事項でご紹介するが佐賀県内にはトラック買取に対応してくれる買取店が他の都道府県に比べやや少ないようです。そのため、トラック・重機・バスを売却する場合、各車両の製造・販売メーカーの下取を利用している方が多いのではないでしょうか?

トラックなどの商用車と呼ばれる車両は元々の新車価格が高額であるにも関わらず、普通乗用車に比べ買取相場が曖昧で売却する場合、買取してもらう売却先選びで買取価格が大きく変わってしまうことを知っておいていただきたい。

「下取りを利用するのはもったいない!」
「もっと高く売る方法があります!」

佐賀県の地元トラック買取店

佐賀県内でトラックの買取に対応してくれる以下の買取店が見つかりました。地元買取店を利用する方は参考にしてください。

 トラックファイブ九州支店
住所 〒812-0011福岡県福岡市博多区博多駅前1-7-22第14岡部ビル2F
電話番号  0120-471-262
トラックファイブ九州支店は佐賀県内ではなくお隣の福岡県にある高価買取で有名なトラック買取業者です。佐賀県全域も買取対応エリアとなっていますので、「高く売りたい!」と考えている方には強くおすすめします!まずはネットの無料査定をお試しください。
⇒トラックファイブ公式ページ
有限会社インターオート
住所 〒841-0048 佐賀県鳥栖市藤木町2090番1
電話番号 0942-83-0505
佐賀県鳥栖市にある「有限会社インターオート」は新車販売、中古車販売・買取、車検整備、中古車・中古パーツの輸出などを行っています。
株式会社カネタニ
住所 〒841-0044 佐賀県鳥栖市高田町22(本社)
電話番号 0942-85-8860(本社)
住所 〒841-0046 佐賀県鳥栖市真木町1106-1(九州トラックセンター)
電話番号 0942-83-6588(九州トラックセンター)
 佐賀県鳥栖市にある「株式会社カネタニ」は中古トラックの販売・買取、中古自動車パーツの販売、BOX販売、レンタカー業務などを行っています。
車の買取くん
住所 〒840-0031 佐賀県佐賀市下田町73-2
電話番号 0066-9709-4979
佐賀県佐賀市にある「 車の買取くん」は中古車買取・販売、車検・板金・修理・整備などを行っています。
 株式会社コガ・エクスポート
住所 〒842-0107 佐賀県神埼市神埼町鶴2036-1 (本社)
住所 〒842-0122 佐賀県神埼市神埼町城原六本黒木853-1(第2営業所)
住所 〒842-0107 佐賀県神埼市神埼町鶴字一本松1417-2(第3営業所)
電話番号 0952-52-4056(本社)
 佐賀県神埼市にある「株式会社コガ・エクスポート」は中古車・中古建設機械・中古農機具・中古トラック・中古エンジン・中古パーツの買取及び輸出を行っています。
有限会社フィールド・ガレージ
住所 〒843-0022 佐賀県武雄市武雄町大字武雄8163
電話番号 0954-23-1916
 佐賀県武雄市にある「有限会社フィールド・ガレージ 」ではトラック・ダンプなどの商用車から乗用車まで幅広い車種の販売・買取を行っています。また廃車を検討している車両でも買取り可能かもしれませんのでお問い合わせしてみましょう。
株式会社エニシム
住所 佐賀県伊万里市伊万里町甲103番地3
電話番号 0955-25-8288
 佐賀県伊万里市にある「株式会社エニシム」では新車トラック・中古トラック・中古重機の販売・買取・輸出を行っています。
株式会社アース九州事務所
住所 〒841-0202 佐賀県三養基郡基山町長野1015-2
電話番号 0942-92-2555
 佐賀県三養基郡にある「株式会社アース九州事務所」では中古トラックの販売・買取やレンタルを行っています。

佐賀県の方におすすめ!厳選4社優良トラック買取業者

佐賀市・唐津市・鳥栖市・多久市・伊万里市・武雄市・鹿島市・小城市・嬉野市・神埼市・神埼郡・三養基郡・東松浦郡・西松浦郡・杵島郡・藤津郡

佐賀県内の上記地域でトラック・重機・バスを「高く売りたいけど、いったいどこでうればいいのかなあ?」とお悩みの方に、佐賀県内で利用できる高価買取で有名なトラック買取業者・重機買取業者・バス買取業者をそれぞれ4社ご紹介します。1社だけでなく複数店で無料査定を受けてみましょう。最高額を簡単に見つけることができます。

佐賀県の産業構造

佐賀県も日本全体と同様に3次産業の比率が、従事者数でも生産額でも増加しており、平成元年に63%程度であった構成比が平成20年代には70%程度に上昇しており、一方で1次産業は6.5%が2.7%に、2次産業は33%が27%に減少しています。
しかし、2次産業の中で製造業は平成元年から20年代まで22%程度を維持し続けているのです。
佐賀県は、福岡県と長崎県に挟まれた県で、全国的には認知度の低い県で、また工業が盛んな県と言う印象もありません。そんな中で製造業の比率が大きく減少せずに、全国平均の構成比よりも高くなっている事は、佐賀県の産業構造としては、特筆すべきポイントと思われます。
次項で、この製造業にスポットを当てて詳細に見たいと思います。

佐賀県の製造業について

佐賀県の製造業の付加価値額の総計は平成24年で6269億円となっています。その付加価値順に主要な業種を見ると、食料品製造業、化学工業、電子部品・電子機器製造業、生産用機械器具製造業、輸送用機械器具製造業となります。
また製造業を立地地域的に見ると、九州の交通の要衝である鳥栖市や、県庁所在地の佐賀市周辺が中心で、特に鳥栖市とその周辺は福岡県の久留米市等と共に一大工業地域を形成しています。また伊万里湾では、造船、半導体、水産加工、食品、木材等の工場が建ち並ぶ臨海工業地域が形成されています。
以上の様に、工場誘致等により、化学工業から電子部品・電子機器、半導体、さらに食料品関連と比較的バランスの取れた業種構成となっていると言えます。
しかし、現在の付加価値額をさらに維持向上させ、従事者数を維持拡大させるためには、新たな高付加価値な製造業の誘致・育成が必要と言えます。
これは、どこの県も同様の課題ではありますが、製造業比率の高い佐賀県においては、一層重要と言えます。
また佐賀県には全国的に有名な地場産業として窯業があります。この窯業は、有田町など佐賀県西部で盛んで、有田焼や唐津焼などのブランド陶磁器として知られています。
この有田で陶磁器が盛んとなったのは、17世紀に朝鮮から渡来した陶工である李参平が、泉山で良質な陶石を発見して、有田焼を創始した事によります。かつては、ブランド品として大量に輸出もされて来ました。また近年では日用遣いの品も含め、色々なジャンルの陶磁器が生産されています。
この陶磁器は有田町が県内生産の60%を占め、年間出荷額でも200億円~300億円と大きな額となっています。有田町以外では伊万里市などでも盛んな製造業となっています。

まとめ

佐賀県は全国的には認知度が低い県ですが、その産業は全国の動向と同じく、3次産業の比率が高まっています。
しかし減少する2次産業の中で、製造業は平成に入り30年程、構成比では20数%を維持し続けており、製造業が佐賀県における主要産業の1つであり続けているのが特徴と言えます。
しかも、その製造業も化学工業から電子部品・電子機器、半導体、さらに食料品関連や地場産業である陶磁器生産までバランスが良い点も特徴です。
しかし、面積も小さな佐賀県の今後の成長を考えると、さらに付加価値の高い高度な製造業の誘致・育成が課題だと言えます。