トラック・重機買取 埼玉県 高額売却するための秘訣とおすすめの売却先

埼玉県内で以下のようなことでお悩みの方は当サイトはお役にたてます。

  • トラック・重機・バスを少しでも高く売りたい
  • ディーラー下取り価格の低さにガッカリした
  • トラック・重機・バスをどこで売ればいいか分からない
  • 不要になったトラック・重機・バスの処分で困っている
  • トラック・重機・バスの買い替え予定がある

トラック・重機・バスを高く売るなら売却先選びが重要

普通車の場合(修復歴が無い車両が前提)は、その車の走行距離・年式・ボディーカラーなどの情報である程度の買取相場が分かりますが、トラック・重機・バスといった商用車の場合はそうはいきません。

トラックにも様々な形状があり、重機も形状・大きさなど種類は様々です。そのため買取相場というモノが確立されておらず、買取を依頼する買取店が異なると買取価格に大きく差が出るようです。

そういった理由から、トラック・重機・バスを売却する場合一番重要なことは売却先選びであると言えます。

トラック・重機・バスの売却方法はイロイロあるけど、どこよりも高く売るならトラック買取業者で決まり!

トラック・重機・バスを売却する方法には以下のような方法があります。

  1. ディーラー下取り・買取
  2. 中古トラック・重機販売店で買取
  3. 地元密着型の整備工場
  4. 個人売買
  5. トラック・重機・バス専門の買取業者

トラック・重機・バスを売却する方法は他にもあるかもしれませんが、代表的なモノで以上の5つがあります。それぞれメリット・デメリットがありますが、「高く売る」ということを最重要に考えた場合、トラック・重機・バス専門の買取業者がおすすめです。

トラック買取業者が他のディーラーなどに比べてトラック・重機・バスを高価買取りできる理由は、当サイト内別記事「トラック買取業者が高価買取りできるワケ」でご説明していますが、豊富な販売ルートを保有していることが大きな要因です。

買取した車両を常に最高評価してくれる市場に再販することができることはトラック買取業者の最大の強みといえます。

例えば国内で廃車にしてしまうようなボロボロのトラックや重機でも海外に輸出すれば高額で売却できるケースも少なくありませんし、国内の2倍近い値段が付く車両もあるそうです。

もし、あなたがトラック・重機・バスを少しでも高く売却したいと考えているようでしたら、まずはトラック買取業者の無料のネット査定を利用してみましょう。

当サイトおすすめのトラック買取業者 埼玉県内の利用可能エリア

当サイトではトラック・重機・バスを高価買取してくれる可能性が高い優良なトラック買取業者のトラックファイブ・トラック王国・トラック買取.com・1069堂・関東トラック販売をご紹介しています。

これらのトラック買取業者の無料のネット査定・無料の出張買取は埼玉県内の以下の地域にお住まいの方や該当地域に会社がある方がご利用いただけます

埼玉県さいたま市
さいたま市西区・さいたま市北区・さいたま市大宮区・さいたま市見沼区・さいたま市中央区・さいたま市桜区・さいたま市浦和区・さいたま市南区・さいたま市緑区・さいたま市岩槻区
埼玉県内の以下の地域
川越市・熊谷市・川口市・行田市・秩父市・所沢市・飯能市・加須市・本庄市・東松山市・春日部市・狭山市・羽生市・鴻巣市・深谷市・上尾市・草加市・越谷市・蕨市・戸田市・入間市・朝霞市・志木市・和光市・新座市・桶川市・久喜市・北本市・八潮市・富士見市・三郷市・蓮田市・坂戸市・幸手市・鶴ヶ島市・日高市・吉川市・ふじみ野市・白岡市・北足立郡・入間郡・比企郡・秩父郡・児玉郡・大里郡・南埼玉郡・北葛飾郡

埼玉県内のトラック買取店

当サイトではトラック買取業者を利用することをおすすめしていますが、お近くに地元トラック買取店がある方は、そういったお店と全国的に有名なトラック買取業者の両方で査定を受けてみるというのもおすすめです。

