山口県のトラック買取・重機買取・バス買取の対応地域

山口県トラック買取重機買取バス買取をご希望される方で、「トラック・重機・バスを少しでも高く売りたい!」とお考えの方は、お近くのディーラーや販売店・地元買取店に相談する前に全国展開している有名な買取専門業者を利用してみてはいかがでしょうか?

最近では多くの方がトラック・重機・バスの無料査定を利用しており、簡単に利用できる点や高額で売却できることが人気の理由のようです。30万円以上高く売れることもありますよ!

山口県の方におすすめ!厳選4社 優良トラック買取業者

トラック・重機・バスなどの買取価格は、売却する車両の状態(走行距離・稼働時間・年式・事故歴)などで決まりますが、そのほかにも重要なことがあります。それは売却先選びです。トラックなどの商用車は買取してもらう買取店で買取価格が大きく変わります。そのため、高く買取できる買取店を選ぶ事が重要です。

当サイトでは、山口県内で利用できトラック・重機・バスなどの高価買取で有名な買取店を厳選して4社ご紹介しています。「高く売りたい!」と考えている方は迷わず利用してみましょう。

トラックファイブ

創業15年のトラックファイブ満足度・買取実績ともに文句なしのトラック・重機の買取専門業者です。自社独自の幅広い再販ルートを保有しているので新しい高年式の車両から古い低年式の車両まで高価買取が期待できます。

買取対応エリア 日本全国すべての地域
支店 日本全国8カ所に直営支店
出張査定・買取 無料
即日現金買取 対応可能
買取対応形状 トラック・重機・バス・フォークリフトなど
買取実績・その他
  • 年間買取台数10000台以上
  • 累計買取金額500億円オーバー
  • 買取成約率95%

トラック王国


トラック王国も非常に満足度の高いトラック・重機の買取専門業者です。またトラック王国は買取と販売の両方を行っているトラック買取業者で買取したトラックや重機の一部を自社で販売しています。さらにトラック王国は海外の100を超える地域に再販ルートを保有しており世界相場を基準にあなたのトラック・重機・バスを査定してくれますので、かなりの高価買取が期待できます。

買取対応エリア 日本全国すべての地域
支店 日本全国に5カ所に自社販売展示場
出張査定・買取 無料
即日現金買取 対応可能
買取対応形状 トラック・重機・バス・フォークリフトなど
買取実績・その他 利用者満足度90.3%

トラック買取.com

トラック買取.comもダンプを高価買取してくれる可能性が非常に高いトラック・重機の買取業者です。公式ページにて「利用者様が安心して利用できるようにしつこい営業は一切いたしません!」と宣言している優良な業者です。

買取対応エリア 日本全国すべての地域
出張査定・買取 無料
即日現金買取 対応可能
買取対応形状 トラック・重機・バス・フォークリフトなど

関東トラック販売

関東トラック販売
関東トラック販売はトラック王国同様に買取と販売の両方を行っているトラック・重機の買取業者です。査定の対応も早く自社で販売も行っているので国内相場に左右されず安定した高価買取が期待できます。

買取対応エリア 日本全国すべての地域
出張査定・買取 無料
即日現金買取 対応可能
買取対応形状 トラック・重機・バス・フォークリフトなど

山口県内の買取可能な地域

このページでご紹介している買取店の4社は、山口県内の以下の地域が買取の対応可能な地域です。お住まいの地域が以下の地域に含まれていない場合でも買取り可能な場合がありますのでお問い合わせください。

山口県内の買取可能な地域
下関市・宇部市・山口市・萩市・防府市・下松市・岩国市・光市・長門市・柳井市・美祢市・周南市・山陽小野田市・大島郡・玖珂郡・熊毛郡・阿武郡 ※その他山口県内のすべての地域

山口県内のトラック買取店一覧

山口県内にあるトラック買取店を調べてみました。(インターネット検索)

株式会社ザム 山口県 下関市勝谷新町1-12-21
株式会社ランクルーズ
(山口営業所)
〒747-0067 山口県防府市大字佐野1489-1
株式会社シーパーツ 山口県岩国市周東町下久原1811番地の1
株式会社 TRUCK-ONE 山口県下松市生野屋南三丁目3番40号
新栄自動車株式会社 山口県周南市大字栗屋795番地の2

山口県においての、現在の主要な産業について

山口県
人口 1,385,934人 (推計人口、2017年5月1日)
面積   6,112.34km²
人口密度 227人/km²
県庁所在地 〒753-8501 山口県山口市滝町1番1号

現在のところ、山口県内にある産業割合の概要としては、農林水産業が約5%、建設業が約8.2%、製造業が約15.2%、卸し及び小売業が約14.6%、医療・福祉分野が約11.4%、不動産業が約10.5%、それら以外が約35.1%、という産業割合になっていますが、それらの中でも特に、やはり製造業の比率が高めな感じがします。
ここの地域ではやはり、ちょうど九州地方と中国地方との間の場所であり、人や物の行き来が盛んな事なども古代からあって、物流の面では大変利便性のある土地柄です。そうした事情から、下関市や周南市などをはじめとする工業港なども多い事もあって、港傍には工業団地などが多く、そこにある製造業事業者が運営をしている工場群などで生産をした製品を、船などで多く輸送出来るような態勢の場所なども少なくはありません。

もちろん、輸送業などの産業分野に属する事業者なども存在したりしていますが、しかし、最近の輸送手段などは最低の人員で大型かつ高性能な輸送媒体の乗り物などが存在していますので、山口県内では多くはない傾向があります。

山口県で特に盛んな産業について

やはり、1.の段落でも話した製造業が、今のところ断トツと言えるところが確かにあります。今回の記事では日本銀行と山口県による調査記録を基に、内容構成がされていますが、ほぼ、それら以外の資料にある内容も近いような状態ですので、それだけ信用出来るところは確かにあります。
ただ、このデータ自体は2011年度のものになりますので、順位自体に変化が出てきているところがある可能性は、十分にあり得ます。

というのも、最近の2017年・2018年の各年度では、経済産業省などによる調査によると、なんと、医療・福祉分野が2番目に多い卸し及び小売業などを抜いて、製造業に追いつきつつある傾向もある事がテレビ番組などでも報道をされたりしていますので、もしかすると今回の記事を読まれているみなさんが読んでいる間に、その順位の入れ替わりがなされたりしている可能性が十分に考えられます。

そして事実として、決して製造業そのものが常に首位にあるものとは、ここの山口県内では言えない傾向があります。
2000年以来からの推移で見てみると、確かに医療・福祉分野自体が2002年あたりから山口県内では著しく増えてきている様子が窺えますので、やはり、これらの分野が首位になっていく可能性は大いに考えられます。

まだ確実性の有無に関しては不明なところがありますが、それでも幾らかの信憑性が窺えるようなところは推移の状況から確かに見えるところがありますので、技術革新が多い医療・福祉分野では、十分に考えられる事でもあります。

まとめ

以上が、「山口県においての、現在の主要な産業について」の記事内容の記述になりますが、製造業分野関連が現在は1位という現状である事が窺えます。
しかし、先程の2.の段落後段部分でも話したように、2002年あたりから医療・福祉分野の事業者などが増えてきている実態なども見られたりする事からも、やはり、その順位自体が近いうちに変わる可能性は否定できないところが確かにあります。

▶▶▶ランキングに戻る!