建設現場や工事現場では必要に応じてイロイロな種類の重機・建設機械が活躍しています。

このページでは、そういった重機や建設機械をご紹介します。

トラック王国で買取可能な重機 油圧ショベル・ユンボ

トラック王国で買取可能な重機「ユンボ」

建設機器・重機といえば一番に思い浮かぶのがこの油圧ショベル(ユンボ)ですね。
ディーゼルエンジンを原動力として、ほとんどがキャタピラータイプのものでデコボコの悪路でも、なんなく走行することができます。

油圧ショベル(ユンボ)は土木建設業界の主役といわれるほど、いろんな建設現場で大活躍する重機で、土を掘ったりするだけでなく、アーム先端のアタッチメントを交換するだけで、掘る・挟む・削る・叩く・砕くなど、あらゆる作業が可能です。さらに排土板が付いているユンボは整地作業も可能です。

最近では、盗難防止のためにGPSを搭載して位置情報を確認できる機能を搭載したものまであります。

ブルドーザー

トラック王国で買取可能な重機「ブルドーザー」ブルドーザーは、油圧ショベル同様に一般的によく見かける重機です。

ブルドーザーは主に、土砂のかきおこし・盛り土・整地などを行う建設機械で車輛前方に排土板を装着していて、前進しながら土砂などを押し出します。

後方にリッパという爪を装着しているブルドーザーもあり、リッパを使って、土砂や岩盤を掻き起こしたりもします。

ホイールローダー

トラック王国で買取可能な重機「ホイールローダー」ホイールローダーは車輪で走行するトラクターショベルで、土砂や砕石をダンプカーに 積み込みます。

油圧ショベルに比べたくさんの土砂や砕石をすくうことができ、一回で たくさんの土砂や砕石をダンプカーに積み込むことができます。

前方バケット部のアタッチメントを交換することで、土砂の運搬や牧場での牧草集め、飼料の運搬・除雪作業など幅広く活躍する重機です。

ラフタークレーン

トラック王国で買取可能な重機「ラフタークレーン」

街中の建設現場などでよく見かけるクレーン車です。

トラッククレーンと違って、走行とクレーン操作の両方を運転席で出来るため、コンパクトな設計となっていて、狭い建設現場でも活躍することができます。

また、全ての車が4WDもしくは6WDで荒れた地形での作業を得意としています。

クレーンで荷物を吊り下げる際には転倒防止のためアウトリガーを出して作業します。

トラッククレーンの場合は荷台にクレーンが付いているため、現場にバックで付ける必要がありますが、ラフターは現場にそのまま全身で入りそのままクレーン作業に入れるのが最大の特徴です。

グレーダー

グレーダーは車両中心の下部に付いているブレードで地面を削り平らに整えることができます。また、豪雪地帯では除雪用として雪を掻き分けるために使用されることもあります。

グレーダーを操作するには「車輛系建設機械運転者(整地・運搬・積み込み・掘削用)」の資格が必要です。

タイヤローラー

トラック王国で買取可能な重機「タイヤローラー」

タイヤローラーは道路などの工事現場で、地面を押し固める際に用いられる重機でロードローラーの一種です。

3~4本の空気入りタイヤを左右一列に配置した車軸を前後に装着している。

車輛の重量を利用して地面を押し固めます。

 

フォークリフト

トラック王国で買取可能な重機「フォークリフト」みなさんもよくご存じのフォークリフトは、ガソリン・軽油・電気・液化石油ガスなど、様々な原動機のものがあります。

大きいフォークリフトのほとんどはディーゼルエンジンです。フォークリフトは市場・工場・建設現場・木工所・ホームセンターなどいろんな場所で荷役作業を行います。

特徴はホイールベースが短くハンドルの高くが大きいため非常に小回りが利きます。そのため狭い場所での荷物の積み下ろしにも適しています。

アスファルトフィニッシャー

トラック王国で買取可能な重機「アスファルトフィニッシャー」こちらのアスファルトフィニッシャーも、道路などの工事現場で時々見かけます。

アスファルトフィニッシャーの役割はダンプが運んできたアスファルト合材を車輛前方にあるホッパーと呼ばれる三角形の部分に入れて、道路にアスファルトを敷き詰めて道路舗装の仕上げを行います。

 

最後までご覧いただいてありがとうございました。

今後も役立つサイト作成を心掛け頑張っていきます。
↓応援クリックをお願いします↓

中古車・買取 ブログランキングへ