運送業や建設業など、トラックや重機を多数所有している業種の方が「外国人が突然現れてトラックや重機を売ってくれないか?」とかたことの日本語で言ってきたが「どうすればいいの?」「売っても大丈夫?」という話をよく聞きます。

こちらのページでは、外国人がどうしてトラックや重機を買いに来るのか?またそんな外国人にトラックを売っても大丈夫なのか?についてお話しします。

外国人がトラックや重機を買いに来る理由

会話をする外国人男性の画像そもそも、なせ外国人が日本製の中古トラックや中古重機を買いに来るのか?ということについてですが、それは海外の特に発展途上国で日本製の中古トラックや中古重機の人気が高いということが答えです。

日本には複数のトラック製造メーカーがありますが、海外の国では、自国にトラック製造メーカーが無い国があり、そういった国では国内でトラックを購入することができません。

性能がいい壊れにくいトラックを購入するには、輸入するしかないのです。

日本製の中古トラックや中古重機は、壊れにくく耐久性があることから、海外の特に発展途上の国々で人気が高く日本国内で売れないボロボロのトラックや重機でも、高額で売れるそうです。

そういった海外の国々では、日本のような厳しい車検制度の無い国がほとんどで壊れたら治して長い間、使用し続けるようです。

そういった理由から、外国人は日本で中古トラックや中古重機を購入し需要の高い国々に輸出して利益を得ているのです。

外国人にトラックや重機を売っても大丈夫なのか?

海外で日本製の中古トラックや中古重機の需要が高く、高額で売れるとしても、気になるのは、「いきなり来た外国人に売っても大丈夫なのか?」ということですよね。

結論から申し上げると、気を付けた方がいいでしょう。

ちゃんと許可をとって事業として買取・輸出を行っている外国人の場合はトラックや重機を売っても大丈夫だと思われますが、ごく稀に不法滞在の外国人や暴力団関係者もいるようです。

また、抹消登録されていないトラックの場合は書類手続上の問題もありますので、あとあとトラブルになりやすいので国内の優良な買取業者に売るのがいいでしょう。

⇒優良トラック買取業者はコチラ

走行距離100万kmが古い!?日本人の感覚がおかしい

海外の国に輸出された日本製の中古トラックは200万km~500万kmは、当たり前に走っているそうです。

私達、日本人は普通車なら10年10万km、大型トラックなら100万kmも走ればそろそろ買い替え時期であると多くの人が思っています。

そもそも、この感覚がおかしいのです。

日本製の自動車は世界的にもトップクラスの性能と耐久性があり、まめにメンテナンスを行っている車輌の場合、そう簡単に壊れません。もちろん、トラックや重機も同じでそう簡単には壊れないように丈夫に造られています。日本国内における低年式・過走行の基準が世界的に見たら少しずれているようです。

日本製の中古トラックや中古重機を買いに来る外国人もその事をよく知っています。業者から中古トラックや中古重機を購入すると高くつくので少しでも安く仕入れようと、我先にとアポなしで個人業者に突然現れて「トラックを売ってくれませんか?」と無理を言ってくるのです。

外国人にとって、「トラックや重機などの商用車はその車輌が目的としている用途を果たすことが出来れば古くてもボロボロでも構わない❗使えなくなるまで使う❗」という考えなのです。

そう考えると日本人は少しもったいないことをしているのかもしれませんね。