長崎県のトラック買取・重機買取・バス買取の買取対応地域

九州の西側に位置する長崎県でトラック・重機・バスなどのいわゆる商用車を売却する場合、多くの方がトラック・重機・バスの販売元の下取を利用しているがその下取り価格は決して高くはありません。

長崎県は他の都道府県に比べ、県内でトラックなどの買取を行っている買取店は少ないようです。そのため「高く売りたい!」と思っても選択肢が少なく渋々ディーラーの下取を利用している方もいらっしゃるでしょう。

このページでは長崎県内でトラック・重機・バスなどの商用車を「少しでも高く売却したい!」と考えている方に、全国的に商用車の高価買取で有名な満足度の高い買取専門業者と長崎県内にある商用車の買取に対応してくれる買取店をご紹介します。

あなたに一番合った売却先を選んでください

長崎県の方におすすめ!厳選4社 優良トラック買取業者

  • 少しでも高く売りたい!
  • 下取り価格にガッカリした
  • 現金が必要なので急いで売却したい
  • どこで売ればいいか分からない
  • 不要になったトラック・重機・バスの処分で困っている

長崎県内の以下の地域でこのようなことでお悩みの方に全国的に有名な高価買取の期待できる優良トラック買取業者・重機買取業者・バス買取業者を厳選してそれぞれ4社ご紹介します。この4社ならあなたの悩みを解決できるはずです!

長崎県内の買取対象エリア
長崎市・佐世保市・島原市・諫早市・大村市・平戸市・松浦市・対馬市・壱岐市・五島市・西海市・雲仙市・南島原市・西彼杵郡・東彼杵郡・北松浦郡・南松浦郡

長崎県内のトラック買取店

長崎県内にあるトラック買取店を調べてみたところ、以下の買取店が見つかりました。地元買取店を利用したい方は参考にしてください。

  トラックファイブ九州支店
住所 〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前1-7-22第14岡部ビル2F
電話番号 0120-471-262
 福岡県福岡市にあるトラックファイブの九州支店は長崎県内にある買取業者ではありませんが、長崎県内全域を買取た対応エリアにしており、トラック・重機・バスの高価買取が期待できる長崎県の方に一番おすすめの買取専門業者です。
「高く売りたい!」と考えている方、まずはトラックファイブで無料のネット査定をお試しください。
⇒トラックファイブ公式ページ
  トラック王国九州展示場
住所 〒811-4152 福岡県宗像市武丸2279-1
電話番号 0120-390-146
 福岡県宗像市にあるトラック王国も長崎県内全域を買取対応エリアとしています。トラック王国は全国5カ所に自社直営の展示場を展開しており販売と買取を両方行っている業者です。海外100を超える地域に販路を保有する同社は低年式の古い車両の買取も非常に得意としています。
⇒トラック王国公式ページ
株式会社 西九州
住所 〒859-3211 長崎県佐世保市早苗町752-1
電話番号 0956-26-5001
長崎県佐世保市にある「株式会社 西九州」は中古エンジンなどの中古部品・中古トラクターなどを海外に輸出や中古トラックの買取を行っています。
 株式会社 ダルマ
住所 〒859-3451  長崎県佐世保市針尾町1466番地
電話番号 0956-58-7811
 長崎県佐世保市にある「株式会社 ダルマ」では中古トラックの販売(2t~10t)や中古トラックの買取を行っています。
株式会社 ニッセイ
住所 長崎県諫早市小川町1257番地
電話番号 0957-24-0833
 長崎県諫早市にある「株式会社 ニッセイ」は中古車・中古トラックの販売・買取・車検・整備や板金塗装などを行っています。
有限会社フリーウェイ買取王
住所 長崎県長崎市中里町1381-1
電話番号 095-813-3311
 長崎県長崎市にある「有限会社フリーウェイ買取王」は新車・中古車の販売・買取、車検整備、板金塗装、レンタカー業務などを行っている会社です。
有限会社 浜野商会
住所 長崎県佐世保市柚木元町2323
電話番号 0956-46-1056
 長崎県佐世保市にある「有限会社 浜野商会 」は中古車・廃車の買取、自動車中古部品の販売などを行っている会社です。
有限会社 長崎車輛解体
住所 〒851-0136 長崎県長崎市平間町 583 番地 1
電話番号 095-838-3585
 長崎県長崎市にある「有限会社 長崎車輛解体」は自動車解体・中古自動車部品の販売、事故車・廃車・不要車の買取などを行っている会社です。

