックの買取・販売、また自動車整備・修理・板金塗装などを行っている会社です。
 オートガレージPREMIUM
住所 宮城県栗原市瀬峰藤田11-8
電話番号 0228-24-8022
 オートガレージPREMIUMは中古車販売・買取、中古トラックの販売・買取、自動車整備・点検・修理、車検代行・中古車オークション代行などを行っている会社です。重機の買取についてはお問い合わせください。
 株式会社トラック・トラッカー東北支店
住所 〒980-0012宮城県仙台市 青葉区錦町1-6-5 中村ビル2階
電話番号 022-395-7209
 株式会社トラック・トラッカー東北支店は中古車の買取・販売や中古トラックの買取・販売を行っている会社です。
マックインヴェストメント株式会社
住所 〒983-0823 宮城県仙台市宮城野区燕沢字前塚9-1
電話番号 022-794-9531
 マックインヴェストメント株式会社は宮城県仙台市で中古トラックの買取を行っています。城県仙台市で中古トラックの買取を行っています。

宮城県の産業とトラックの関わりについて

宮城県は東北随一の大都市である仙台市を県庁所在とする人口232万人の太平洋に面する県です。宮城県の総面積はそれほど大きくありませんが、平地面積は意外と広く農業も盛んで、沿岸部は東日本大震災の影響も受けたものの、水産業が盛んな地域です。電子部品・電子機器や輸送・生産機械等の工業生産も意外と多く、さらに大都市の仙台市を中心に三次産業も旺盛と言えます。

以下に各産業セクターについて少し詳細に記載します。

宮城県の一次産業

宮城県の農業としては米作が日本3位の生産量で635億円の産出額となっており、ひとめぼれ等のブランド米が有名です。また畜産業も盛んで、米作以上の743億円の産出額となっています。水産業は、東日本大震災の影響を受けたものの、現在では660億円の産出額まで回復している状況です。

宮城県の二次産業

宮城県の工業生産高は意外と高く、臨海部では石油、鉄鋼、製紙などの素材型工業が多数立地し、内陸部では電子部品・電子機器や自動車などの加工組立工業が集積しており、その生産高は3兆9,722億円に上ります。また、東日本大震災の復興のための土木・建築関連も震災以降急激に増大する状況が続いていました。

宮城県の三次産業

宮城県の県庁の所在地である仙台市は、先にも記した様に東北一の大都市で、近隣の県から買い物客が訪れる程の商業都市となっています。従って、宮城県の卸売・小売の販売高は総額10兆441億円に達しており、非常に活況な状況と言えます。人の集積度が高い分、仙台市を中心にサービス産業も成長を続けています。

また東日本大震災で大きな被害を受けた仙台塩釜港や仙台空港は、東北地方の玄関口とも言え、従来より輸出入の拠点として重要な役割を担って来ました。震災後、一早くこの港湾と空港の復興を図り、平成23年には本来の機能を取り戻し、輸出入の取扱高は9,619億円となっています。

宮城県の産業とトラックの関り

以上概要を記載した様に、宮城県は一次産業、二次産業、三次産業のバランスが取れ、またそれぞれが東北トップを誇っており、モノの行き来は当然活発であり、その中でトラックの果たす役割は計り知れないと言えます。また東日本大震災の復興のために、当初はガレキの撤去のためのダンプカーの需要が急増し、そしてそれに続く土木・建築のための資材の搬入等にトラックは不可欠なものとして活躍してきました。