宮崎県のトラック買取・重機買取・バス買取の買取対応地域

宮崎県
人口 1,089,478人(推計人口、2017年5月1日)
面積  7,735.31km²(境界未定部分あり)
人口密度 141人/km²
県庁所在地 〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

宮崎県内のトラック買取店

宮崎県内でトラックの買取に対応してくれるお店が4件見つかりました。地元買取店の利用を検討している方は参考にしてください。少しでも高値で売却したいと考えている方はこの後ご紹介する全国展開している高価買取で有名なトラック買取業者もおすすめです。

株式会社光栄 〒889-4411 宮崎県西諸県郡高原町広原4868-13
合資会社龍正 〒880-0912 宮崎県宮崎市大字赤江1556
トラックセンター九蔵 〒882-0023 宮崎県延岡市牧町1343-1
株式会社マルエイ
自動車/AUTOPIA21
〒885-0006 宮崎県都城市吉尾町164番地1

宮崎県の方におすすめ!厳選4社 優良トラック買取業者

宮崎県トラック買取重機買取バス買取をご希望される方に高価買取で有名な優良なトラック買取店を4社ご紹介します。

 高く売るコツは複数の買取店を回って最高額で買取してくれるお店を探すことですが忙しい方には厳しいです。その点、これからご紹介するトラック買取店の無料のネット査定を利用すれば自宅に居ながら最高額を探すことができます。

トラックファイブ

創業15年のトラックファイブ満足度・買取実績ともに文句なしのトラック・重機の買取専門業者です。自社独自の幅広い再販ルートを保有しているので新しい高年式の車両から古い低年式の車両まで高価買取が期待できます。

買取対応エリア 日本全国すべての地域
支店 日本全国8カ所に直営支店
出張査定・買取 無料
即日現金買取 対応可能
買取対応形状 トラック・重機・バス・フォークリフトなど
買取実績・その他
  • 年間買取台数10000台以上
  • 累計買取金額500億円オーバー
  • 買取成約率95%

トラック王国


トラック王国も非常に満足度の高いトラック・重機の買取専門業者です。またトラック王国は買取と販売の両方を行っているトラック買取業者で買取したトラックや重機の一部を自社で販売しています。さらにトラック王国は海外の100を超える地域に再販ルートを保有しており世界相場を基準にあなたのトラック・重機・バスを査定してくれますので、かなりの高価買取が期待できます。

買取対応エリア 日本全国すべての地域
支店 日本全国に5カ所に自社販売展示場
出張査定・買取 無料
即日現金買取 対応可能
買取対応形状 トラック・重機・バス・フォークリフトなど
買取実績・その他 利用者満足度90.3%

トラック買取.com

トラック買取.comもダンプを高価買取してくれる可能性が非常に高いトラック・重機の買取業者です。公式ページにて「利用者様が安心して利用できるようにしつこい営業は一切いたしません!」と宣言している優良な業者です。

買取対応エリア 日本全国すべての地域
出張査定・買取 無料
即日現金買取 対応可能
買取対応形状 トラック・重機・バス・フォークリフトなど

関東トラック販売

関東トラック販売
関東トラック販売はトラック王国同様に買取と販売の両方を行っているトラック・重機の買取業者です。査定の対応も早く自社で販売も行っているので国内相場に左右されず安定した高価買取が期待できます。

買取対応エリア 日本全国すべての地域
出張査定・買取 無料
即日現金買取 対応可能
買取対応形状 トラック・重機・バス・フォークリフトなど

宮崎県内 買取対応地域一覧

ご紹介したトラック買取店は宮崎県内の以下の地域が買取の対応可能な地域です。お住まいの地域が以下の地域に含まれていない場合でも買取り可能な場合がありますのでお問い合わせください。

宮崎県内の買取対応エリア
宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・北諸県郡・西諸県郡・東諸県郡・児湯郡・東臼杵郡・西臼杵郡

▶▶▶ランキングに戻る!

宮崎県の産業について

みなさんは、宮崎県にどのような産業があるのかご存知でしょうか。
宮崎県といえば、九州地方の太平洋側に位置する県で、比較的温暖な地域として知られ、春にはプロ野球のキャンプが行われる、といったイメージが浮かびますが、産業に関して詳しく知っている方はそれほど多くはないのではないかと思います。
今回は、宮崎県の産業についてご説明させていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

宮崎県の産業の概要について 

まずは、第1次産業についてご説明いたします。
宮崎県は東北地方の県や高知県などと同様に第1次産業の就業者の割合が高い県で、農業が特に盛んな県です。
また生産額ベースで考えると、宮崎県は食料自給率が北海道を抜いて全国第1位で、食べ物が豊富に取れることが分かります。
例を挙げると、人気の甘い果物として知られるマンゴーは生産量全国第2位を誇っており、ブランド化されたマンゴーも複数あります。
やや苦い野菜で苦手な人も多いけれどもさまざまな料理に使われる重要な野菜ピーマンの生産量は全国第2位です。
また宮崎県の特産の果物の1つである日向夏の生産量はもちろん全国第1位です。
野菜だけでなく果物も取れ、日本でも温暖で南国気候な宮崎県らしさが伺えます。
また畜産業も盛んであり、牛肉に関しては「宮崎牛」と呼ばれるブランド牛肉もあり、特に県の南西部で飼われている牛が多いです。
林業に関してですが、宮崎県の森林率は76パーセントと、全国でも高い部類に入る森林の豊富な県であり、温暖な気候にも恵まれているため、スギの生産量が全国第1位であるほか、干しシイタケの生産量が全国第2位であるなど、林業も盛んな県です。
また漁業に関しても、広大な太平洋に面しており、海岸線の長い県であるので、黒潮に乗って移動してくるカツオやマグロといった魚を中心に、さまざまな魚が宮崎近海では取ることができます。
また宮崎県はうなぎの養殖を行っている数少ない県の1つであり、貴重なおいしい国産うなぎを日本全国へ提供しています。
工業については、食料品産業などの割合が高く、人々の生活に直接かかわる分野が盛んであることが分かります。
また高千穂峡や青島、日南海岸などの自然豊かな観光地が宮崎県には多く、観光産業も盛んです。

宮崎県で特に盛んな産業

宮崎県にはさらに盛んな産業があります。
それは、化学産業です。
宮崎県の自治体の1つである延岡市は、日本を代表する化学企業である旭化成の原点の地として知られ、その名残で現在でも宮崎県では化学産業が盛んです。
化学工場の数は県庁所在地の宮崎市よりも延岡市の方が圧倒的に多いです。

まとめ

この記事では宮崎県の産業についてご説明していきました。
化学産業が盛んというのは、やや意外に思った方も多かったのではないでしょうか。
宮崎県は首都圏などからはアクセスしずらいところにありますが、宮崎空港から羽田や関空といった主要な空港への航空便はもちろんありますし、空港から鉄道ですぐに宮崎の街にアクセスできるので、ぜひ機会があれば宮崎県に行かれてみてはいかがでしょうか。

▶▶▶ランキングに戻る!