長野県でトラック・重機を高額で売る場合、注意することがあります。それは売却する業者選びです。

普通車の場合、車種・走行距離・ボディーカラーなどの情報でだいたいの買取相場を調べることは可能ですが、トラックや重機などの商用車は買取相場が曖昧で買い取ってもらうお店で買取価格に大きく差が出てしまいます。

場合によっては、50万円以上も差が出るケースもあるので売却先選びは慎重に行いましょう。

トラック買取業者がトラックや重機を高価買取りできるのはなぜ?

トラック買取業者がディーラーや地域の買取店に比べて、トラックや重機を高価買取りできるのはどうしてなのでしょうか?

高価買取で有名なトラック買取業者は、企業内で経費節約や自社展示場を展開したりと様々な企業努力をし高価買取を可能にしています。

しかし、トラック買取業者がトラック・重機を高価買取りできる一番の理由は豊富な販売ルートを保有していることです。

トラック買取業者は買取したトラック・重機などの車両を再販することで利益を出しているのですが、トラック買取業者がディーラーや地域の買取店と大きく違う点は販売ルートの数が圧倒的に多いという点です。

トラック買取業者は買取したトラックや重機を国内だけでなく海外のあらゆる国々に輸出しています。古い低年式・過走行のトラックや重機などの場合、海外の方が高値で売却できるそうです。

このように買取した車両を再販する選択肢が圧倒的に多いトラック買取業者は、私たちの想像を超える高価買取を可能にしています。

長野県の方にトラック買取業者をおすすめする理由

長野県内でトラック・重機を「少しでも高値で売却したい!」と考えている方にトラック買取業者をおすすめする理由は、高く売れるからだけではありません!

トラック買取業者をおすすめするには、あなたのトラックや重機を高価買取してくれる以外にも以下のようなおすすめポイントがあります。

  • 面倒な書類手続きも無料で代行
  • 車両の引取料(陸送費)は無料
  • 事故車・故障車・不動車・水没車も買取可能
  • 買取にかかる費用は0円!完全無料!
  • 即日現金買取りは当たり前!

このようにトラック買取業者にはトラック・重機の高価買取り以外でも利用するメリットが多くあるのです。

また、当サイトでご紹介しているトラック買取業者はすべて優良な業者ですので安心して利用することができます。

紹介しているトラック買取業者 長野県内の利用可能エリア

このサイトでご紹介しているトラック買取業者は長野県全域以下の地域で無料の出張査定・買取がご利用いただけます。

長野市・松本市・上田市・岡谷市・飯田市・諏訪市・須坂市・小諸市・伊那市・駒ヶ根市・中野市・大町市・飯山市・茅野市・塩尻市・佐久市・千曲市・東御市・安曇野市・南佐久郡・北佐久郡・小県郡・諏訪郡・上伊那郡・下伊那郡・木曽郡・東筑摩郡・北安曇郡・埴科郡・上高井郡・下高井郡・上水内郡・下水内郡

もし、長野県内のお住まいの方でトラック・重機の売却で以下のようにお悩みのかたは利用してみてはいかがでしょうか?

  • トラック・重機を高額で売りたい!
  • 下取り価格の低さにガッカリ!
  • どこで売却すればいいか分からない。
  • 現金が必要なので急いで売却したい!
  • 新車を購入するので少しでも高額売却して新車の購入資金に充当したい。
  • 不要なトラック・重機の処分で困っている

このような悩みをお持ちの方は、このサイトでご紹介しているトラック買取業者を利用することで解決できる可能性が高いです。まずは無料のネット査定をお試しください。

長野県内のトラック・重機買取店

長野県内でトラック・重機の買取に対応してくれるお店をインターネットで調べてみたところ6軒のお店が見つかりました。

お近くに以下のお店がある場合は、査定を受けてみてもいいでしょう。ただし、その場合一社のみで売却を決意するのではなく複数店の査定結果を比較することが重要です。

このサイトでご紹介しているトラック買取業者の無料査定を併用してみるのもいいでしょう。

国際自動車株式会社 長野県伊那市御園71-1
株式会社エスピーエス 〒389-0207長野県北佐久郡御代田町大字馬瀬口2100-1
ガルト出張買取センター 〒380-0911野県長野市大字稲葉2584-1
木内商店 長野県佐久市取出町452-2
長野県中古建機買取
販売センター
〒385-0021長野県佐久市長土呂154
車屋商店
〒390-1131 長野県松本市大字今井7030-1

長野県の主要産業の概要について

長野県は面積が13,561㎢と広い中部地方の内陸県です。県内には広大な山岳地帯が広がり、総面積に比較して居住面積は狭い県でもあり、ここに人口206万人余が暮らしています。

長野県の産業構造を就労人口構成で見ると、1次産業が1.5%、2次産業が30.9%、そして3次産業が67.6%となっています。この構成比は、全国平均と比較すると1次産業が約0.9%、2次産業が約7.4%高く、3次産業の比率が8.2%低い水準となっており、2次産業の構成比が高く、盛んな事が分かります。

2次産業の中でも工業が盛んで、特に精密機器・デバイスの生産が突出しています。産業統計の分類においては、情報通信機械器具出荷額が全国1位、電子部品・デバイス電子回路出荷額が全国4位を占めています。

この精密機器・デバイス分野ではインクジェットプリンタでトップクラスのプリンターや各種情報機器、さらに水晶振動子(クォーツ)や半導体等の電子デバイス部品の製造を行うセイコーエプソンの存在が非常に大きなウエートを占めています。

それに次いで、ミニチュアボールベアリングの世界シェア1位を誇るミネベアが大きな生産高になっています。

こうした精密機器やデバイスが長野県で盛んになったのは、澄んだ空気や豊富な水資源、さらに東京へのアクセスの良さが関係していると言えます。

こうした特徴のある長野県の工業ですが、2011年から2014年にかけて、3年連続で製造業の総生産額は増加し続けています。こうした背景には、2017年までに長野県に本社を移転したり、県内にある本社機能の拡充を行った企業に対して助成すると言う政策も奏功しています。

これは日本全国に言える事ですが、情報通信機器や電子部品・デバイスと言った分野は成長は鈍化しており、この分野が主力である長野県にとっても、新たな医療・健康関連のメディカル分野等の企業を誘致・育成し、成長分野を確保する必要性があると言えます。

この点に関しても、長野県では国から「地域イノベーション戦略推進地域(国際競争力強化地域)」の選定を受ける事で、文部科学省や経済産業省から支援を受ける事が決定しており、着実な手を打っていると言えます。

長野県は風光明媚な中部山岳地帯を有する観光資源の豊富な県であり、それと調和の取れた環境に優しい工業立地を推進する事で、これからも工業を中心とした産業の成長を続けて行く事が期待できると言えるでしょう。