複数のトラックの画像

今回の記事においては、あの乗り物の1つにあたるトラック全般に関しての内容が記述されています。

軽トラック・乗用車タイプ・小型・中型・大型、それぞれからなる基本的な型式や、それらの型式ごとにある、車両の特殊形態なども存在している実態がありますので、それらに関しての全般的な概要内容について、触れていくようにします。

なるだけ、今回の記事においては、関係明瞭な概要内容を意識をした記述を意識していくようにしますので、これからトラックの運転免許を取得したい方、日頃からトラックの運転をされたりしている方、トラックにご興味がある方などはぜひ、お読みください。

トラックの基本型式と必要な免許証について

現在のところ、軽トラック・乗用車タイプ・小型・中型・大型からなる、合計で5つの基本型式であるものが存在しているような状態です。

通常の第一種普通自動車運転免許さえあれば、乗用車タイプまでのものが運転可能になっていますが、小型以上である型式の場合には、更にその上で、それ相応である法的に認められた運転免許類を取得していく必要性が出て来ます。

小型トラックの場合は中型運転免許、中型トラック以上の場合には大型特殊運転免許、という具合に、実際に運転をしていく目的物である車両本体の大きさ毎により、対象となる運転免許の種類が決まってくるようになっていますので、その点に注意をしておく事がとても重要です。

そうした基本的な車体毎のタイプに加えて、システム様式毎により更に、クレーンや連結などの特殊なシステム仕様である車両の場合には、それらの各種専門免許の取得をしたりしていく必要性もありますので、その点も認識をしておく事も必要な場合もあります。

まずは第一種普通自動車運転免許を取得しなければ話にならない

免許証の画像これは既に、前半でも話した事になりますが、乗用車タイプのものまでなら、第一種普通自動車運転免許を取得していさえすれば、容易に運転が可能です。

そして、問題はそれからになります。

小型トラックを運転する場合には、同種類の免許に加えて、中型もしくは大型の運転免許の取得をしていく必要性が法的にあります。つまり、小型以上の大きさからなる型式のトラックを運転していく場合には、第一種普通自動車運転免許と同時に、中型・大型の何れかを取得をしている状態である必要がある事になります。

第一種普免と、中型あるいは大型の免許のどちらかからなる、2つを手元に有して、小型以上の車両を運転していかなくてはならない事になりますので、この点は要注意と言えます。

やはりこれにはきちんとした理由があって、大型乗用車以下の車両に比べて車体や重量が大変大きく、一度事故が起きたりすると、その被害がとても甚大な事も少なくは無いので、こうした2つの運転免許の同時携帯・取得が法的にも原則とされていて、厳しく設定がされています。

以上のような事情から、まずは、トラック用の運転免許を取得する前に、第一種普通自動車運転免許の取得をする必要性がありますので、その点をよく理解をしておく事が、とても大事です。

お金を十分に貯めて、自分から取得をしたほうが近道

これ自体は多くの中型・大型運転免許取得者であるドライバーの方がやって来られた形や方法になりますが、働いたりしてお金を自分で貯めたうえで、職場を辞めたりあるいは事業主である方の場合には一旦事業中断などをしたりして、取得をされたりする方が少なく無い傾向があります。

職場での取得の場合、そのための枠が中々空いたりしない事態も少なく無く、途中で断念をしたりする方も少なくはありません。そうした事情から、一旦現時点での職場を辞める、あるいは休職・休業などをして、自分で貯めたお金で、取得をしていくといった形がやはり、ベストな面があります。

以上が、今回の「基本的なトラック5つの基本型式と必要な免許について」の記事の内容になります。