手でバツをする女性の画像トラックの買取査定時に査定員からの、査定額の提示に対して即決をしてしまったり、ワザワザこちらから買取希望額を提示したりすることは絶対にやめましょう。

コチラでは、あなたのトラックを売却する際に失敗しないために、査定時にやってはいけないことについて、まとめてみましたので参考にしてください。

トラック買取査定時に即決はダメ!

よくあることですが、トラックの買取査定時に査定を担当した査定員から

「ちょうど、このタイプのトラックを欲しがっている方がいます。」
「通常でしたら、○○万円ですが、今日決めていただけるのでしたら、プラス10万円査定に上乗せしますよ。」

などと焦らせて、査定員の言い値で即決させようと甘い話を持ちかけてきます。

084

そんな時、即決してしまうのはNGです。

査定員は、通常よりかなり低い価格を基準に、プラス査定話を持ちかけ、お得感を匂わせながら、即決を誘導してきます。

「早く売りたい!もうこの価格でいいや!」

気持ちはわかりますが、もう少し我慢してください。

複数の業者で査定をすることで、業者間競争をさせてください。もちろん、その中にディーラーを入れても構いません。そうすることで、一番高値で売却することができます。

念のため、競合させた中で一番高値を付けてくれた業者の値段を、残りの業者に伝えましょう。

トラック買取査定時に買取希望額の提示はNG

査定時に「○○万円くらいなら、手放してもいいんだ。」などと言わないようにしてください。

実際の、査定基準を知らないにもかかわらず、価格を提示するのは、大きく損をする可能性があります。

まず、査定員がどのくらいを提示してくるか、待って、他の業者との査定額を比較してその業者を、候補に入れるかどうか決めましょう。全く話にならない価格を提示してきたり、態度が悪く、今後の取引がスムーズにいきそうにない場合は、その業者は売却候補から外すべきです。

複数の業者で、競わせることが一番高く売るための、重要なポイントとなってきますので、面倒ですが、複数の業者に査定依頼しましょう。

まとめ

トラック買取査定時、売却側、つまりあなたは1万円でも高く売りたいと思っているでしょう。しかし逆に買い取る業者もしくはディーラー側は1万円でも安く買取したいと考えています。

買い取る側は日ごろから多くの中古トラックを買取していますので、ある程度の買取相場を把握していますが売却側のあなたは買取相場を知らないので売却するトラックの適正な評価は分からないと思います。

この状態でトラック買取の商談を進めるのは明らかに不利であると言えるでしょう。

そのため、一社のみの買取査定で即決してしまったり、自ら買取希望価格を提示してしまうことは損をしてしまう可能性が高くなってしまいます。

トラックは普通車と違って高額な乗り物です。そのため買取するディーラー・トラック買取業者で買取価格に大きく差が出ることだけは知っておいてください。できれば複数社で買取査定を受け、あなたがこれから売却するトラックの買取相場価格をある程度、把握した上で商談を進めていくのがベストな選択であると言えるでしょう。

 

最後までご覧いただいてありがとうございました。
今後も役立つサイト作成を心掛け頑張っていきます。
↓応援クリックをお願いします↓

中古車・買取 ブログランキングへ