新潟県で、もしあなたが以下のようなことでお悩みなら迷うことはありません!トラック買取業者の買取を利用しましょう!
  • ディーラーの下取価格にガッカリ!
  • トラック・重機・バスを1万円でも高く売りたい
  • トラック・重機・バスをドコで売れば高く売れるか分からない
  • 事情があって現金が必要なので急いで売却したい
  • 少しでも高額で売却して新車の購入資金に充当したい

 

新潟県でトラック・重機・バスを高額売却するには売却先選びが重要

新潟県内でトラックや重機、バスといった商用車を少しでも高額売却するなら、売却先選びが最重要です。

トラック・重機・バスの売却先として、まず思い浮かぶのはディーラー下取りではないでしょうか?新車を購入する場合、車輌の入れ替えや書類手続きを安心して任せられるという点で多くの方が利用しています。

しかしディーラー下取りの唯一のデメリットは「下取り価格が低い」ということです。少しでも高額で売りたいという方にはおすすめできません。

その他の売却方法には、地元買取店・整備工場・個人売買などがありますが、高額で売却するなら優良なトラック買取業者の無料のネット査定を利用する方法が一番おすすめです。

新潟県で買取が利用できる高価買取の優良トラック買取業者4選!

当サイトでは新潟県内でトラック・重機・バスを高額売却したい方のために、新潟県内で無料のネット査定・出張買取が利用でき、高価買取が期待できる優良トラック買取業者を厳選して5社、ご紹介しています。

トラック・重機・バスを少しでも高額で売却したいかたは、ディーラーやお近くの買取店を利用する前にご紹介する優良トラック買取業者の無料のネット査定を利用して買取価格を調べてみましょう。

当サイト 紹介業者 新潟県内の対応地域一覧

当サイトでご紹介している優良トラック買取業者のトラックファイブ・トラック王国・トラック買取.com・関東トラック販売は新潟県内全域、以下の地域で無料のネット査定・無料の出張買取が利用できます。

新潟県新潟市
新潟市北区・新潟市東区・新潟市中央区・新潟市江南区・新潟市秋葉区・新潟市南区・新潟市西区・新潟市西蒲区
新潟県の以下の地域
長岡市・三条市・柏崎市・新発田市・小千谷市・加茂市・十日町市・見附市・村上市・燕市・糸魚川市・妙高市・五泉市・上越市・阿賀野市・佐渡市・魚沼市・南魚沼市・胎内市・北蒲原郡・西蒲原郡・南蒲原郡・東蒲原郡・三島郡・南魚沼郡・中魚沼郡・刈羽郡・岩船郡

以下の地域が買取の対応可能な地域です。お住まいの地域が以下の地域に含まれていない場合でも買取り可能な場合がありますのでお問い合わせください。

新潟県内のトラック買取店一覧

当サイトでは全国展開している優良トラック買取業者をおすすめしていますが、新潟県内にもトラックの買取店があります。当サイトが調べてみた結果、以下の10軒のトラック買取店が見つかりました。

お近くに以下の買取店がある方は、当サイトがご紹介している優良トラック買取業者のネット査定と合わせて以下の買取店を利用してみて査定額を比較してみるのもいいでしょう。

ユニークカーズ 〒950-3101 新潟県新潟市北区太郎代1559
トラック一番 〒950-0943 新潟県新潟市中央区女池神明2丁目3-3 -202
有限会社久住商会五泉店 〒959-1852 新潟県五泉市荻曽根63-1
株式会社
ティーアイシステム
〒942-0082 新潟県上越市国府3丁目6-13
スーパーオークション
小針店
〒950-2022 新潟県新潟市西区小針3丁目26-15
株式会社宮内自動車 〒940-1163 新潟県長岡市平島町17-1
K-トレード 〒953-0103 新潟県新潟市西蒲区橋本754-2
カーショップ永和 〒946-0213 新潟県魚沼市細野28-1
サンワールド 〒959-3274 新潟県岩船郡関川村大字南赤谷566-1
株式会社南城 〒946-0035 新潟県魚沼市十日町123-1

新潟県の主要な産業について

新潟県の主要産業は農業と食品産業です。新潟県はコシヒカリの収穫量は日本一とされており、米の主要なブランドとして魚沼産コシヒカリがあります。お米の生産が多い為に2次産業として米粉を研究する新潟製粉に県が投資しています。

中でも日本でトップシェアと言える米菓の出荷数が日本一で年間で1946億円もの売り上げがあります。また、米菓以外でも切り餅の出荷数は日本一で年間318億円となり、お米を使用した清酒の出荷数も458億円と多いです。

お米を使用した産業が活発な新潟県

新潟県ではお米を使用した産業が特に活発であり、お米を作る農業を主体として様々な2次産業があります。ここでは、米菓産業の発展を紹介します。

まず、新潟県の米菓産業がこのように発展したのは1950年代後半から行われた県の食品研究所と新潟県米菓工業協同組合との産学協同研究により米菓の製造技術を確立したことにより発展しました。

これは、煎餅やおかき等、長年職人の経験と勘で行なっていた米菓作りを機械化を行なうことによりデータ化することに成功し、すべての米菓製造会社が協同組合主催の技術講習会を通じ技術を共有することにより、すべての米菓製造会社が一定の品質が得られたためです。

米菓は主に焼いて作られるか揚げて作られるかに分かれていますが、多様性があります。

新潟県にある主要な米菓メーカーには亀田製菓、越後製菓、三幸製菓等があり、どの企業も焼き米菓や揚げ米菓があります。亀田製菓は柿の種が有名な焼き米菓の主力商品で皆さんも一度は目にしたことがあると思います。揚げ米菓も、三幸製菓の塩揚おかき、越後製菓の揚げ小餅などが有名な商品です。

まとめ

このように、新潟では古くから、お米を主要とした産業が発展を遂げています。お米に関しましても魚沼産コシヒカリと言った主要ブランドを確立していますし、お米を主要とした2次産業にも力を入れていると見て取れます。

これは米菓の出荷売り上げが年間で1946億円もあり、日本一であることから明らかです。また、切り餅に付きましても年間で318億円と日本一となり2次産業が盛んであることは明らかです。

米菓に関しても、亀田製菓や三幸製菓、越後製菓と皆さん一度は聞いたことのある米菓メーカーではないでしょうか。このことから、新潟県の主要産業はお米を作る農業を主体とした米菓や清酒を作る2次産業であると言えます。これは新潟県や市が米粉を研究する新潟製粉に出資をした成果が実ったと言えます。