タンクローリーの売却でお悩みでしたら当サイトにお任せください!

タンクローリーは危険物・飲料水・高圧ガスなどを運ぶ特殊な形状のトラックで運搬するモノによってタンクの材質が異なります。例えば食品の運搬にはステンレス鋼・油脂の運搬にはアルミニウムの材質が使われています。

タンクローリーは新車で購入すると非常に高額で、製造されている台数が多くなく中古車市場に流れる台数が少ないことから非常に人気が高く売却先をしっかり選ぶ事で高額で売却できる可能性が非常に高いですよ!

最近ではインターネットの急速な普及で、普通車だけでなくトラック・重機・バスなどの商用車もネットを介して無料査定を受けて売却する方が急激に増えています。無料で気軽に利用できて、しかもディーラーの下取りに比べてはるかに高額で売却できることから多くの方がトラック買取の無料査定を利用しています。

タンクローリーを高価買取が期待できる買取店4選

当サイトではタンクローリーの高価買取が期待できる全国展開しているトラック買取店を厳選して4社ご紹介しています。各社無料のオンライン査定が利用できるのでタンクローリーを高く売りたい方は有効利用しましょう。

 買取店ごとに査定額には多少の差が出ます!高く売りたい方は1社だけでなく2~3社で無料のオンライン査定を利用してみるのがおすすめです。そうすることで場合によっては数十万円も高く売れることもありますよ!

トラックファイブ

創業15年のトラックファイブ満足度・買取実績ともに文句なしのトラック・重機の買取専門業者です。自社独自の幅広い再販ルートを保有しているので新しい高年式の車両から古い低年式の車両まで高価買取が期待できます。

買取対応エリア 日本全国すべての地域
支店 日本全国8カ所に直営支店
出張査定・買取 無料
即日現金買取 対応可能
買取対応形状 トラック・重機・バス・フォークリフトなど
買取実績・その他
  • 年間買取台数10000台以上
  • 累計買取金額500億円オーバー
  • 買取成約率95%

トラック王国


トラック王国も非常に満足度の高いトラック・重機の買取専門業者です。またトラック王国は買取と販売の両方を行っているトラック買取業者で買取したトラックや重機の一部を自社で販売しています。さらにトラック王国は海外の100を超える地域に再販ルートを保有しており世界相場を基準にあなたのトラック・重機・バスを査定してくれますので、かなりの高価買取が期待できます。

買取対応エリア 日本全国すべての地域
支店 日本全国に5カ所に自社販売展示場
出張査定・買取 無料
即日現金買取 対応可能
買取対応形状 トラック・重機・バス・フォークリフトなど
買取実績・その他 利用者満足度90.3%

トラック買取.com

トラック買取.comもダンプを高価買取してくれる可能性が非常に高いトラック・重機の買取業者です。公式ページにて「利用者様が安心して利用できるようにしつこい営業は一切いたしません!」と宣言している優良な業者です。

買取対応エリア 日本全国すべての地域
出張査定・買取 無料
即日現金買取 対応可能
買取対応形状 トラック・重機・バス・フォークリフトなど

関東トラック販売

関東トラック販売
関東トラック販売はトラック王国同様に買取と販売の両方を行っているトラック・重機の買取業者です。査定の対応も早く自社で販売も行っているので国内相場に左右されず安定した高価買取が期待できます。

買取対応エリア 日本全国すべての地域
出張査定・買取 無料
即日現金買取 対応可能
買取対応形状 トラック・重機・バス・フォークリフトなど

タンクローリーはどんなトラック?

タンクローリーの画像タンクローリーはおもに液体を運ぶための特殊車両です。トラックでいう荷台が大型のタンクになっており、タンク内にガソリンや灯油などの石油類、水や牛乳などの食品、そのほか化学品など様々な液体を運ぶことができまさす。
一般的にタンクローリーというと大型トラックぐらいの大きさで非常に大きなタンクがタンクのものを想像しがちですが、小型のものでは容量3kLぐらいの軽自動車規格のものからあります。大きいものは30kLのものまであります。大きいタンクのもので危険物等を輸送するものは、消防法等の基準を満たすため、タンク内が4kL以下の小さな部屋に分かれています。
荷物の積み下ろしの方法で分類すると重力を利用したものと圧力を利用したものがあります。
重力式のものは単純で上部の投入口から液体を投入し充填します。排出はタンク下部の排出口から荷物の自重を利用して排出します。主に化学変化を起こさず、厳格な衛生管理の必要ない液体の運搬に使われます。
一方、圧力式のもので一般的なものは、コンプレッサーで圧縮した空気の圧力を使い、充填・排出するもので、液体だけでなく、気体や細かい粒子の粉体の運搬も可能です。
また、同じく圧力を使ったもので、充填時は加圧により充填し、排出時は重力を利用したボトムローディング式のものもあります。石油類のタンクローリーは多くがこのボトムローディング式になります。
牛乳専用タンクローリーの画像日本の国内では、日本車輛製造や新明和工業(東邦車両)、極東開発工業などのが主要メーカーとなります。
石油類等の危険物を輸送するタンクローリーは消防法では移動式タンク貯蔵所に分類され、運搬の際は前後に「危」の標識やステッカーをつける必要があります。
標識・ステッカーについてですが、積荷が毒物の場合や高圧ガスの場合も同様にそれぞれ「毒」「高圧ガス」のものをつける必要があります。
タンクローリーの運転には、車両の大きさに応じた運転免許が必要なほか、その積荷によって追加で資格が必要になります。
石油類等の危険物の場合は「危険物取扱者」の資格を運転者または同乗者が取得している必要があります。毒物の運搬の場合は、毒物劇物取扱責任者のいる事業所から業務上取扱者としての届出が必要になります。高圧ガスの場合は、運転者もしくは同乗者が、高圧ガス移動監視者講習の修了者(冷凍機械以外の高圧ガス製造保安責任者免状所持者は受講不要)である必要があります。また、火薬の輸送に際しては、輸送のたびに荷送り人が警察への届出をして、運搬証明書の交付を受け、運転者はそれを携帯する義務があります。