埼玉県内にあるトラック買取店を調べてみたところ以下のお店が見つかりました。地元買取店を利用してみたい方は参考にしてください。

株式会社フロンティア 〒339-0044 埼玉県さいたま市岩槻区大字真福寺1365-1
トラックマルシェ 〒345-0824 埼玉県南埼玉郡宮代町字山﨑941-1
オートプランニング 埼玉県北本市高尾6-95-8
サン自動車 埼玉県川越市上野田町32-1
株式会社 タ ケ マ サ 〒367-0021 埼玉県本庄市東台5-3-29
株式会社 日本中央車輌 〒339-0071 埼玉県さいたま市岩槻区相野原83-4
トーコークルマ
買取センター
〒350-1312埼玉県狭山市堀兼2378-5
有限会社
オマールトレーディング
〒346-0016 埼玉県久喜市久喜東6丁目9番地1号-101号室(本社営業所)
有限会社 金沢商会 埼玉県三郷市上彦川戸846
有限会社秋山商会 〒335-0027 埼玉県戸田市氷川町3-9-22
株式会社ダイヤオート 埼玉県白岡市西10-9-9
株式会社 サンユーさいたま 〒336-0963 さいたま市緑区大門4207
株式会社 東部重機 〒140-0002埼玉県さいたま市岩槻区笹久保新田911-1
バントラック.jp 〒343-0103 埼玉県北葛飾郡松伏町金杉944-1
タックス川越 〒350-1155 埼玉県川越市下赤坂50-4
株式会社タウ 〒330-6010 埼玉県さいたま市中央区新都心11-2 LAタワー10F

埼玉県の主要な産業について

まず、埼玉県というのは首都・大東京に隣接した内陸の県で、特に県内の産業を支える恵まれた立地は流通業界や観光資源、其れに各種の産業基盤の原材料の供給基地として充実した交通網が挙げられます。

即ち、東京、首都圏という巨大な消費市場に隣接しつつ、更に、北関東から東北や甲信越へのアクセスが容易になっている地域でもあります。

其れに同県は、関東平野の平地にあって平野部が3分の2程度を占めていて、気候が温暖で而も意外と自然災害なども少ないという恵まれた地域や自然環境の中にあります。

埼玉県の「第一次産業」について

そんな中、埼玉県の産業分野としての「第一次産業」としては、平野部を利用した農産物は潤沢で、米を中心とした小麦や大豆、其れに生鮮野菜の生産も盛んです。

そんな中で埼玉県として面白いのは「漬物産業」が盛んで、「埼玉漬物」と称していて特に食にかかせないのが日本人の好きな漬物であり、季節を表すその品の持つ味や色あい、見た目の美しさなど、古くから首都圏に出荷され日本人にも愛されてきました。

特に梅干は医者いらずといわれ、江戸期より盛んに行われていたり、病人食にも食欲増進のために用いられています。その他にも産地特産としては「深谷ネギ」などは今も昔も有名どころです。

又、埼玉は産地として秩父地域を有していて、この秩父山地から供給される木材資源は昔から盛んです。 特に、江戸期においては大消費地として江戸を控えていて、江戸の街並みや江戸城の建築材料の供給原としても知られていました。

そして、現在でも秩父地域の豊富な森林資源を背景に、製材業の建築資材としての産地、供給基地が形成されています。

埼玉県の「第二次産業」について

第二次産業としては、元より埼玉は川口に見られるように「鋳物の街」としても有名でした。 其のためもあって現在では機械や金属産業が盛んであり、特に、鍍金産業が盛んでもあります。

特に川口市内では電気めっき業を中心とした金属表面処理業者が多く有って、現在まで科学技術の発展と相まって、それにつれて当業界も進歩発展しています。

特に、単一金属メッキとしては合金めっき、複数の金属、セラミック等の複合めっき、其れに無電解めっき、静電塗装、金属表面、近年ではプラスチック上のメッキを施す技術も開発されてあらゆる産業分野に深くかかわっています。

又、埼玉県の二次産業としては輸送用機械や化学工業等も盛んで、出荷額ベースでみても輸送用機械、化学工業製品それに、食料加工品などが多く、特に品目別に見ても貨幣製造関係でも紙幣や貨幣の識別ユニット、カメラ関係、乗用車でも特殊車のスポーツカーなどの出荷金額が全国でトップクラスとなっているのです。

更に、建設用の基幹製品としてセメントが挙げられますが、武甲山の採掘現場から出る石灰石は「秩父セメント」として、首都圏を中心に産業基盤を支えてきました。

埼玉県の「第三次産業」について

さて、埼玉県の第三次産業として、代表的なのがサービス産業、観光資源ということになりますが、其の代表としても秩父地方に成るでしょう。

秩父には江戸期以前より「秩父観音霊場34か所巡り」というものもあり、更に、秩父地方には「秩父夜祭」というのもあって、此方は秩父山車祭りとも言われて京都の祇園祭や飛騨高山の高山祭と並んで「日本三大美祭」とか「日本三大曳山祭」の一つにも挙げられています。

大祭は年末の12月初旬に行われ、秩父神社から御旅所に向けて御神幸行列が出発し、6台の笠鉾や屋台がそれに続き、御旅所の下の急坂では団子坂といわれて最大20トンの笠鉾や屋台が曳き手によって曳き上げられるという、此の祭りの最高潮を迎えます。

又、埼玉県の観光と言ったら「川越」を挙げられるでしょう。 川越は昔の城下町の雰囲気を現在に残している地域であり、今でも「小江戸の街」とも言われていて人々を魅了しています。 川越は首都圏や東京からでも日帰りでも行ける観光地として、多くの人達が訪れてくる地域として知られています。