買い替えを考えているあなたは、現在乗っているトラックを下取りにだす予定ですか?それとも買取業者などの買い取り専門店で売却する予定ですか?

こちらでは、下取りについてのメリット・デメリットについてまとめてみましたので、よかったら参考にしてみてください。

ちなみに下取りとは車を買うお店であなたの車を査定してもらい、これから買う車の購入代金の一部に充てることをいいます。

下取りのメリット 車輌の入れ替えがスムーズで便利!

まず下取りのメリットですが、車を購入するお店が手続きのほとんどを代行してくれることです。購入する側のあなたは必要な書類を用意するだけでいいので非常に楽です。トラック売却時に必要な書類について

またほとんどの場合で、新しく買う車の納車と売却のタイミングを合わせてもらえるので、自分で代車を用意する必要がないことも大きなメリットだと言えます。仮に車検切れなどで、次の車の納車まで今のっている車を使用することが出来ない場合でも、無償で代車を借りれるケースがほとんどです。このことも下取りの大きなメリットといえます。

そして、下取りに出すことで車屋の営業マンと、コミュニケーションを多くとる機会がうまれるので、購入する車の値段交渉の機会も当然増えます。じっくり価格交渉をしたい人にとっては、このポイントもメリットといえます。

下取りデメリット① 買取価格の低さ

次にデメリットについてですが下取り価格の低さです。

すべての車屋がそうではありませんが、特にディーラーなどで下取りしてもらう場合、ほとんどがディーラー側の言い値で取引されます。ディーラーは買取業者に比べ、販売ルートが少ないため絶対に損をしない価格でしか買いってくれません。車を販売して利益を出し下取りした車でも利益を出すのです。

これは、下取りの大きなデメリットといえます。

「車を少しでも高く売りたい」という人には、下取りはあまりお勧めできません。

下取りのデメリット②下取り価格をオプションなどで誤魔化されやすい

ディーラーなどで新車を購入する際に、これまで乗ってきた車を下取りに出す場合
下取り価格があまりにも低く納得できなくて、下取り価格の交渉をすると、
「オプションを付けますよ」
などと、肝心の買取価格は変更せずに、あたかも得をしたような演出をして
誤魔化されてしまいます。

必要のないものをワザワザつけてまで、買取価格を誤魔化すのはよくあることですので注意してください。

ディーラー下取り メリット・デメリット 比較表

下取り 買取業者
メリット
  • 手続きが簡単で、書類を用意するだけでいい。
  • 代車などの心配がない。
  • 販売ルートを多く持つことから、ディーラーなどに比べて高く売れる。
デメリット
  • 販売ルートが少ないことから、ディーラー側の言い値で取引されてしまう。
  • 下取り価格が低い
  • トラック購入は車屋で、売却は買い取り専門店で行うため面倒くさい

一番おすすめなのは、トラックを乗り換える予定がある場合は、早めに複数の買取業者であなたのトラックを査定してもらい、その中で、一番条件の良かった業者に買い取ってもらうか、最後に、買取業者の条件(査定額など)をこれからトラックを買う車屋に伝え、それ以上の条件を出すように交渉するかが、一番いい方法だと思います。

最後までご覧いただいてありがとうございました。
今後も役立つサイト作成を心掛け頑張っていきます。
↓応援クリックをお願いします↓

中古車・買取 ブログランキングへ