徳島県のトラック買取・重機買取・バス買取の対応地域

鳴門のうずしお・阿波踊り・祖谷のかずら橋などで有名な徳島県でトラック買取・重機買取・バス買取をご希望される方で、「トラック・重機・バスを少しでも高く売りたい!」とお考えの方は、お近くのディーラーや販売店・地元買取店に相談する前に全国展開している買取専門業者に無料査定をしてみてはいかがでしょうか?

徳島県の方におすすめ!厳選4社 優良トラック買取業者

徳島市・鳴門市・小松島市・阿南市・吉野川市・阿波市・美馬市・三好市・勝浦郡・名東郡・名西郡・那賀郡・海部郡・板野郡・美馬郡・三好郡

徳島県の上記地域でトラック・重機・バスなどを売却する場合、大切なことは買取してもらうお店選びです!売却先で30万円以上も買取価格に差が出てしまうこともありますので注意しましょう。

当サイトでは徳島県内でトラックや重機、バスなどを「どうしても高額で売りたい!」という方のために高価買取で有名な優良買取店を厳選して4社ご紹介します。高く売りたい方は無料査定を利用してみましょう。

徳島県内のトラック買取店

徳島県内のトラック買取店を調べてみたところ以下の買取店が見つかりました。お近くの方は利用してみてもいいでしょう。近くに買取店がない方は売却する車両を持って行くのが大変なので、このページでご紹介しているトラック買取店の無料で利用できるネット査定を利用すると非常に便利です。

株式会社コバヤシ
住所 〒770-0063 徳島県徳島市不動本町1丁目230
電話番号 088-631-3766
 株式会社コバヤシは徳島県徳島市でトラックの販売・買取・車検・整備・架装などを行っています。
 中央特車有限会社
住所 徳島県徳島県板野郡北島町鯛浜字中須15-1 (本社)
電話番号  088-698-6225 (本社)
住所 徳島県徳島市川内町平石夷野99-1(川内店)
電話番号 088-635-5413(川内店)
 中央特車有限会社は徳島県板野郡・徳島市で中古トラック・中古重機の買取・販売を行っています。
株式会社 日本商事グループ(日本トラック・日本カーセンター)
住所 徳島県小松島市芝生町網干123
電話番号  0885-34-0979
 株式会社 日本商事グループ(日本トラック・日本カーセンター)は徳島県小松島市で中古車、中古トラック、建設機械の販売・買取を行っています。
株式会社V.I.Pトレーディング 徳島支店
住所 〒771-0131 徳島県徳島市川内町大松183-9
電話番号 088-666-2288
 株式会社V.I.Pトレーディングの徳島支店は徳島市川内町で中古トラック・中古建設機械・中古車の買取や輸出を行っています。
株式会社 日本商事グループ 
住所 徳島県小松島市芝生町網干123
電話番号 0885-32-0678
 徳島県小松島市に本店営業部のある株式会社 日本商事グループでは、中古トラック・中古車・中古建設機械などの販売・買取・輸出を行っています。

徳島県内のトラック買取について

当サイトで徳島県内のトラック買取店を調べてみた結果、徳島県徳島市2軒・徳島県小松島市2軒・徳島県板野郡北島町1軒、合計5軒のトラック買取店が見つかりました。

見つかったトラック買取店の所在地は徳島県の県庁所在地である徳島市とその周辺の都市に集中していることもあり、徳島県内のすべての方が利用するのは難しいと考えられます。

もし、近くにトラック買取店がなく売却先にお困りの方は、全国展開している優良トラック買取業者のオンライン査定が非常に便利でおすすめです。査定は完全無料なので利用してみても損はしません。

徳島県の産業構造と主要産業について

徳島県の県内総生産額は平成16年時点では2兆7,518億円で、全都道府県中44位、シェアは全国の約0.54%で、1位の東京都の約3%に過ぎず、極めて経済規模が小さい県と言えます。
また産業構造を産業別生産額構成比でみると、製造業が27.3%で、次いでサービス業18.6%、不動産業12.8%と続いています。日本全体ではでの構成比がサービス業21.3%で次いで製造業21.0%、卸売・小売業13.5%となっているのと対比すると、製造業のウエートが高い事が特徴と言えます。
また徳島県の経済圏区分としては徳島市、鳴門市、小松島市等を含む東部地区、阿南市を中心とする南部地区、吉野川市と阿波市で構成される中央地区、美馬市を中心とする美馬地区、三好市を中心とする三好地区に区分されますが、県内総生産では東部地区が65.1%、南部地区が18.7%で両地区が大きなウエートを占めています。

徳島県の製造業

前項に記載した様に、徳島県の経済規模は小さいものの、産業構造としては日本全体と比較して製造業の比率が高く、製造業が主要産業となっています。この製造業について、その内容や特徴について詳しく見たいと思います。
製造業は日本全体では事業場数や従事者数は減少傾向が続いており、徳島県においてもこうした傾向は見られます。ただし、徳島県ではこうした傾向は下げ止まりを見せており、生産額では増加傾向に転じています。
徳島県の製造業を分野別に見ると、出荷額ベースの構成比では、化学工業が29.3%、電気機器工業が10.1%、電子部品が9.9%、製紙業9.5%、食料品8.8%、機械工業7.7%等と続いています。構成比では化学工業と電気機器・電子部品が突出している事が分かります。
また徳島県の製造業を従業員1人当たりの付加価値額で見ると、全国で10位に位置付けされています。これは製造業においても大企業の比較的先進的で付加価値の高い事業場が徳島県に立地している事を伺い知る事が出来ます。多くの人が知っているLED(発光ダイオード)の生産で世界一を誇る日亜化学工業はその代表的な企業と言えるでしょう。
徳島県では、こうした先進的で付加価値の高い製造業の誘致に力を入れており、「徳島から世界へ、未来へ」をキャッチフレーズにオンリーワン企業・ナンバーワン企業の誘致育成を図っています。
こうした動きの具体的な施策の事例として「LEDバレー構想」を上げる事が出来ます。これは、徳島県が世界をリードするLED拠点となる事を目指し、平成17年に策定されたものです。
企業、大学・高専、関係団体、行政、地域が一体となって「LEDバレー」の実現に向けて動き始めており、21世紀の光源であるLEDを利用した光関連企業の工場や研究所等の集積を図り、徳島県の製造業のさらなる高度化を目指すもので、注目すべき施策となっています。
徳島県は経済規模が小さく、特徴ある研究開発型企業を誘致し、その事業が拡大すれば、県全体の経済に大きく寄与する事が期待でき、「LEDバレー構想」は的を得た施策と言えるでしょう。
この様な施策は多くの小さな県が指向する施策ですが、LED企業がすでに立地する徳島県においては、他県に比較して実現可能性が高いと言えるでしょう。