奈良県内でトラック・重機・バス等の商用車を「なるべく高値で売却したい!」と考えている場合、大切なのは買取してもらうお店選びです。商用車はもともと高額な乗り物にもかかわらず、買取相場が曖昧でお店ごとに買取価格に大きく差が出ます。

もしあなたが、トラック・重機・バスなどを少しでも高値で売却したいと考えるなら高く買取できる買取店を選ぶ事が重要です。高く買取できない買取店を利用しても満足できないでしょう。

奈良の方におすすめ!優良トラック買取業者4選

奈良市・大和高田市・大和郡山市・天理市・橿原市・桜井市・五條市・御所市・生駒市・香芝市・葛城市・宇陀市・山辺郡・生駒郡・磯城郡・宇陀郡・高市郡・北葛城郡・吉野郡

奈良県内の上記地域で利用することができるトラック買取業者の中から、高価買取はもちろん、ディーラー並みに安心して利用できる優良なトラック買取業者を厳選して4社ご紹介します。

 高値で売却するコツ

1社だけだけでなく複数社で無料査定を受けてみましょう。各社の査定額には必ず差ができます。場合によっては30万円以上も差が出ることがありますので一番高い査定額を提示してくれた業者を選ぶことが重要です

奈良県のトラック買取店一覧

当サイトではインターネットを使って、奈良県内の地元トラック買取店を調べてみました。その結果、以下の買取店が見つかりました。この中にもあなたのトラックを高価買取してくれるお店があるかもしれませんのでお近くの方は利用してみてもいいでしょう。

桜井自動車工業 
住所 奈良県桜井市大泉111番地の1
電話番号 0744-43-0550
 桜井自動車工業は奈良県桜井市で新車・中古車の販売、普通車から大型貨物車・輸入車の買取などを行っている会社です。
トータルカーサービスNARA
住所 〒636-0223 奈良県磯城郡田原本町鍵127-4
電話番号 0744-32-0550
 トータルカーサービスNARA は奈良県磯城郡で国産車・輸入車・トラックの販売・買取を行っています。また同社はレース活動も行っており、レースで培ったノウハウをもとにエンジンチューニング等も行っております。
上奥オートセンター
住所 〒636-0246 奈良県磯城郡田原本町千代882-1
電話番号 0744-32-8515
 上奥オートセンターは奈良県磯城郡で普通車・軽自動車・トラック・バンなどの販売・買取を行っている会社です。
KYトラック
住所 〒634-0131 奈良県高市郡明日香村御園75
電話番号 0744-54-1829
 KYトラックは奈良県高市郡で中古トラックの販売・買取を行っています。
株式会社カーセンターナカノ 
住所 〒639-0234奈良県香芝市狐井159番地の3
電話番号 0745-76-6223
 株式会社カーセンターナカノ は奈良県香芝市で自動車販売・買取、中古トラック全般の販売・買取を行っている会社です。

奈良県の産業概要と主要産業について

奈良県
人口 1,351,511人(推計人口、2017年5月1日)
面積   3,690.94km²
人口密度 366人/km²
県庁所在地 〒630-8501 奈良県奈良市登大路町30

奈良県の産業構造を付加価値の視点から、その構成比を見たいと思います。製造業は全国平均が20%に対して22%、卸売り・小売業は全国が21%であるのに対して奈良県は19%、また医療,福祉は全国10%に対して奈良県は16%となっており、他の産業区分は全国平均とほぼ同様です。
医療・福祉関連が全国平均の構成に比べて突出しているのが目に付きます。これは奈良県の工業生産は全国37位、商業でも全国37位と経済規模が小さく、高齢化に伴って増大傾向のある医療・福祉の構成が高くなっているものと思われます。
奈良県の北部・中部に集中している奈良市、生駒市、橿原市はいずれも京都や大阪のベッドタウンとしても機能もあり、奈良県全体の経済は低調な状況が続いていると言わざるを得ません。
奈良県と言えば、奈良市を中心に墨や書道筆や各種工芸品を工業として思い起こされる方も居られるでしょうが、こうした伝統工芸は零細で、工業生産に占める割合は微々たるものです。工業生産はやはり大企業の事業場の工場誘致によって成り立っていますが、近年ではむしろ流出傾向にあり、工業生産の伸長もありません。

奈良県の経済拡大と観光産業

奈良県の産業の概要で見た様に、奈良県の産業・経済は低調と言わざるを得ません。これを打破する可能性を秘めている産業として、観光産業を上げる事が出来ます。
この観光産業について少し詳細に見たいと思います。奈良県には「古都奈良の文化財」、「法隆寺地域の仏教建造物」、そして「紀伊山地の霊場と参詣道」においても吉野山の歴史的建造物がその構成要素になっており、県内に3つの地域に世界遺産を擁しており、観光産業振興のためのポテンシャルは非常に高いのです。
しかし、現在の奈良県の産業構成においては、決して観光産業は高いとは言えない状況なのです。
奈良県を訪れる観光客は平成27年のデーターでは、4147万人で対前年比で8.8%の伸長となっています。しかし残念ながら、訪問者は増大していても、奈良県内で宿泊する旅行者は少なく、延べ宿泊者数で比較すると大阪の3100万人、京都の1800万人に対してわずかに250万人程度に過ぎないのです。この水準は全国的に見ても最低水準に近いのです。
奈良は観光に訪れても、宿泊は大阪や京都でする人が多いと言えるのです。やはり貴重な観光資源を活かして経済の活性化を図るためには、宿泊施設の充実が急務と言えます。
この様な観光資源が多いのに、それが経済の活性化に繋がっていない理由としては、奈良県民の県民性が影響している部分があるのかも知れません。関西では奈良県民の商売の方法を大仏商法と揶揄する事があります。これはどっしりと構えてお客様を引き込む努力や発信力の弱さを表現しているのです。
また最近では、大きく改善されましたが、奈良に美味いものなしと長く言われてきました。こうした奈良を表現する言葉が、死語となる様に努力を期待したいものです。
奈良県は、県の面積は広いものの山林地区が多く、人が住めるエリアは23%程度に過ぎず、工業立地をさらに推進する事も難しく、貴重な観光資源の有効活用にもっと力を入れた産業振興が必要と思われます。