鳥取県のトラック買取・重機買取・バス買取の対応地域

鳥取県内で中古トラック・重機などを売却する場合、ディーラー下取り・地元買取店などイロイロな売却先がありますが、その売却先選びで売却価格が大きく変わることを知っておいてください。

もしあなたが「少しでも高く売りたい!」と考えているのなら、これからご紹介する全国的にも有名なトラック買取店ならきっと満足できる価格で買取りしてくれるはずです。

鳥取県の方におすすめ!厳選4社 優良トラック買取業者!

鳥取県には地元トラック買取店が他の都道府県に比べ少ないようです。そのため鳥取県内でトラック・重機・バスといった商用車を高値で売却するには全国展開している有名な買取店を利用するのがいいでしょう。

 少しでも高く売るなら1社だけでなく複数店で無料のオンライン査定を利用するのがおすすめです。査定額を比較して最高額で売ることができます。

トラックファイブ

創業15年のトラックファイブ満足度・買取実績ともに文句なしのトラック・重機の買取専門業者です。自社独自の幅広い再販ルートを保有しているので新しい高年式の車両から古い低年式の車両まで高価買取が期待できます。

買取対応エリア 日本全国すべての地域
支店 日本全国8カ所に直営支店
出張査定・買取 無料
即日現金買取 対応可能
買取対応形状 トラック・重機・バス・フォークリフトなど
買取実績・その他
  • 年間買取台数10000台以上
  • 累計買取金額500億円オーバー
  • 買取成約率95%

トラック王国


トラック王国も非常に満足度の高いトラック・重機の買取専門業者です。またトラック王国は買取と販売の両方を行っているトラック買取業者で買取したトラックや重機の一部を自社で販売しています。さらにトラック王国は海外の100を超える地域に再販ルートを保有しており世界相場を基準にあなたのトラック・重機・バスを査定してくれますので、かなりの高価買取が期待できます。

買取対応エリア 日本全国すべての地域
支店 日本全国に5カ所に自社販売展示場
出張査定・買取 無料
即日現金買取 対応可能
買取対応形状 トラック・重機・バス・フォークリフトなど
買取実績・その他 利用者満足度90.3%

トラック買取.com

トラック買取.comもダンプを高価買取してくれる可能性が非常に高いトラック・重機の買取業者です。公式ページにて「利用者様が安心して利用できるようにしつこい営業は一切いたしません!」と宣言している優良な業者です。

買取対応エリア 日本全国すべての地域
出張査定・買取 無料
即日現金買取 対応可能
買取対応形状 トラック・重機・バス・フォークリフトなど

関東トラック販売

関東トラック販売
関東トラック販売はトラック王国同様に買取と販売の両方を行っているトラック・重機の買取業者です。査定の対応も早く自社で販売も行っているので国内相場に左右されず安定した高価買取が期待できます。

買取対応エリア 日本全国すべての地域
出張査定・買取 無料
即日現金買取 対応可能
買取対応形状 トラック・重機・バス・フォークリフトなど

鳥取県内の買取対応エリア一覧

このページでご紹介しているトラック買取業者は鳥取県内の以下の地域が買取の対応可能な地域です。お住まいの地域が以下の地域に含まれていない場合でも買取り可能な場合がありますのでお問い合わせください。

鳥取県内の買取帝王エリア
鳥取市・米子市・倉吉市・境港市・岩美郡・八頭郡・東伯郡・西伯郡・日野郡

▶▶▶ランキングに戻る!

鳥取県の産業概要と主要産業について

鳥取県
人口 566,306人 (推計人口、2017年5月1日)
面積  3,507.13km²
人口密度 161人/km²
県庁所在地 〒680-8570 鳥取県鳥取市東町一丁目220番地

鳥取県は山陰地方に位置する県で、面積は3500平方キロメートルで人口は56万人余りで、面積も人口も極めて小さな県と言えます。従って、2008年の名目総生産高も2兆円弱で、極めて経済規模が小さく、47都道府県において、最低水準となっています。
また産業構造を全国平均と対比すると、商業・製造業・宿泊飲食サービス業・建設業のいずれも同程度の構成比となっており、医療・福祉関連が全国平均が従業員構成で11%であるのに対して鳥取県では14%と少し高くなっている程度です。
鳥取県は日本海に面しており、農林水産業においては漁業の集積度が比較的高く、松葉ガニと呼ばれているズワイガニの水揚げの多い県となっています。
農産物では砂丘地ならではのラッキョウが特産物で、また20世紀ナシも全国的に有名です。
農林水産業でのその規模は小さいながらも、産業構造同様にバランスが取れているのが特徴です。
商業関連では、47都道府県で唯一スターバックスのない県と言われていましたが、2015年にはスターバックスが鳥取駅南口に展開し、ニュースで取り上げられるほど話題となりました。
人口が少なく、経済規模が小さいため県内総生産が低い事は致し方ありませんが、残念ながら県民1人当たりの所得も全国平均の83%程度で、低水準となっています。
面積が小さく、人口も少ない鳥取県において、富を増やし経済を活性化するには、やはり企業誘致等で付加価値の高い工場誘致を行う必要があると言えるでしょう。こうした点から、次項で鳥取県の製造業について少し詳しく見たいと思います。

鳥取県として重点を置くべき製造業の概要

鳥取県の製造業としては、食料品・飲料製造業、たばこ・飼料製造業、繊維工業、木材・木製品製造業、パルプ・紙・紙加工品製造業、電子部品・電子機器製造業等が中心となっています。
上記の製造業において飲料は、自然に恵まれた大山の天然水のボトリングが中心で、サントリー天然水奥大山やコカ・コーラの森の水だよりやいろはすが、この地で生産されている点はトピックスと言えるでしょう。
また製造業の中では、パルプ・紙・紙加工品製造業と電子部品・電子機器製造業の労働生産性が高く、全国平均を上回っています。
従って、こうした製造業の工場誘致による工業集積度を高める事が必要ですが、残念ながら電子部品・電子機器製造業における投資はむしろ減少傾向となっています。
こうした事を考えると、電子部品・電子機器の先に位置付けるべき先端的で高度なバイオ関連等の企業誘致を進める事が重要と言えるかも知れません。
小さな県ゆえにハンディもありますが、逆に考えれば、生産高・生産性の高い大企業の1つの事業場誘致に成功すれば1000億円規模で経済を拡大する事は比較的容易とも言え、重点分野を見定め誘致努力を続ける事が求められます。

まとめ

鳥取県は面積も狭く、人口も中核市並しかなく、経済規模が極めて小さい県です。産業バランスは全国平均と同様となっていますが、人口増と県内総生産の拡大を図るには、少々産業バランスが崩れても、生産性が高い製造業を誘致する事が鳥取県にとっては、最も重要と言えるでしょう。

▶▶▶ランキングに戻る!