トラック売却前に洗車をすると査定時に好印象

普段使用している普通乗用車を買い替える時に洗車をしておくと下取り価格が高くなるということは多くの方が知っていることですが、大型トラックにも同じことが言えます。

小さなことですが、愛用してきたトラックを査定に出す前に、外装・内装の洗車をすると好印象です!査定員も人間ですので、第一印象は大切です。

面倒くさがらずにトラックを綺麗にしておくことでプラス査定が期待できます。

査定前にトラックの外装を綺麗にして印象アップ!

外装については、キャビンはもちろん、きれいにしておきましょう。濃紺色のボディーカラーの場合は、ワックスを掛けておけばツヤが出て、更に好印象です。ホワイトなどの薄い色のボディーカラーの場合は、水垢を落としておくのはもちろん、小キズ消しを使って小キズを消しておくと好印象です。

特にドアノブの付近にはエンジンキーで小キズが無数についていると思いますので、コンパウンドなどを使ってキズを落としておくといいでしょう。

バンボディーのトラックの場合、箱部分を綺麗にするだけでかなりの好印象です。大きなガソリンスタンドには、大型車用の洗車機が設置されている所もありますので有効利用しましょう。値段的には一回1000円~2000円程度ですので、利用するのもいいかと思います。

室内清掃も非常に重要!ニオイ対策も忘れずに!

忘れずに、室内清掃もしておきましょう!ダッシュボード回り・内窓・マット類を出来る限り綺麗にしておきましょう!外装同様に好印象です 。

トラック査定前に車内もキレイにしておく意外と見落としがちなのが、ニオイです。

特に車内でタバコを吸われる方は、知らない間にニオイが社内に染みついています。自分は気にならないかもしれませんが、他人にはすごく気になるポイントだといえます。

よく車の車検や修理などで代車を借りたときにニオイが気になったことありませんか?

車内に気になるニオイがある場合は、市販の消臭剤などを使って消臭しておくのもよいです。

トラックの下回りも重要!

トラック査定前に下回り洗浄

車の保管場所等によっても、かなり差はありますが意外と忘れがちなのが下回りです。これは、普通車にも同じことが言えますが、車の査定時に重要視されるのが、フレームの歪みとサビです。

そのため、査定時には下回りを重要チェックポイントとして、チェックされます。

その際に、下回りが泥や土で汚れていると、非常に印象が悪く、万が一サビと勘違いされてしまうと、査定額が大幅にダウンしてしまいます。もし、可能であれば高圧洗浄機で下回りについた、泥や土などの汚れを一通り落としておくことをお勧めします。

大きいトラックの場合は洗車場などの高圧洗浄機を、利用できませんので市販のものを利用する方法もあります。トラックを多数所有している方は、家庭用高圧洗浄機を1台持つことをお勧めします。
良かったらお勧めです→ アイリスオオヤマの高圧洗浄機

 

最後までご覧いただいてありがとうございました。
今後も役立つサイト作成を心掛け頑張っていきます。
↓応援クリックをお願いします↓

中古車・買取 ブログランキングへ