トラック・重機買取 富山県内で利用できる高価買取のトラック買取業者

ネットでトラックの査定依頼をする男性 富山県 トラック買取の悩み

富山県内でトラック・重機・バスなどの商用車を「少しでも高く売却したい」と考えるのなら、そういった商用車を専門に買取している業者に買取してもらうのが一番です。

トラック買取業者と呼ばれる業者は、国内や海外に多くの販売ルートを持っており、どの市場でどんな形状の車両がどのくらいの価格で流通しているという相場を把握しており、トラックや重機などを限界価格で買い取ることができます。

逆にディーラーなどの場合、下取りした車両を中間業者を通してオークションに出品するか自社販売するしか再販ルートがないので買取相場を完璧には把握できていません。そのため自社が損をしない安全な価格でしか買取できないのです。

売却方法には、ディーラーだけでなく地元買取店・整備工場・個人売買などがありますが、トラック買取業者がダントツでおすすめです。

当サイトでは富山県で利用することのできる優良なトラック買取業者を厳選して5社ご紹介しています。富山県内でトラック・重機・バスなどを高く売りたい方は、まずは無料のネット査定を利用してみるといいでしょう。

なお、当サイトがご紹介しているトラック買取業者は富山県内の以下の地域でネットの無料査定・無料の出張買取がご利用いただけます。

富山県内 利用可能地域一覧
富山市・高岡市・魚津市・氷見市・滑川市・黒部市・砺波市・小矢部市・南砺市・射水市・中新川郡・下新川郡

富山県の主要な産業について

富山の風景は広大な田んぼと合間に点在する屋敷、どこにでもありそうな田舎の風景ですが背の高い防風林でぐるりと家屋を囲んでいるところがこのあたり独特です。

米どころというと新潟の方をイメージすると思いますが、富山県でも定番の「こしひかり」から「てんたかく」まで美味しい米が作られています。

また、「きときと」という新鮮という意味の方言が県外でもよく知られる理由は、ホタルイカ他新鮮な海鮮が水揚げされるおかげです。

食通にはうれしい街ですが、「富山の薬売り」という言葉通り、薬剤製造の拠点でもあります。 食べ過ぎても大丈夫というオチではありませんが、昔の名残という以上に現在でも大きな医薬品製造工場が多く存在します。

富山県内の主要な産業について

さて、富山県の主要産業というと思い浮かぶのは、食であり、薬でありというのが多いパターンだと思いますが、実際のところ主力となっているものとは、地味ではありますが私は金属工業だと思っています。

特に軽金属、アルミなどの種類です。 三協立山や不二越は聞いたことあるのではないでしょうか。 いずれも完成品を売るのではなく部品が主流なので、失礼な言い方になりますがちょっと影が薄い、しかし、アルミ建材やベアリング、ボルトなどその規模は日本中の注文を賄っているかのように集中しています。

また、富山県のアイシン軽金属は、特に愛知県に集中するトヨタ自動車の組み立て工場と部品メーカーを相手に、自動車部品となるダイキャスト製品をこの富山でかなりの割合で製作し、各地のアイシン精機やトヨタ自動車に供給されています。

おいしいお米やホタルイカ、食道楽の個性を持ったまま、実は意外なほど昔から「ものづくりの街」としての土台も築いていたのです。

さて、軽金属は建材や自動車部品として必要不可欠なのものですが、これからは一層、ロボット産業でも必要とされてきます。

最近、マスコミでも人間の労働を補助するロボットというものが紹介されていました。。それはロボットといっても人の体に装着する補助具のようなものでしたが、ああいったものを見ると、富山の金属産業はまだまだ多方面に伸びしろがあると感じます。

もちろん、素人の私がそんなことを考えているよりはるか以前に研究着手し、今現在もその成果が実になっている最中なのでしょうが。

そういえば、最初に薬の街でもあると書きましたが、医療の現場も医薬品と同時にナノテクを駆使した医療機器の開発がすごい勢いで進んでいますね。

ここ富山なら超小型の医療機器の開発も地の利があるように思います。