複雑な地形と各種の島々が生んだ通商産業の街・長崎

長崎県ちえば九州の地図をご覧になってもおわかりの通り、九州の地域でも北西部地域にあって、主に佐賀県との隣接する地域となっています。 そして、特徴あるの其の地形そのものにも有るが、この複雑な地形の周りには、無数の島々が点在しているのがわかります。

其の代表が対馬列島や五島列島、壱岐地区などの大・小有人無人の島々が1000ヶ所近くある県として、その島の数は日本一だとされています。 その為、県の海域のに面する長さは相当の長く、海岸線としては広大な北海道に比べても第2位の長さになると分権にも記されています。 

又、海岸線は複雑な多くの入江が存在していて港の数も多くあり、県全体でも80ヶ所以上の港湾が点在していて、実は此れも日本一の数に上るとされております。 これ等の島々や良好な港が有るおかげで、長崎は太古の昔から日本国の玄関口として、通商や文化が流入した地域でもあります。

特に、長崎市は県南部にあって入り組んだ長崎湾を有している天然の良港として、江戸時代には鎖国日本の唯一つの開港としとして、日本国内でも唯一の窓口でもあり、交易の盛んな街として栄えてきました。

其の代表的なところが今でも記念施設として残され、多くの観光客も訪れる「出島」でしょう。 場所的には長崎市内の街の中心部の湾岸に位置していて、特徴有る長崎港の中島川が流れ込むところに有って、様式建物群としては近年に完成したのか「出島」になります。 
其の「出島」の出入り口は東西二ヶ所からあり、内部の歩道や道筋は石畳が整然と敷かれていて、其の通面の両側に建っているの建物群は洋式オランダ風の建物になります。

建物はいずれも当時の江戸期の物を再建したもので、建物としては出島資料館や一番蔵、二番蔵、其れに船頭の部屋などが復元、再現されています。 其の建物の中でも最も注目されたのは「カピタンの屋敷」とされる出島の長として君臨したオランダ商館長の屋敷です。

長崎の産業としては、この様に通商や商業の町として今でも盛んでありますが、特に、長崎市は長い歴史を誇る港湾都市でもあり観光客が多い地域になります。
戦前・戦中は、長崎造船として戦艦武蔵を建造した造船の町でもあり、現在でも県内でも第二の都市である佐世保市は軍港としとして、現在も海上自衛隊や米第七艦隊の基地があるほか、陸上自衛隊も駐屯しているところです。

そして、現在は長崎市周辺地域そのものは観光都市として、多くの人々が訪れていますし、言うなれば現在では長崎は観光立国として名を馳せています。
其の代表的なところが、近年になって世界遺産である「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の各教会や施設、それに、「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産での「グラバー邸」や此方は観光地とまではいかないが離れ島の「軍艦島」などもあります。

そして、何より長崎で特筆されるのは「原爆の長崎」で、広島についで米軍による原子爆弾が投下された都市でも有るのです。 それらの関する記念館や記念公園も観光客の見所の一つといえるでしょう。

其の他にも、「長崎チャンポン」でしられる長崎中華街や、長崎民謡・長崎ブラブラ節でもしられる「長崎の思案橋」、それに長崎クンチでもお馴染みの「寺町と寺院群」や寺町へ通じる「石橋(眼鏡橋)群」など、市内だけでも見所や観光名所が沢山あります。